最強不敗の神剣使い1 王立学院入学編

第一章 忌み子の追放 その1


    †


「リヒト兄上様は無能ではありません!!」


 りんとした声が城内に響き渡る。

 俺のことを擁護してくれているれんな少女の名前はエレン・フォン・エスターク。

 エスタークはくしゃく家のご令嬢だ。

 俺の妹でもあるのだが、いわゆる腹違いというやつで身分が違う。

 俺の母親は粉ひき小屋の娘で、父親であるエスターク伯爵が遠乗りに出掛けたときに見初め、連れて帰った女性だった。伯爵にはすでに妻子がいたので、母はいわゆるめかけというやつだ。

 妾というやつは古今東西、肩身が狭く、いじめられるものだが、母親もその例外ではなく、正妻や侍女たちに虐められたという。

 そんな母親もすでにこの世の人ではないが、虐めは今も継続して行われていた。

 妾の子である俺は目の敵にされていたのだ。

 まず俺は「フォン」を名乗ることが許されていない。フォンというのはこの国の貴族が姓名の間に入れる称号で、これがあると貴族という証拠になる。

 ゆえに俺は、リヒト・フォン・エスタークではなく、リヒト・エスタークと名乗っているわけだ。

 伯爵の正妻などは「エスタークの名を名乗るだけでもけがらわしい」とそれさえ反対しているらしいが、親族たちが家名だけは名乗らせてやらねば体裁が悪いと説得してくれたので、エスタークを名乗ることを許してもらっていた。

 さて、話がずれたが、エスターク家において俺がどのような立ち位置なのか、分かりやすい説明だったと思う。

 つまり俺はエスターク家にとって「忌み子」というわけだ。

 その立場ヒエラルキーは限りなく低く、家来も同然の扱いで、本来、正妻の娘であるエレンにかばって貰うことなど有り得ないのだが、彼女はことあるごとに俺を庇ってくれた。

 今日も「リヒト兄上様は無能ではありません!!」とエスターク家の正妻、つまり自分の母親と口論していた。

 彼女の母親、ミネルバは嫌みたらしい声で言う。

「エレンは優しいのね。そんな犬よりも使えない〝無能〟を庇うなんて」

「何度も言いますが、リヒト兄上様は無能ではありません」

「いいえ、無能よ。その証拠にそいつは〝魔法が使えない〟じゃない」

「……それは」

 言いよどむエレン。

 ──そう、俺は〝魔法が使えない〟のだ。

「我がエスターク家は代々、筆頭宮廷魔術師を輩出してきた家柄。魔法によってこの国に仕えてきたのよ。それなのに魔法が使えないなんて、本当にエスターク家の子供なのかしら」

「リヒト兄上様はエスターク家の血筋です! お父様の息子です!」

 エレンが抗弁してくれるが、俺の出自が疑わしいことは、俺が母親の腹の中にいた頃から言われていたことだった。

 財産ほしさに種を偽って不義の子を生んだ、母親はそう罵倒されていたという。

 しかし、俺が生まれ、その肩にエスターク家の紋様が浮かび上がることによってその疑惑はふっしょくされた。エスターク家の子には必ずこの紋様があるのだ。

 ──それでもミネルバなどはいまだに疑いの目を向けてくるが。

 構っていたら身が持たないので無視しているが、彼女は俺が魔法を使えないことを蒸し返して俺をなじる材料にしたいようだ。

「落とし子とはいえ、名門エスターク家の息子が魔法を使えないのでは話になりません」

「リヒト兄上様は、魔法は使えませんが、その代わり剣術にひいでています」

「あら、それはいいわ。ならば家を追放しても食べていけるわね。ようへいでもやりなさいな」

「追放とはなんですか!?」

「その言葉の通りよ。この落とし子も一五歳、つまり成人になったのだから我が家で養う理由はないわ」

「しかし、他の兄上様たちはまだ家にいます」

「当たり前でしょう。私の息子であり、あなたの兄なのだから」

「リヒト兄上様も兄です」

「エレン、あなたは子供の頃からこの落とし子の肩を持っていたけど、それも今日までよ。これは決まったこと。もし、明日あしたまでに〝魔法の才〟を見せれば話は別だけど」

「どういうことですか?」

「あら、あなたに言っていなかったかしら」

「聞いておりません」

「家を追放する前に、一応、魔力が本当にないかテストをするの。最後の慈悲だわ」

「……そんなひどい」

「酷いものですか。舞踏会シーズンのこの季節にわざわざテストをしてあげるんだもの。ちなみにテストは明日よ」

「……それに合格すれば追放は撤回して頂けるのですね?」

「そうよ」

「分かりました」

 妹のエレンはそう言うと、スカートの裾を持ち、頭を下げた。

 この場を辞する許可を求めたのである。

 彼女は母親の許可が下りる前に、肩を怒らせながら、大股で部屋を出ていった。

「リヒト兄上様! 行きましょう!」

 そう大声を張り上げると、俺の手を引っ張り、武器庫へと向かった。



 妹のエレンに武器庫に連れて行かれると、彼女は開口一番に、

「お母様なんてだいっきらい!」

 と言い切った。

「自分の母親を悪く言うものじゃない」

 一般論で諭すが、彼女の心には響かないようで。

「リヒト兄上様、なにを言っているのです。お母様はリヒト兄上様を追放しようとしているのですよ?」

「追放とは人聞きが悪い。ただの独り立ちだよ。いつかは家を出ないといけないんだ」

 まあ、俺としては早く家を出て独り立ちをしたほうが精神的に楽だった。

「なにを言っているのです。リヒト兄上様はこのエスターク家を継ぐ存在なのですよ」

「そんな話、初めて聞いた」

「私は何度も言ってきました」

「そのたびに聞き流してきたよ」

「もう……」

 エレンは吐息を漏らすと、武器庫の壁に掛けられたひときわ立派な剣に近寄る。

 武器庫にはいくつかの武器が転がっていたが、その剣は異彩を放っていた。

 常人が見てもなにかある。特別な力が宿っていると分かるほどのオーラを放っているのだ。

 この剣は神剣「ティルフィング」と呼ばれるものだった。

 神話の時代より伝わる魔法の剣で、「びも刃こぼれもせず」「石や鉄を布のように斬り裂き」「狙った獲物は逃さない」などの力を持っている。

 一言でいうととてもすごい魔法の剣なのだが、この剣は選ばれしものしか使うことはできなかった。

 エレンは剣に近づくと、さやに手を触れ、剣を持ち上げる。細身の彼女であるが、剣を持つ様が堂に入っているのは、幼き頃から剣の鍛錬を受けてきたからだろう。エスターク家は魔術師の家柄であるが、剣術にも力を入れ、魔法剣士を輩出することを誇りに思っているのだ。

 神剣ティルフィングを持ったエレンは、鞘から剣を抜こうとするが、「バチッ!」と電気のようなものが走る。その衝撃でエレンは神剣を床に落としてしまう。

「やれやれ」

 と吐息を漏らす俺、神剣を拾おうと手を伸ばす。

 その動作は途中で止まる──、エレンがこんな提案をしてきたからだ。

「お待ちください。元に戻す前に、リヒト兄上様も剣を抜いてみてください」

「それは断る」

「なぜですか?」

「バチッとするのは嫌だ」

「ですがリヒト兄上様ならば抜けるかもしれません」

「それは無理だ。この剣は選ばれしものしか抜けない。エスタークの血を引くもの、それでいて尋常ならざる魔力を持つものしか抜けないんだ」

「リヒト兄上様こそ、選ばれしもののはず」

「俺が? まさか」

 乾いた笑いを漏らす。

「おまえも知っているだろう。俺は落とし子、しかも〝無能〟だ」

うそです。リヒト兄上様は昔、自由自在に魔法を使っていたではないですか。折り紙の鶴に命を吹き込んで飛ばしたり、をした私を治療してくださいました」

「……それはエレンの〝記憶違い〟だ。きっと夢でも見ていたんだろう。俺は魔力のない無能だよ」

「噓です!」

「噓じゃない。というか、いい加減にしてくれないか」

「え……、いい加減ってどういうことですか」

「今日のこと全部だよ。エレンは善意のつもりなのだろうが、正直迷惑だ。ミネルバ様が俺を無能とそしるたびに庇われてもむなしいだけだ。俺は無能なのだから。追放の件も同じだ。俺はこの家にとどまりたくないんだ。つまり渡りに船なんだよ、今回のことは」

「……で、でも、追放されたらもう会うことはできません」

「永遠の別れじゃないさ。それにいつかはエレンも嫁に行く。別れが少し早まっただけさ」

 嫁に行く、その言葉を聞いた瞬間、エレンの目に涙がまる。顔をゆがめる。

 そのまま泣き崩れそうになるが、彼女は名門エスターク家の娘、兄の前でも泣き崩れるなど、プライドが許さなかったのだろう。そのまま両手で顔を隠すと、武器庫から走り去っていった。

「リヒト兄上様の意地悪……」

 最後に小さな声でそう漏らしたのが印象的だった。

(……ごめんな、エレン。でも、これはおまえのためでもあるんだ)

 年頃だというのに兄離れできない妹の後ろ姿を見送ると、俺は床に落ちた神剣を拾う。

 この剣はエスターク家のものでなければ触れることさえできない魔力が込められている。これに触れることができるだけでもエスターク家の血脈である証拠なのだろうけど、そのことに誇りはおろか、なんの感慨も湧かない。

 俺は軽く吐息を漏らすと、床に落ちた剣を元の場所に戻す。

 ──途中、その動作が止まる。

 エスターク家の血脈になんの興味もない俺だったが、神剣自体には興味があったからだ。

 幼き頃、〝神剣を抜いた〟ときに見た光景がよみがえる。あのはくじんの美しさは名状しがたい。

 この世界のどんな宝石よりも美しかった。

〝魔が差してしまった〟俺は神剣の鞘を左手に、つかを右手に持つと、そのまま剣を抜いた。

 するり、なんの抵抗もなく抜かれる神剣。

 この神剣は〝尋常ならざる魔力〟を持つものしか抜けないもの。エスタークの血筋で抜けるものは誰もいなかった。

 エスターク家のりんと呼ばれた父親も、優秀だとされているふたりの兄も抜くことはできないのだ。

 俺はそんな剣をいとも簡単に抜く。

 神剣の白刃はそんな俺の顔を映し出す。

 その表情は無表情で無味乾燥だった。

「──まあ、わいげはないよな。一族中から疎外されるわけだ」

 そんな感想を漏らすと、剣を鞘に納め、元の位置に置いた。


 リヒトが自室に戻ると剣が輝き出す。

 数百年にわたる眠りから目覚めようとする神剣。

〝彼女〟はまどろみの中で予言めいたことを口にする。

み嫌われし、落とし子の少年。

 神剣の継承者にして、千の聖剣と魔剣を使いこなす勇者。

 やがて彼はこの世界に調和をもたらす──』

 寝言のように神剣はつぶやくと、再び眠りに就く。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 最強不敗の神剣使い 1

    最強不敗の神剣使い 1

    羽田遼亮/えいひ

  • 最強不敗の神剣使い 2

    最強不敗の神剣使い 2

    羽田遼亮/えいひ

  • 神々に育てられしもの、最強となる

    神々に育てられしもの、最強となる

    羽田遼亮/fame

Close