神々に育てられしもの、最強となる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

神々に育てられしもの、最強となる

その少年、神々の子につき――すべてが規格外!
著者: 羽田遼亮 (著者) / fame (イラスト)
シリーズ:神々に育てられしもの、最強となる(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神々の住む山に捨てられた少年・ウィル。剣の神、治癒の神、魔術の神による英才教育を受けたウィルは、神々をも驚愕させる『最強』の力を手に入れ――。神々に育てられた少年の世界を変える旅が始まる!

パートナーのおすすめレビュー

  • レオン
    レオン
    神々に育てられて最強になった少年が、その力を人助けに使って世の中を変えていく世直し旅が痛快なお話だよ。

    赤ん坊の頃に捨てられ、万能の神レウスに拾われた少年ウィル。神々が住む山テーブル・マウンテンで、剣術の神、治癒の女神、魔術の神による英才教育を受けて、すくすくと成長していくウィルだけど、神々も驚くほどの才能の持ち主だったんだ! そして15歳の誕生日を迎えたウィルは、大地母神の巫女であるルナマリアの導きで救世主として旅に出るんだ。

    生まれて初めて目にする人々の暮らしや出会いを通じて、テーブル・マウンテンしか知らなかったウィルの世界が広がっていく体験は読んでいてワクワクするね。旅を続けながら圧倒的な強さで悪人やモンスターを退治して回る活躍は勇者を凌ぐほど。けれどこの世界では、どんなに強くても生まれつきの勇者の印がないと勇者とは認められないんだ。でも、勇者の印なんかなくたって困っている人を見捨てずに悪と立ち向かうウィルは、誰よりも勇者らしいと思うよ!
  • つむぎ
    つむぎ
    Web小説を中心に複数のレーベルで書籍を刊行している羽田遼亮さんの新作シリーズ! 最強の少年が世界を救う旅に出るヒーローファンタジーです。

    神々に育てられた主人公のウィルは、剣も魔法も最強ですが、ただ強いだけじゃなく、無用な争いを避ける賢さや他人を思いやる心を持った、とっても優しい男の子です。巫女ルナマリアとの旅の中で、ゴブリンの群れに囲まれた冒険者を助けたり、悪漢に追われる少女を救ったり、街を襲う怪物に立ち向かったりと、誰に頼まれずとも見返りを求めずに困っている人に手を差し伸べて解決していく善行の数々が素晴らしいです!

    主人公のウィルは、勇者とは与えられた称号や強さではなく、人としてのあり方であることを身を持って証明しているんですよ。その姿は本物の勇者にも感銘を与え、考えを改めさせるきっかけになるほど。人々を守り、勇者に勇気を与えるウィルは、まさしく真の勇者といえますね!

    いろいろと規格外なウィルですが、美少女のルナマリアに異性を意識してオドオドしてしまうところは、やっぱり年相応の少年って感じで微笑ましくなっちゃいます。

みんなのデータ

  • 8
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • たけ

    ★★☆☆☆ 神に拾われ、テーブル・マウンテンという神々が住まう山で4人の神に育てられた少年は、信託を授かってやってきた盲目の巫女の誘いを受けて山を下り、ともに世界を旅することを決意する。そうしてやってきた下界で、神々に鍛えられたことで得た力を使って無双するお話。神々が赤ちゃんの教育方針でガチ喧嘩してるのウケる笑。正直、下界での無双よりも、神々の親バカぶりを見ている方が面白い。せっかく神に鍛えられたのに、身体能力と身体強化の魔法で剣を振ってるだけで神要素がほとんどないのがホント残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    神々の住む山に捨てられ神々を親として育った少年が、訪ねてきたとある宗教の巫女に旅に誘われ、始まる物語。―――最強にして眩い光は、意図せず世界を染めていく。 最強、而して嫌味なく純粋。そんな少年が旅の中で見識を広める中で様々な出会いを経て周りを変えていく物語。独特の落ち着いたけど鈍感な口調で語られている事もあり、口当たり軽く読みやすい、ライトなファンタジーが読みたい読者様にはお勧めしたい、魅力ある物語である。 心のままに旅をする少年はお供の巫女と共に、どんな人と出会うのか。 次巻も早く読みたいものである。  続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    最果てで聖騎士してそうな設定。なんか中途半端だった印象。バトルメインだけど無双というほど圧倒的でもなく、ラブコメというほどの恋愛要素もなく、旅というには成長が見られない。まあ、ウィルという個が完成してしまっているし、そもそも目的すら決まってないから仕方ないか。勇者の定義については良かった。勇者に選ばれたものではなく、人を救う気概を持つものが勇者であるべきだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ Web版未読。剣の神、治癒の神、魔術の神に英才教育を受けた少年が巫女・ルナマリアに導かれ救世の旅に出る物語。神々に健やかに育てられた少年の冒険譚で読んでいて優しい気持ちになれる。規格外の力を持つに至った世間知らずの主人公だが既出の俺Tueee!な勘違い、鈍感系主人公と違い気遣いがきちんとできるので好感度が高い。勇者とも安易に敵対すること無く適度な距離感で話が進行していく点も良い。主人公たちは生真面目系ばかりだが神々の親バカぶりや万能の神の抜け目のなさとお茶目っぷりがアクセントとなり笑えた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 留姫野真希(るきのまき)

    3柱+1の神様たちに育てられた子が町を出て聖者を助けて冒険に。これ、前に読んだことのある『最果てのパラディン』1巻と同じやん。作者同じ人なん? 自分の知らないところで神様に育てられた子ジャンルって、悪役令嬢とかギルド追放主人公とかもふもふスローライフぐらいに一般化・確立されてるジャンルになってんの? 中身は『最果てのパラディン』からダーク面と転生設定を除いてライトにしたような話だった。つまらなくはないけど続きがあまり気にならないのが多少困るところ。ライト方面にふっ切れてるわけでもないしなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK