序章

 粉雪まじりの強風がほおたたく。頰についた血とかみき飛ばす、てついた夜だった。

 どうにか階段をのぼりきり、じようへきの上までたどり着いたジルは、かたひざをつく。ちらりと見た城壁の向こう側は、底の見えないくらやみしかなかった。

 押さえたみぎかたの出血が止まらない。りよくをしようとしても、うまくいかない。だれかがじやをしている。だがその原因をき止める時間はなさそうだった。

 それにその魔力も、たったひとり、ここまでげるために底をつきかけている。

 この状態では、飛び降りて助かるとはとても思えない。

「いたぞ、ジル・サーヴェルだ!」

 それでも敵の声を聞けば、体は反射のように動く。何年もはつこいのひとのために戦場をけてきた習慣だ。

 こしにさげたちようけんを抜いていしだたみったジルに、追いかけてきた城の兵士達がひるむ。

 大きくみこんで一振り、回転してよこぎに、まいのようにりつけて血路を開こうとするジルにはく負けして何人かはうしろにさがっていくが、数がちがいすぎた。

 じよじよにジルは囲まれ、追いめられていく。

 相手も悪い。つい昨日までジルにとっては仲間、守るべき国民だった。どうして、という思いが失血も手伝って剣さばきをにぶくする。

 ついにジルはしりもちをついて、兵達のやりに、けんさきに囲まれた。

「そこまでだ、ジル」

 何より、りんとした声がジルの身をふるわせた。

 兵の奥から、城壁に立つには不似合いなで立ちの青年が現れた。吹雪ふぶく強風にはためくマントの色はぐんじよう。クレイトス王国の王族のみに許された、がみの禁色だ。

「……ジェラルド様」

 名前を呼ばれたこの国の王太子は、魔力をせいぎよするためにかけているという眼鏡の鼻当てを軽く持ちあげた。

「私のきさきになるはずだった女性が罪を認めず逃げ出すなど、はじを知れ。……フェイリスがどれだけ胸を痛めているかと思うと、私もつらい」

「──相変わらず、妹思いなのですね」

 戦場でぐちなど叩くべきではない。

 だが思わずいやみを口にしてしまったジルを、ジェラルドは冷静に見返した。

「当然だ。我が妹にまさるものなど、この世にはない」

だまれこのくされシスコンが!!)

 そうさけばなかったのは不敬罪がこわかったからではなく、ただおぞましかったからだ。

 そもそも、罪名が追加されても、しよけいが決まっている身である。しかもえんざいばかりで──いや、身に覚えがある罪状ならある。言うなれば、『私と私の世界一可愛かわいい妹との仲を理解しなかった罪』だ。無理解罪とでも名づけてやりたい。

 吹雪の中、ゆうぜんと立っているきんぱつの王子はジルのこんやく者だった。ジルが十歳のとき、初めておとずれた王都で第一王子ジェラルド・デア・クレイトスの十五歳の誕生日パーティーに出席したその日、初対面で求婚され、そういう仲になった。

 ジルの故郷であるサーヴェル辺境領は、神話の時代から何かと争いが絶えないラーヴェていこくと接している。いずれくるラーヴェ帝国との争いをしてけつえん者を取りこもうという、政略的な求婚だったのかもしれない。それくらいならジルもりようかいしていた。でもジェラルドは他人にも自分にも厳しく、で、責任感のある、尊敬できる人物だった。

 何より、化け物じみたジルの魔力を認め、必要だと言ってくれたのだ。

 だから堂々と魔力を使い、戦場を駆けることもまったく苦にならなかった。つうの女の子とは違う青春でも、化け物だ戦場でしか笑わぬ冷血女だ男女だとちようしようされても、ジェラルドという王子様が自分にいると思えば、引け目を感じなかった。

 戦功をたて軍神れいじようとよばれ、としごろの男子より女子にこいぶみをもらう十六歳になっても、まあいいかですましてこられたのだ。

 なのにジェラルドの正体は、妹と禁断のこいはげむ変態だった。

 ジェラルドのできあいする妹、フェイリス・デア・クレイトス第一王女はこれまでの人生をほとんどしんだいですごしている、病弱な少女だ。外にもほとんど出られず、ジルも指で数えるほどしか会ったことがない。

 だが一目見れば誰しもがりようされる、天使のような少女だった。ジェラルドの溺愛ぶりもしかたがないとうなずいたものだ。妹の具合が悪いと聞けばジェラルドはジルの誕生日パーティーも婚約記念日もすべてすっぽかした。じようだんまじりで不満をもらそうものなら、城中の人間に白い目で見られ、ジェラルド本人には手厳しくきゆうだんされ、あいさつすらできないまま戦場に送り出される。やさしい部下になぐさめられつつ、自分のきようりようさを反省したものだった。

 だって思わないではないか、普通──婚約者のうわ相手が、実の妹だなんて。

 いや、厳密には浮気相手は自分のほうだった。自分との婚約は、最初から妹との禁断の恋をカモフラージュするためだったのだ。ジルは完全などうだった。百年の恋も一気に冷める事実をつい最近、ジルは知った。もはや悲しみやいかりを通りして笑うしかない。

(妹思いの、いい兄だとばかり……少しすぎたところがあるだけで……)

 だが、ジルがそうと知ったあとのジェラルドは、非情だった。

 まず、婚約をされた。願ったりかなったりだったが、それだけではすまなかった。

 その翌日にはなぜか身に覚えのない罪でこうそくされ、その次の日にはろうほうりこまれ、その次の日には裁判が終わっていて、その次の日には処刑が決まって、今日になっていた。ちなみに処刑は明日である。

 王太子とその妹のめいを守るための、じんそくかつかんぺきくちふうじだった。世間ではジルがフェイリス王女にみにくしつを起こし、毒殺をもくんでいたことになっているらしい。ジェラルドの指示なのかなんなのか、フェイリス王女がなみだながらにそう告発したそうだ。

 こうなったときを前々から想定して備えていたとしか思えない。ジェラルドのゆうしゆうさにみように感動してしまった。か弱いとばかり思っていたフェイリスにも感服した。正直、あなどっていたと反省している。女子力かいと言われる自分にはできない芸当だ。

 これだけばやく手を回されると、故郷のみなも、つかの間の休日をすごしている自分の部下達も、助けにくる時間はないだろう。ジルの処刑が決まったことが伝わっているかどうかもあやしい。いや、そもそも故郷や自分の部下が無事かどうか──。

「しかし、どうやって牢から出たのだか。君が飼っているきようけん共は始末したはずだ」

 かくはしていたが、部下のほうにもすでに手は回っていたようだ。最悪だ。ジルを追い詰めるように、ジェラルドのぶんせきは続く。

「サーヴェル家も今は動けない。……内通者を見つけなければな」

「ご心配なさらずとも、内通者などおりません。魔力で叩きこわして出てまいりました」

「……。まったく、サーヴェル家の人間はこれだから」

 あきれた顔をなつかしいなどと思ったことが、むなしかった。

「君がそうめいな判断をしたならば、を教育する名誉くらいはあたえてもよかったんだが……まあ、これでよかったのかもしれないな。フェイリスの子を、魔力の強い筋肉鹿にされてはたまらない」

 なるほど、ジェラルドと妹の仲を見すごせば、そういう未来が待ち受けていたわけか。

 これはもう、こうせいの余地も理解の必要もない。こいごころかんなきまでにふんさいされた。ちようがにじむ。ありがたい話だ。

(……我ながら、節穴すぎた。こんな男を強いと、尊敬していたなんて)

 がん、と石畳のすきに剣を突き立てて、ジルは立ちあがる。生きなければ、と思った。

 人間は簡単に死ぬものだと、戦場で嫌というほど学んできた。だが死ぬとしても、せめてこの男が笑えない死に方をしなければ、腹の虫がおさまらない。

「ただ私をもうしんし続けていれば、幸せになれただろうに」

「──どけ」

 はしらせたジルの剣先を、ジェラルドがよける。さすが、王都の守護神を名乗る自分の元婚約者だ。

 眼鏡の奥の黒曜石のひとみがわずかに光り、ジェラルドが持っている黒い槍に魔力が奔る。クレイトス王家に伝わるという女神のせいそうなら、まともに打ち合っても武器のほうがもたない。

 だが、こちらは年季が違う。この男のために戦場を駆けた軍神令嬢だ。

(なめるな!)

 一点に魔力をこめて、王子様の槍をはじき飛ばした。舌打ちしたジェラルドが一歩引いた分あいたろうを走りけ、城壁の一番高いかべにのぼり、あしもとを見おろした。

 真下は暗闇、底の見えないがけだ。だが、もみの木がしげる森が広がっているはずだ。雪もこれだけ降っている。うまくいけば助かるかもしれない。生き延びてもとうするだけかもしれないが、それでも。

「ジル! 何を」

かんちがいしないでくださいね、殿でん。あなたがわたしを捨てたんじゃない」

 少なくともこのままよりは、可能性があるだけずっといい。

「わたしがお前を捨てるんだ」

 ジェラルドの婚約者として失ってはいけない女らしさのためにはいていた、ヒールの高いぐんで、じようへきった。

「矢を射ろ! がすな! じゆうはどうした!?」

 矢のあらしが降ってきた。

 かたをかすめていった矢に毒が仕込まれているのがわかった。しびれを感じた指先にまゆをひそめたが、笑い返す。城壁の上からいくつもの銃口が火をく。それらも全部、残り少ないりよくで弾き返してやる。

 だが魔力の壁をき破り、ジルをめがけて一投されたものがあった。

 黒い槍。がみの聖槍だ──ジェラルドが投げたのだろうか。悲しむひまなどない、胸に突きさる直前でそれをにぎり止めたジルは、不敵に笑う。

(負けるものか)

 手のひらが魔力で焼けていくにおいがする。ばくふうれる。こごえる風も魔力も、涙も蒸発していく。

 負けるものか、負けるものか。こんな終わり方をしてたまるか。

 歯を食いしばって、そう前をえたいけれど、視界がかすんでいくのがわかった。魔力が消えていく。それは命のともしだ。

 ゆっくりと手から力が抜け、黒いやりの切っ先が心臓に向かう。

(もし、あの男の婚約者にならなかったなら)

 ああ、これはそうとうだ、いけない──そう思うが、止まらなかった。

 だって十歳のあのとき、パーティーで求婚されなければ、自分は故郷で戦場に立つことはあっても、せんじん切ってけずにいただろう。ぼくでも優しそうな強い男と恋をして、普通の女の子らしい出来事を味わえたかもしれない。

 そして大好きなおやご飯をたくさん食べて──いや、そこは少しちがうか。

 でも、あの日、あのとき、求婚さえ受けなかったならば、人生は違ったはずだ。

だれかを好きだったことを失敗のまま、終わらせたくないのに)


 ──次。次さえあれば、利用されたまま終わらないのに。


「……ジル、どうしたんだ。ジル?」

「え?」

 はっとまばたいた。真っ暗な空も、血もりつぶす雪の白さもなかった。それとは正反対の世界があった。

「なんだ、きんちようしているのか?」

「いくらジルでもおくれしますよ。初めての王都で、こんなにぎやかなパーティーに出席するなんて! 私も目がくらむわ。まるで夢のよう」

「ジェラルド王子の十五歳の誕生祝いだからな。しかも、このパーティーでこんやく者を選ぶともっぱらのうわさだ。国王様も力を入れているのだろう」

 頭上から降る会話をジルはぼうぜんと聞いていた。

(……お父様とお母様だ)

 とっくに死んでいるはずの彼らが、なぜ。

 だが夢だと思うにはいささか強い力で、母がその手を引く。

「ジルが選ばれたりしてね?」

「え……な、何に、ですか」

「ジェラルド王子の婚約者にだよ。お前はしゆうも歌も料理もてんでだめだが美人だし、まだまだ色気より食い気だが、しっかり者でやさしいからなあ」

 両親はきっと冗談のつもりで、笑っていた。

 そう、笑っていた──覚えがある。

 さあ行こうとうながされた先で、てんじよう近くまである両開きのとびらが開く。サーヴェルこうしやくふうとそのごれいじようとうちやくというかけ声。案内の先にある世界は。

(……うそだ)

 吹き抜けの天井からつるされたいくつものシャンデリアと、そのきらめきが映りこむ大理石のダンスフロア。二階に向かう交差した真っ赤な天鵞絨ビロードの階段。オーケストラのかなでるはなやかな音楽。真っ白なテーブルクロスに銀の食器が並べられ、みずみずしい果物がさかずきにのっている。ぐるりと周囲を囲む金のしよくだいともる火が意味をなさないほど、明るい色のドレスで花のようにおどる令嬢達。

 ──自分は、この夢みたいな世界を前に見たことがある。

(そんな、馬鹿な)

 ふと、横にある窓が目に入った。くもりひとつなくみがきあげられた硝子ガラスは、鏡のように自分の姿を映し出してくれる。

 そこにはきんぱつを大きな花かざりでいあげ、うすももいろのドレスを着た女の子の姿があった。まん丸に見開いているむらさきの瞳。年のころは十歳くらいだろうか。

 いや、多分十歳だ。まだつうの女の子だった頃の。

「ジェラルド・デア・クレイトス王太子殿下、ご入場!」

 ファンファーレといつしよさいおうから堂々とした足取りで下りてくるその姿を、よく覚えていた。

 生まれて初めて見る本物の王子様というものを、食い入るように見つめていたのだ──その眼鏡の奥の瞳と視線が交差するまで、あのときの、十歳の、自分は。

「!」

 そうしてまた目が合う。

 先ほど真夜中を告げたはずのクレイトス王城の時計とうが、再びかねを鳴らした。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中

    やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中

    永瀬さらさ/藤未都也

  • やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 2

    やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 2

    永瀬さらさ/藤未都也

  • やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 3

    やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 3

    永瀬さらさ/藤未都也

Close