異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

第一章 異世界へ(1)

 辛い日々を乗りえ、俺は今、滅多にないやしの時間をまんきつしている。

 中学の卒業式が終わり、高校に入学するまでの短い休みにとつにゆうしたのだ。

 本当ならこの短い休みの間にもバイトがあるはずだったが、それもなくなってしまった。

 理由は、この間の集団リンチのせいだ。

 あの日にあったバイトは、結局行けなかったから無断欠勤となってクビにされ、他のバイト先では、体中の傷が原因でクビにされた。

 じんだと思ったし、メチャクチャ悔しかったけど、今の俺にはどうすることもできない。

 この休み、筋トレでもしてみようかな? それで何か変わるとは思えないけど。

 いろいろ思うことはあるが、新しいバイトを見つけたりしなきゃいけない。

 でも、今は時間が少し空いているから、久しぶりにこの家をそうしよう。

 そう考えた俺は、すぐにぞうきんや掃除機を持ち出して、家の大掃除を始めた。

 だんから簡単に掃除をしているとはいえ、しっかり掃除をしてみると、よごれが多い。

 それに、おじいちゃんの家は結構広いので、こういう機会がないと全部の部屋を掃除するのは難しいのだ。

 ……いや、分かってる。これが、現実からげてることなのは……。

 暗い気持ちのまま、バケツの水をえるために洗面台に向かうと、そこの鏡に映し出された自分の顔がいやでも目に入った。

 細く小さい目。小さく鼻の穴が大きいぶたばな。エラが張っていて、ほおぼねが浮き出ているのに、顔全体はブクブクに太っていて、ニキビやそばかすだらけ。

 分厚い唇に歯並びの悪い口。

 髪がうすく、若ハゲ気味。

 これが、俺の顔。

 両親にも、あのふたにも似ていない、俺の顔。

 それを見て、俺の中にまっていたものがあふれ出してきた。

「あ……あああ……あああああああああああああああああっ!」

 何度も何度も鏡を殴りつける。

 必死に目の前の存在を消そうと、俺は手から血が出ようが構わず殴り続けた。

 そして、バケツを大きくりかぶり、鏡にぶつけると、鏡はあつなく割れる。

「はぁ……はぁ……」

 鏡が割れたことで、少し落ち着くことができたが、俺の中のモヤモヤは晴れなかった。

 床には、鏡のへんと、俺の血が落ちている。

 ……どんなにわめいても、俺のじようきようは変わらない。

 できることなら整形したかった。

 でも、お金がない俺には、どうすることもできない。

 生活費をかせぐので精いっぱいなのだ。

 暗い現実を見て、俺の心はしずんでいくばかり。

 ────俺はいったい、何になりたいんだろう。

 今の俺に、未来は見えない。就職もまともにできないだろう。

 だからこそ、今を生きるので必死で将来何になりたいかとか、そんな夢を考えたことがなかった。

 夢……夢か……どうせ夢をいだいても、俺には無意味だろう。

 今の俺に、夢をかなえる力も気力もないんだから……。

「クソッ!」

 自分の無力さにいらち、俺は強くかべなぐりつけた────そのしゆんかんだった。

「え……!?」

 とつぜん、壁がにんじやしきのように回転し、俺の知らない部屋が目の前に現れたのだ。

「な……なんだ、これ……」

 今までおじいちゃんの家で生活してきて、こんな部屋は見たことがない。

「どうしてこんな部屋が……」

 なぞの隠し部屋を見つけた俺は、最初こそけいかいしていたものの、すぐにこうしんまさり、気づけば部屋の中に入っていた。

「ここは……」

 するとそこは、おじいちゃんが世界中を飛び回って収集したであろう品々が置かれている部屋だった。

 おじいちゃんは世界中を飛び回ってはお土産みやげを買って帰って来てたけど、それをどこに片づけていたのかを俺は知らなかった。

 だからこんな隠し部屋のような場所にその品々が置かれていることに本当におどろいたのだ。

 ぼうぜんと目の前に広がる世界中の品々をながめていると、俺はふとみような感覚におちいった。

「な、なんなんだ? いったい……」

 今まで感じたことのない感覚にまどいながらも、その感覚に導かれるように部屋の中を進んでいく。

 すると、昔おじいちゃんに見せてもらった物や、完全に初見の物など、様々な品が目に入った。

「……何だ? あのお面。鬼神みたいでこわいな……ん? あれは……何の人形だ?」

 鬼神のような面や、俺より大きいマネキンみたいな物。

 他にも、バスケットボールサイズの赤色の立方体や、どういう原理なのかは分からないが、台座の上でくるくると回りながらいている変な石。

 中には、エジプトのファラオが入っているようなひつぎまで置いてあった。

 周囲の品々をわたしながら歩いていると、俺はさっきから感じている感覚が、何かが俺を呼んでいるのだと気づいた。

 その感覚に導かれるように、さらに中を進んでいく。

 ……これ全部おじいちゃんが集めたんだよな……。

 昔はよくおじいちゃんがまんしてくれたけど、俺はどれもそのすごさが分からなかった。そんな何気ないおじいちゃんとの思い出が頭に浮かんで俺はまた泣きそうになる。

 おじいちゃんが集めた物だが、ようが分からない物だらけなので、今となってはほぼガラクタ同然だ。おじいちゃんが生きていれば、また色々教えてくれたのにな……。

「これ、どうしよう……ん?」

 この品々にさわろうにも、何か起こったら怖いしなぁと考えていると、ふと奥の方に置いてあるものに視線が移った。

 それは、まるで壁からきだしたような形で存在する、とびらだった。

 木製の扉で、大きなフクロウがちようこくされており、ふちの木々にも彫刻が施されていた。

「これも持って帰って来たのかな……?」

 この扉を?

 もし持って帰って来たのだとすると、どこの扉よ。

 まあ、扉だけなので、開いたところで後ろの壁が見えるだけだろう。

 だが、俺はその扉を見た瞬間、今まで感じていた奇妙な感覚が強くなった。

「まさか……あの扉か?」

 目の前の扉に俺は見覚えはない。

 だが、俺の目と意識はその扉にくぎけにされていた。

 この扉こそが、俺を呼んでいるモノの正体なのだろうか……。

「あの扉に何かあるのか?」

 そう思いながら、扉のノブに手を伸ばし、開いてみると────。

「…………え?」

 そこは、見慣れない部屋だった。

 ログハウスのような内装で、木製の大きなテーブルとがひとつに、同じく木製のクローゼット。そしてけんおのといった武器が、山のように置いてあった。

「え? は?」

 意味の分からない状況に、俺の頭はパンク寸前だった。

 すると、不意に目の前にはんとうめいの板みたいな物が出現した。

「うわあっ!?」

 あまりにもとうとつに出現したため、情けない声を出してしりもちをついてしまった。

 だが、半透明の板も、その状態の俺の目線の高さまで移動している。

「な、なんだよ、これ……」

 狼狽うろたえながら、目の前に出現した半透明の板に視線を向けると、そこにはこう書かれていた。

『スキル【かんてい】をかくとくしました。スキル【にんたい】を獲得しました。しようごう【扉の主】を獲得しました。称号【家のあるじ】を獲得しました。称号【異世界人】を獲得しました。称号【初めて異世界をおとずれた者】を獲得しました』

「え?」

 そこには、まるでゲームのメッセージのような物が表示されていた。

 か、鑑定? 忍耐? それに、異世界って……。

 取りあえず、起き上がった俺は、一度自分の家にもどって、扉の周りをかくにんした。

「や、やっぱりどこにもつながってないよな?」

 扉の裏側を確認したりするが、俺の家の壁があるだけ。

 なのに、扉の先には見慣れないログハウス風な部屋が広がっているのだ。

「マジで何なんだよ……」

 この扉って一体……。

 そう思った瞬間、いつの間にか消えていた半透明な板が、再び出現した。

【異世界への扉】……とつじよ地球に出現した、どこかの異世界へと続く扉。なぜ出現したのか、どうやって出現したのかは、神々さえ知らない。繫がる先は不明であり、一度異世界と繫がると、固定される。主となった者は、様々な機能をあやつることができる。かい不可能。

 何と、扉の正体がいきなり分かったのだ。

 いや、分かったのはいいけどメチャクチャな内容だな!?

 ここまで来て、俺はようやく冷静になり、一つの答えに辿たどり着く。

「もしかして……スキルの【鑑定】ってやつか?」

 いや、でも……ここはログハウス風の部屋のなかじゃなく、俺の部屋なのだ。

 ……待てよ? なのに、なんで目の前にこのよく分からない板が出現するんだ?

「……考えてもよく分からないけど……これ、スキルとか確認できないのかな?」

 思わずそうつぶやくと、またも板が出現し、そこにはこう表示されていた。

【鑑定】……様々なモノを鑑定するスキル。

【忍耐】……状態異常や精神かんしよう、または肉体的苦痛に大きな耐性を得る。

「……本当に出てきたよ」

 これで分かったが、さっきの扉を調べられたのは、この【鑑定】というスキルのおかげだろう。

 それにしても……ますます現実ばなれしすぎてるな。

「これなら、称号とかも調べられるか?」

 ほぼ確信を抱きながらそう呟くと、案の定メッセージが出現した。

【扉の主】……異世界への扉の主。メニュー機能を使用することができる。

【家の主】……かつて、けんじやが住んでいたといわれる家の新たな主。家の所有権を得る。

【異世界人】……異世界の人。つうより経験値が多く手に入り、とくしゆな成長をする。また、スキルを習得しやすくなる。レベルの上限をてつぱい

【初めて異世界を訪れた者】……初めて異世界を訪れた者。別の称号である【かいたくしや】の効果以上にスキルやほうを発明しやすくなる。成長する過程で、いい方向に成長していく。また、【アイテムボックス】を使えるようになる。

「おぉ」

 よく分からないが、何となくすごそうだった。

【初めて異世界を訪れた者】に至っては、別の称号である【開拓者】とやらよりゆうしゆうらしいし、【アイテムボックス】とやらも使えるようだ。……【アイテムボックス】ってなんだ?

 それに、【家の主】という称号の部分もよく分からない。どの家のことだ?

 そんな感想を抱いていると、【扉の主】の説明に書かれた、メニュー機能という部分に気づいた。

「メニュー機能? これは一体……ってうわっ!?」

 また、別のメッセージが目の前に表示される。

 そこには……。


【異世界への扉】

所有者:てんじようゆう

機能:《かんきん》《転送》《入場制限》


 と書かれていた。

「換金? 何かをお金にえられるのか? それに、転送と入場制限か……」

 すべてのこうもくに意識を向けると、くわしい説明にメッセージがへんこうされる。

【換金】……あらゆる物をお金に変換できる。

【転送】……所有者の現在置に、扉を出現させることができる。

【入場制限】……所有者の指定した人物のみ、扉を通ることができる。

「予想以上に高性能だな!?」

 つまり、仮にだれかがこの場所を見つけても、その先には行けないということだ。

 さらに言えば、この扉をぬすんだとしても、俺のもとに帰ってくるという……。

「換金は正直何に使うのか分からないけど、まああっても損はないし、今はいいか」

 そんなことより、ここまでゲームみたいな展開なら、ステータスとかあるんじゃないか?

 ワクワクしながらそう思うと、目の前に新たなメッセージが表示された。


【天上優夜】

職業:なし、レベル:1、魔力:1、こうげき力:1、ぼうぎよ力:1、しゆんびん力:1、知力:1、運:1、BP:0

スキル:《鑑定》《忍耐》《アイテムボックス》

称号:《扉の主》《家の主》《異世界人》《初めて異世界を訪れた者》


 絶望した。

 まさか、ステータスがオール1だなんて……学校の成績でさえ、ここまでひどいものはとったことがないのに……。

 まあ、何となく分かってたことだけどね。

 それより、このBPってなんだ?

【アイテムボックス】もなぜかスキルのらんに追加されてるし……。

【BP】……ボーナスポイントの略。レベルアップ時に、10ポイントもらうことができ、好きなステータスに割りることができる。ただし、異世界人の場合、10ポイントではなく、20ポイントもらえる。称号【初めて異世界を訪れた者】を持つ場合、BPは100ポイントもらえる。

【アイテムボックス】……特殊な空間を出現させ、好きなだけ物を出し入れすることができる。ただし、生物を収納することはできない。容量の限界はなく、大きさも問わない。

「……おぉ」

 取りあえず、ステータスにポイントを割り振ることができて、なおかつ俺の場合はお得だということが分かった。

【アイテムボックス】も、ゲームみたいな機能だと思えば、理解はできる。

 さて、ここまで確認できたわけだが、あと確認しなきゃいけないことと言えば……。

「あの部屋……だよなぁ……」

 さっきは誰もいなかったが、よく考えれば不法しんにゆうだ。

 それで相手がおこっておそってきたら、たまったもんじゃない。

【家の主】という、よく分からない称号も手に入ったが、確認してみないことにはなんとも……。

 幸い、俺以外はとびらを通ることができないようなので、俺の家にげ戻れば何とかなるが。

「……もう一度、見てみるか」

 そう決めて、俺は再びあの部屋に行くのだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
ファンタジア文庫『異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~

    美紅/桑島黎音

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~ 5

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~ 5

    美紅/桑島黎音

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する11 ~レベルアップは人生を変えた~ 11

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する11 ~レベルアップは人生を変えた~ 11

    美紅/桑島黎音

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close