プロローグ

 そのとき、僕には深い夏色の空が明滅しているように見えていた。

 瞬きするたび視界が白む。上がった息を整えたいのに、思うように呼吸ができない。

 焦燥が僕らの体を熱くしている。恐怖が僕らの鼓動を速くしている。

 積乱雲が浮かぶ空の下に、僕らは逃げ込んでいた。それが、すべての終幕だった。

「……まあ、最悪一緒に死ぬことになってもいいと思って身を委ねますよ」

 隣に立っている少女が言う。見ると、彼女の顔は恐怖で歪んでいた。

 きっと、僕も同じような顔をしているのだろう。

 校舎の屋上。安全フェンスを越えた先。

 死と隣合わせのわずかな足場に僕らは立っている。

胡桃くるみ。大丈夫だよ。大丈夫」

 優しく言い聞かせながら、僕は胡桃の手を持ち上げてゆっくりと撫でた。

 胡桃はきょとんとしたあと、鼻で笑うような感じではにかんだ。

「ふっ。いつぞやの真似事ですか? 先輩に撫でられたって安心しませんよ」

 そうか。こんなんじゃ、ダメか。僕らが不安を解消できる行為なんて一つしかないよな。

 僕は胡桃の被っているキャスケットを、空いているほうの手でひょいと取った。

 ほんの少しだけ前かがみになって、顔を近づける。そっと唇を重ねて、舌を絡める。

「んっ……んちゅっ……んっ……れぇ……」

 キスという名のテロ行為。吐息が、体温が、寂寥感が、粘膜を通して伝わってくる。

 僕の抱えている気持ちも、胡桃に伝わってしまっているのだろうか。

 昔から僕は何者かになりたかった。感受性が高くて、傷つきやすくて、人と接することがあまりにも苦手。そんな僕は、自分の中にある忌々しい不器用さに名前がほしかった。

 例えばそれは、病名であったり。例えばそれは、才能であったり。

 なんでもいい。とにかく、この生きづらさの正体を誰かに暴いてほしかった。

「れ……んんっ……ぷはぁ……えへへ……いきなりキスするんですから、もう……」

 胡桃の唇から僕の唇にかけて、一筋の唾液の線が伸びている。

 いつも思う。この淫靡な線は、僕を僕として認識してくれた証拠なのだと。

「そろそろタイムリミットだ。覚悟はいいか、胡桃」

「はい。行きましょう、先輩」

 頷く胡桃を片手に抱く。僕はタンッと足場を蹴って空に飛んだ。地に落ちた。

 これは、無理心中じゃない。明日を生きるための逃避行だ。

 この落下は、僕らのキスのようにどこまでも後ろ暗いハッピーエンドなんだ。

 重力に導かれ、僕らは落ちる。二人、身を寄せ合いながら風を切って落ちていく。

 その日、僕はやっと、自分というものを見つけた気がした。

 一緒に堕ちてくれる彼女に、僕という存在を見つけてもらった気がしていた。

第18回 MF文庫Jライトノベル新人賞 受賞作特集

関連書籍

  • 悪いコのススメ 1

    悪いコのススメ 1

    あるみっく/鳴海 雪華

    Amazonで購入する
Close