〔*4〕選択肢3:ジョーとタラサをメンバーに加える(A・B)

 きみはパーティメンバーとして、ギステルドに加え、ジョーとタラサを加えることにした。

「全力で、みなさんを守ります。任せてください!」

 ゴンッと、ジョーは拳で鎧の胸を叩く。重々しい音を聞くと、確かに守りはかたそうだ。

「うふふ。前衛に厚みがあると、魔法使いとしてはありがたいわね」

「そうだな。攻撃とたんさくはオレ、守りと回復はジョー、魔法と知識はタラサ。バランスのいい組み合わせだ。おまえさんがどんな冒険者を目指すにしても、過不足あるまい」

 タラサは微笑ほほえみ、ギステルドも納得したようにうなずく。

「冒険者パーティに必要なのは、どんなじようきようにも対応できるバランスと適応力。それに、仲間同士を信じるしんらい感だ。よろしく頼むぞ、新入り」

 ドワーフの戦士は、きみの手をしっかりと握る。その手に、ジョーとタラサも手を重ねた。

 こうして、きみのパーティは結成されたのだった。


→ シチュエーション02へ進む

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

Close