人物紹介

『六蓮国物語 王宮の花嫁武官』

登場人物紹介



一途で堅物な少女

ほう結蓮ゆいれん

太子の命が何よりも大切な女武官。

怪力で大食らい。

大商家・豊家のお嬢さま。

◆所属:柚梨軍



庶民派ヒーロー!?

たちばな季隆すえたか

封陰省ふういんしょう次官。

れん」からの留学生。

一見軽薄そうだが……?

◆所属:封陰省



クールな突っ込み役

翡翠丸ひすいまる

季隆の使い魔。

14,5歳くらいの少年の姿をとる。

◆所属:封陰省(?)



結蓮を愛する太子

臨琮成りんそうせい

煌国太子で、結蓮の幼なじみ。

悪鬼妖怪の類に狙われやすい体質。




【物語の世界観】

六雄と呼ばれる六つの国があり、その一つ・煌国が舞台。

煌国の太祖は龍の血を引く碧眼の娘で、代々碧眼を持つ者だけが玉座にのぼることが許されている。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 六蓮国物語 王宮の花嫁武官

    六蓮国物語 王宮の花嫁武官

    清家未森/Izumi

  • 六蓮国物語 皇宮の嘘つき公主

    六蓮国物語 皇宮の嘘つき公主

    清家未森/Izumi

  • 六蓮国物語 翠竜と赤の天女 上

    六蓮国物語 翠竜と赤の天女 上

    清家未森/Izumi

Close