六蓮国物語 王宮の花嫁武官
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

六蓮国物語 王宮の花嫁武官

「身代わり伯爵」シリーズの清家未森が贈る、中華皇宮ファンタジー開幕!!
著者: 清家未森 (著者) / Izumi (イラスト)
シリーズ:六蓮国物語(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「畏れ多くも殿下を敬愛したてまつりすぎていて」舞台は煌国。婚礼に臨む太子近衛武官・結蓮のもとに、太子を襲う妖怪が現れたと報せが入る。尊敬する太子の一大事に、花嫁衣装を脱ぎ捨て、太刀を手に駆けつける始末。自ら三度目の結婚をぶち壊してしまうほど太子に心酔する結蓮だけど、突然異動の命令が!! 待ち受けていたのは、新たな婚約者で──!? 清家未森が贈る、チャイニーズ・ファンタジー、ここに開幕!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 皐月

    「畏れ多くも殿下を敬愛したてまつりすぎていて」舞台は煌国。婚礼に臨む太子近衛武官・結蓮のもとに、太子成を襲う妖怪が現れたと報せが入る。尊敬する太子の一大事に、花嫁衣装を脱ぎ捨て、太刀を手に駆けつける始末。自ら三度目の結婚をぶち壊してしまうほど太子に心酔する結蓮に突然異動の辞令が!上司となった橘季隆で四度目の婚約者。チャイニーズ・ファンタジー。世界観も申し訳ないですが『彩雲国物語』を彷彿するようなイメージが強いです。この作者さんの魅力って、ストーリーよりも縦横無尽に動き回る面白いキャラだと思いますので、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 扉のこちら側

    初読。2014年441冊め。なにかライトな物が読みたくなって、十二国記や彩雲国物語的なものと認識しシリーズ大人買いしてみた一冊。中華風の国で和風の留学生がいたり、妖怪退治だったりと先の2シリーズとなにか通じる物があるが、設定や展開はまだまだ大味な印象。初巻から登場人物も多くて把握できていないので、次巻はおさらいしながら読む。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いいほんさがそ@蔵書の再整理中【0.00%完了】

    ご紹介本*中華ファンタジー1巻*畏れ多くも殿下を敬愛したてまつりすぎていて…と、殿下の一大事に折角の花嫁衣装を脱ぎ捨て、太刀を片手に戦陣を切り裂く!花嫁衣装より戦装束が似合うトホホな武官・結蓮の元に突然異動の辞令が!彼女の運命、さてどうなるのやら!?――読友さんにご紹介頂いた本書、実に楽しめました!ご紹介ありがとうございます! ⇒続き 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    前作とは違う話をということで、中華風世界観はまだ少し消化不良気味ですが、キャラクターが魅力的です!突っ走るヒロインですが、不言実行タイプでシリアス背負いつつ、時々可愛い・・・みたいな。相手役はもうすでに振り回されていますね(笑)。季隆さんは好みなので、がんばっていただきたい(笑)。太子もラブ参戦するのでしょうか?気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のほほん@灯れ松明の火

    身代わり伯爵とは、また一味ちがった主人公で、こちらも面白くなりそうな予感です。 まだまだ序章で、これから色んな大暴走が読めそうです。 季隆さんと図書館戦争の堂上教官が なんだかだぶってしまうんですが、このお話では どんな時に、どんな風に 同一人物だと発覚するのか…すごーく展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK