1章 箱庭①


 あれはよく晴れた日のことだった。雲一つないからりとした快晴の下、私は静かに絶望したことを覚えている。

 忘れもしない、九歳の時であった。私はとある事情でだんなら絶対に入れない王宮へと足を運んだ。王宮は王城とは異なり、えっけんや玉座がある場所ではない。おうや側室、その子どもたちが暮らす大きなしきのようなものだ。

 王宮内では値段を聞くのもおそろしいほど美しいシャンデリアがかがやきを放ち、真っ赤なじゅうたんんでしまうのがしいくらいにすみずみまで手入れされている。

 初めておとずれる王宮に私はキラキラと目を輝かせた。自分の家とは比べものにならないほどごうで、まぶしい。物語の世界に入り込んだようなげんそうてきな光景に、幼い私の心はあっという間にとりこになった。

 お城を探検してみたいという子どもながらのこうしんふくらませつつ案内人の後をついていくと、大きな部屋に案内された。

 ここでお待ちください、と声をかけられてハッと我に返る。

 かれている場合ではない。私は今日、たった一人で王子様に会いに来たのだ。

 気合いを入れ直すためにぐっとこぶしにぎった。めっに近寄れない王宮を訪れるほどの事情――それはこの国の第二王子とのお見合いである。

 この国では、王族の男児は十歳になるまでに自らこんやくしゃを選ばなくてはならない、という慣習がある。実際に第二王子の兄にあたるおうたいも十歳のころ、婚約者をむかえた。候補者は星の数ほどいて、めいしい、金が欲しい、地位が欲しいとわめく貴族たちはこぞってむすめを王族の婚約者にさせたがった。私が言うのもおかしい話ではあるが、貴族の娘たちは本当にびんだと思う。聞いた話だと、うるわしい子を無理やり養子にして自分の娘だといつわり、王族にとつがせようとする家まであったらしい。なんともむなくその悪い話である。

 そんなわけで、今日は私も家の名を背負ってここに来ている。私の家は王家に次ぐ歴史を持つ、ゆいしょ正しいこうしゃく。王族の婚約者などという立場にたよらなくとも地位も名誉も確立されている。が、当然期待はされていた。

 王族とのお見合いは基本的に自分と相手の二人きりで行われる。もちろん、おきの人や警護はいるんだけど、実際話すのは王子と自分だけ。だからヘマをすることは許されないし、自分をアピールできるゆいいつの場である。この時間に命をけると言っても過言ではない。王子が自分だけを見てくれるせんざいいちぐうのチャンス。この好機をてっていてきに利用しろと言わんばかりのしゅぎょう、否、レッスンを私もみっちりとさせられた。対面はたかが十分程度だというのに、この半年間、散々マナーをたたまれたのだ。

 あくだ。きっと私を殺そうとしているんだわ、なんて思ったのも一度や二度ではない。

 最後の方はもはやゾンビと化した。

 しかし、まぁ、両親が期待してしまうのも分からなくもなかった。なにせ、私は可愛かわいい。

 すみれいろの大きなひとみに、緩くカーブをえがくアイスグレーのかみ

 世の男はメロメロだわ、と鏡の前でほくそんだのは五歳の時だったと思う。

 王子様だって男の子。そこらの貴族の美少女だって地位も容姿も私にはかなわない。王子様もきっと私を好きになる。

 そう、その時までの私は世間知らずのクソナルシストだったのだ。

 王子のいる部屋に案内されて、とびらの前に立った。ドキドキとうるさい胸を押さえている間に重そうな扉が開かれ、視界が一気に明るくなる。礼をする前に王子を見ないようにこうべを垂れ、ひざを折ってドレスを少し持ち上げた。

 半年のレッスンも馬鹿にはできないな、とこの時初めて思った。案外体が勝手に動いてくれる。

 十分礼をした後、顔を上げて王子を見たしゅんかん、脳がしびれた。かみなりに打たれたような、おくこされる不思議な感覚。ゾワッと全身の毛が逆立った。

 私は、彼を知っている――?

 きんぱつの、人とは思えない美しい顔。さらさらの髪は照明を反射し、一際輝いて見えた。

白いはだめ込まれたようなサファイアの瞳が私を映す。

 この人は。

 思い出そうとしたところで自分がいまだ名乗っていなかったことに気付く。

 なんて無礼なことをしてしまったの!

 内心あせりまくっている中、王子はがおを絶やさずじっとソファーに座っていてくれた。

 目が合うと、首をかしげて花が開くようにやさしく微笑ほほえむ。

 私は胸がかれるようなしょうげきを受けた。

 あぁ……なんて美しい方なのかしら!

 固まっている私を見ても、王子は何も言わずに待っている。いっしゅんでピンク色に染まってしまった頭をフル回転させて、私は言葉をつむいだ。

 ――必ずこの美しい王子様の婚約者になってみせる。



 私の頭の中はそのことでいっぱいだった。

「お初にお目にかかります、第二王子殿でん。わたくしはタイバス公爵家長女のベルティーア・タイバスと申します」

 ベルティーア?

 自分の名前なのにみょうかんを覚えた。

 すると王子も立ち上がって、かんぺきな角度で頭を下げた。

「初めまして、ベルティーアじょう。私は、ヴェルメリオ王国第二王子、ディラン・ヴェルメリオと申します」

 ヴェルメリオ王国、第二王子、ディラン。

 この三つが頭の中で理解できた瞬間、ピンク色に染まった脳は冷え、あやうくさけび出しそうになった。うるわしい笑顔であいさつをなさる王子に、常であればこの世のすべての女性がメロメロになるだろう。ここはれいじょうとして白いほおを紅潮させじらいを見せるくらいするべきなのに、できない。

 だってこの瞬間、私は〝前世の自分〞を思い出してしまったのだ。

  痛む頭をすように、にっこりと不器用な笑顔を浮かべた。



 なんとかお見合いを終わらせ屋敷へ帰る。王子との会話など全く覚えていなかった。

 自室へ辿たどいたたん、激しい眩暈めまいおそわれ、記憶を整理するかのように私はそのまま丸一日んでしまった。


このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 悪役令嬢は王子の本性(溺愛)を知らない

    悪役令嬢は王子の本性(溺愛)を知らない

    霜月 せつ/御子柴リョウ

Close