プロローグ

 天窓で丸くくりかれた空にはんだ青い色が広がり、開け放たれたままの窓からき込む風はやさしくほおでる。そして、耳に届くのは明るさに満ちた祝福の声。

 今日という一日はルーティエ・フロレラーラにとって、ちがいなく人生で一番の幸福とかがやきに満ちた日となる。いな、幸福と輝きに満ちた人生の、その始まりとなる日だ。

 真っ白なかべおおわれた教会の中、両開きのとびらから白地に灰色の波模様が刻まれた大理石のゆかさいだんへと続いている。祭壇の上部には色とりどりの花をかたどったステンドグラスがかざられていた。やわらかな陽光が着色ガラスを通して降り注ぎ、すべてを祝福するかのごとくきらきらと光のつぶい散らしている。

 ヴェールしにステンドグラスを見上げていたルーティエは、鼻に届いたみずみずしく甘いかおりに視線を手元へと落とした。自然、口紅がられたくちびるにはみが刻まれる。

 白と青、ルーティエが好きな色で作られたせんさいで、とても美しいブーケ。兄と弟が半年以上も前から構想を練って作り上げてくれた世界でたった一つ、ルーティエのためだけのブーケだ。

 もっともれいころを綿密に考えて作られたブーケは、頭や首元を飾っている宝石よりもさらに美しい輝きを発している。束ねられた花々は温かな優しさをその身にまとい、きんちようこわっていたルーティエにおだやかさをもたらしてくれた。

 ブーケ越しに視界へと入ってくるのは、この晴れたいのために両親が用意してくれたウェディングドレスだ。どうから足元までいくにも重なったフリルは、きのあでやかな白い花をほうふつとさせる。むなもとにはつたを思わせる繊細なしゆうほどこされ、になり過ぎないぜつみような配分でビーズがめ込まれており、こしには大きな白いリボンが付けられていた。長くびた背中側のスカートのすそには、白いバラがいくつも飾られている。

 繊細で落ち着いたふんを持つウェディングドレスを一目見たしゆんかん、ルーティエは思わず泣いてしまった。言葉などなくても、両親が自分のことをどれほど深く愛してくれているのか、容易に理解できたからだった。

 我がことのように喜んでくれている貴族や高官といった参列者の人々、そしてここにはいないが、連日お祭りさわぎで祝ってくれている国民。大勢の人々に祝福されたこのけつこんは、間違いなく幸せに満ちたものになる。

「ルー」

 すぐとなりから聞こえてきた声に、幸せをみしめていたルーティエは視線を横へ向ける。明るく、優しさに満ちた声の主。ルーティエのことをあいしようの「ルー」という名で呼ぶ人物は、家族を除けば彼一人だけだった。

「レイ」

 にっこりと笑って名を呼べば、隣に立つ白いタキシードに身を包んだ長身の相手、レイノールは、うれしそうに目を細めて笑い返してくれる。金色のかみはステンドグラスから舞い落ちる光で輝いていた。強い意志を感じさせるひとみが印象的な顔には、いつもの少し子どもっぽい陽気な表情ではなく、優しさと喜びに満ちた笑みがかんでいる。

 心から自分を愛してくれていることを感じさせる彼の笑顔に、ルーティエの胸には一層幸せな気持ちがき上がってくる。視界のはしにはにこにこと微笑ほほえんでいる両親と兄弟の姿が映る。ルーティエよりもはしゃぐイネースの姿をとらえ、無意識に笑みがこぼれ落ちた。彼らの顔からは、一様にルーティエの幸せな未来を信じてやまないことが感じ取れた。

 半年ほど前、彼に好きだと、結婚して欲しいと言われたとき、ルーティエはすぐには返事をすることができなかった。レイノールのことがきらいなわけではない。むしろ、長年いつしよに暮らしてきたレイノールに、実の兄に対するものと同じような親愛の気持ちをいだいていたからこそ、結婚することなど正直考えたこともなかった。

 まどうルーティエの背中を押したのは、両親たちだった。ルーティエのためにも、そしてフロレラーラ王国のためにも、レイノールと結婚するのが最善なのだと語った。兄も弟ももろを挙げて大賛成をした。

 特に弟のイネースは、レイノールと結婚することを当人であるルーティエよりも喜んでくれた。レイノールだったら大切な姉を絶対に幸せにしてくれる、安心して任せることができると、なやむルーティエの背中をぐいぐいと、を言わせない態度で押し続けた。

 そうしてルーティエはレイノールとの結婚を決めた。最初はこんわくしていたものの、じよじよに受け入れられるようになってきている。今はまだこいを知らなくても、愛がわからなくても、共に過ごしていくうちにいずれ夫となった人をしたい、愛することができるだろうと考えるようになった。

 今日から、レイノールはルーティエの新しい家族になる。不安や戸惑いも確かにあったが、それ以上の喜びに満たされていた。家族やたみに祝福され、いちに自分を愛してくれる人と結婚することが、ルーティエにとっての一番の幸福なのだろう。

「では、この国、フロレラーラ王国を守護する花のがみ、フローティアにちかいをささげてください。夫となる者、アレシュ王国第一王子、レイノール・アレシュ。なんじは妻となる者を愛し、いつくしみ、共に人生という名の美しい花を咲かせていくことを女神に誓いますか?」

 フロレラーラ王国での結婚式の際に使われる口上を、祭壇の前に立つ神父がげんともなった口調で告げる。レイノールはルーティエをいちべつして柔らかな笑みをこぼした後、しんけんな表情で神父へと視線を移す。

 りんとした瞳には、王子という立場に相応ふさわしい強い光が宿っていた。彼が小さくうなずくと、あごの辺りで切りそろえられたきんぱつれ動く。

「はい、誓います」

 すずやかな音色が、せいじやくに満ちた教会にひびわたる。迷いなどいつさい感じられなかった。

 神父の視線がレイノールからルーティエへと移動する。ブーケをにぎり直したルーティエの顔からは、いつの間にか笑みは消えていた。

「妻となる者、フロレラーラ王国第一王女、ルーティエ・フロレラーラ。汝は夫となる者を愛し、慈しみ、共に人生という名の美しい花を咲かせていくことを女神に誓いますか?」

 はい、誓いますと頷こうとして、けれど、意思とは反対に体は動かず、声ものどの奥から出てこなかった。今頃になって一気に緊張があふれ出てきたのだろうか。

 どうしてと、声にならない疑問が頭の中をけめぐる。不安なんて感じる必要性はない。新しい道、困難はもちろんたくさんあるだろうが、それでもレイノールがいればだいじようだと信じていた。彼が一緒ならば、絶対に幸せになれる。不安なんてない。

 だが、本当にそうだろうか。不安など欠片かけらもなく、ルーティエはこの先幸せになれるのだろうか。

 何かを、だれかを簡単に傷つけてしまえるような能力を持つルーティエが、幸せになれるのだろうか。いや、大切なものをこわし、大切な人を傷つけたことのあるルーティエが、当たり前のようにこのまま幸せにしてもらっていいのだろうか。

 ぐるぐると頭の中をいやな感情が回っていく。開いた口からは望んだ言葉が出ず、ただ浅い呼吸がり返されていた。静寂が耳を打つ。

 大丈夫、緊張しているだけだ。変なことを考える必要などない。頭の中で自分にそう言い聞かせたルーティエは、胸の奥底にとつじよ湧き出た黒い感情をき出すように深呼吸を一度してから、努めて平静に声をつむぐ。

「はい、誓い──」

 誓います。そう告げようとしたルーティエの声は、本心と裏腹に最後まできちんと紡がれることはなかった。二度と、そして永遠に。

 大きな音を立てて、閉められていた教会の扉が外から開け放たれる。祭壇に向けられていた視線が、一気に音の発生源へと移る。ルーティエもまた、半開きだった口を閉じて扉へと顔を向けた。

 扉を開けて入ってきたのは、フロレラーラ王国の団の人間だった。ルーティエには名前はわからなかったものの、四十半ばほどの騎士の顔は王宮の中でいくも見かけたことがある。

 遠目だが、険しい顔をした騎士は全身にを負っているように見えた。ふらふらとした足取りで教会の中に入ってくると、すぐに床へとたおれ込む。小さな悲鳴があちこちから上がった。

「一体何の騒ぎだ? その怪我はどうしたんだ?」

 床に倒れ込んだ騎士に誰よりも早く近付いた国王は、神聖な教会の結婚式をさえぎったことをとがめるよりも彼の怪我をまず心配する。全身傷だらけ、顔や体を血で染めた騎士は、よろよろと上半身を起こして最後の力をしぼるように言葉を紡ぐ。

「突然、国境にていこくの兵士が……押しとどめる間もなく……王都まで……」

 がくりと、騎士の体が床にくずおれ、そのまま動かなくなる。教会内から再度悲鳴が上がるよりも、扉から一気に兵士がなだれ込んでくる方が早かった。

 黒いよろいで体をおおった兵士たち。それがフロレラーラ王国と山脈をへだてた位置にあるりんごく、オルガ帝国の兵士であることは、誰の目から見てもいちもくりようぜんだった。

 大勢の兵士があっという間に教会の中にしんにゆうし、参列者を次々にこうそくしていく。

「フロレラーラ王国は、今この瞬間をもってオルガ帝国の属領となった。今後はオルガ帝国皇帝、サーディス・エリシャ・ケト・オルガ様がこの国を支配する」

 武装した兵士の一人が高らかに告げた言葉に、教会の中に大きなざわめきが発生する。そんな鹿な、ありえない、信じられない、悪夢だ。口々に発せられる声に、「ていこうするな!」とさけぶ兵士たちのせいかぶせられる。

 父や兄、弟の声が遠くから聞こえる。参列者の悲鳴とそうおんとで、教会内は一気にそうぜんとなる。先ほどまでの幸せな空気など、すでにあとかたもなく消え去っていた。

「ルー、早くこっちに!」

 不意に横からあせった声が投げられる。あわてて視線を向けると、そこにはどうようした様子のレイノールの姿があった。彼の手がルーティエのうでつかもうとして、しかしそれよりも早くばやく近付いてきたアレシュ王国騎士団の数人がレイノールを取り囲んだ。彼の護衛として結婚式に参加していた者たちだ。

「レイノール王子、すぐにこの国からだつしゆつを!」

「急いでください。オルガ帝国にあなた様がつかまるようなことは絶対にけなければ!」

「わかっている。だが、ここにいる人たちをほうっては行けない。全員が無理でも、せめてルーだけでも俺と一緒に連れて行かないと!」

「残念ですが、ルーティエ様のことはあきらめてください。我々はあなた様が第一です。失礼ながら、足手まといになる者を連れては行けません」

 きっぱりと告げた騎士に言い返そうとしたレイノールを、騎士たちは「失礼します」と半ばかかえるような形で引きずり出す。レイノールは抵抗するものの、おおがらな騎士数人に力ではかなわず、あっという間にルーティエから引きはなされていった。

 くやしそうな、悲痛にゆがんだレイノールの口が小さく動く。

 ──絶対に、何があっても絶対に、俺が君のことを助ける。この国のことを、絶対に救ってみせるから。

 声にならなかった言葉。返事をすることも、頷き返すこともできず、レイノールは騎士たちに引きずられ、まどう人々の中へと消えてしまう。

「姉様! ルー姉様!」

 耳に飛び込んできたイネースの叫び声に、レイノールが消えた方向を見つめていたルーティエははっと意識を取りもどす。兄とイネースが自分の名前を呼ぶ声が聞こえてくる。視線を向ければ、こちらに駆け寄ろうとしていた二人が、帝国の兵士に拘束されている姿が見えた。

 両親の姿は見えなかったものの、どうやら教会の中で暴力が振るわれている気配はない。兵士たちはみな武装しているが、この場にいる人間をできるだけおん便びんに拘束するよう指示されているのだろう。

 あのとき神父の問いかけにすぐさま「誓います」と頷いていれば、この先の人生はちがったものになっていたのだろうか。怒声と悲鳴とが耳をす中、ルーティエはぼんやりとそんなことを考える。

 逃げるというせんたくはない。王族が敵に背中を見せて逃げることなど許されない。何より家族を、国民を捨て置いて逃げることなどあってはならない。だが、そんな第一王女としての自負だけが理由ではなかった。

 ルーティエのすぐそば、先ほどまでレイノールがいた場所には、真っ黒なローブを頭から足元まですっぽりとかくすように身に着けた人物が立っている。こちらには向けられてはいないものの、手にはき出しの剣が握られており、ルーティエが逃げ出そうとすればその切っ先が突き付けられることは容易に想像できる。

「……どうか抵抗しないでください、ルーティエ第一王女。素直に従っていただければ、あなたも、そしてあなたのご家族も傷つけることはいたしませんから」

 レイノールよりはいくぶん高い、んだ静かなこわいろが黒衣の人物から発せられる。表情はローブに隠されていて見て取ることはできない。声から察するにルーティエと同じくらいのねんれいの青年、いな、まだ少年と呼んでも差しつかえのないこわだった。

「この国の民のためにも、今もこの先もけいそつな行動は取らないことをおすすめします」

 ステンドグラスから照らされた光で、黒いローブをかぶった人物の手にある銀色のやいばがぎらりと冷たいかがやきを発する。ていねいな口調に反して声音はどこまでも無機的で、たんたんとしていた。感情の色がにじまない声は、ルーティエの心から温度をうばっていく。

 何か言おうとルーティエが口を開いた直後、強い風が教会内をける。黒いローブがふわりとかび、隠れていた相手の顔が見えた。

 目に飛び込んできたのは、白い仮面だ。

 顔の上半分、目元を完全に隠した異様な姿にぎょっとして、けれどルーティエの半開きの口から悲鳴が出ることはなかった。

 細いあごの上にあるうすくちびるは、横に引き結ばれている。仮面に隠された表情はわからない。だが、どうしてだろうか、ルーティエには相手が悲しんでいるように見えた。

 いや、きっと気のせいだ。め入ってきた相手、幸せなけつこん式を壊した人物の一人。泣きたいけれど泣けない、そんな自分自身の感情がかんちがいをさせているのだろう。

 いつの間にかルーティエの手の中から落ちていたブーケは、逃げまどう人々にみつけられ、ざんな姿を大理石の上にさらしている。それはルーティエの一度目の結婚式を、最後まで行われることなく壊された結婚式をしようちようしているかのようだ。

 こうしてルーティエ・フロレラーラの一度目の結婚式は、最悪な形で幕を閉じる。

 そして、この一週間後、人生で二度目となる結婚式を行うことになるなど、このときのルーティエには想像すらできなかった。できるはずもなかった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • とらわれ花姫の幸せな誤算 仮面に隠された恋の名は

    とらわれ花姫の幸せな誤算 仮面に隠された恋の名は

    青田 かずみ/椎名咲月

Close