【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。4

第2話 【案件】和泉ゆうな、新しい仕事をもらう

「あ、遊くん。ちょっと待っててね!」

 結花はそう言って、着信音の鳴ってるスマホを手に取り、ソファから立ち上がった。

 俺はリモコンを操作して、二人でのんびり観てた録画アニメを一時停止させる。

 文化祭の翌日――那由は海外に、勇海は地元に、それぞれ戻っていった。

 いるだけでトラブルを巻き起こす二人が帰ったら、部屋ががらんとしちゃったなぁ、なんて思っていた矢先の電話。

 となると、当然……疑うべきは那由だ。

 あいつはこういうタイミングで、間髪入れずいたずらを仕掛けてくる。

 伊達に兄妹やってないからな。あいつの行動パターンなんて、お見通しだ。

 ってことで――俺は結花の電話に、じっと聞き耳を立てる。

 那由の発言を放っておいたら、十中八九、ろくなことにならないもんな。

「昨日はすみませんでした!! ……あ、はい! 文化祭は無事に終わりました、ありがとうございます!」

 ……違った。

 ごめん、那由。

 普段の素行が悪すぎて、完全に犯人だと思ってたわ。普段の素行が悪い方が悪いけど。

 そんなわけで、那由の件は完全に冤罪だったけれど。

「えっと、らんむ先輩からも電話でちらっと聞きましたけど……新しい仕事……はい」

 気になるフレーズが聞こえてきて、俺はピクッと反応してしまう。

『らんむ先輩』とか、『新しい仕事』とか。

 これって、ひょっとして――ゆうなちゃん関係の電話?

 大手企業が社運を賭けて展開しているソーシャルゲーム『ラブアイドルドリーム! アリスステージ☆』――通称『アリステ』。

 俺が愛してやまない最高のゲームの、宇宙最強の推し・ゆうなちゃんに関する速報なんて……胸が高まってしまう。

 だって俺は、ゆうなちゃんの一番のファン。

 ファンレターを送った数では誰にも負けない――ペンネーム『恋する死神』だから。


「……え? わ、私が!? らんむ先輩と、ユニット……ですか!?」

「ユニット!?」


 反射的に大きな声を出してしまい、俺は慌てて自分の口を手で塞いだ。

 結花もおたおたしながら、自分の唇に手を当てて「しー」ってジェスチャーで注意してくる。

『――ん? ゆうな。ひょっとして、誰かいる?』

「い、いないです! ここに誰もいませんよ?」

『でも今、誰かの声が聞こえたような……』

「きゃーお化けーこわいー」

『……あ。ひょっとして、ゆうな。例の「弟」さんなんじゃ……』


 ――――プツッ。


 結花が目にも留まらぬ早さで電話を切って、スマホをソファ目掛けて放り投げた。

「あ、危なかった……もう少しで、怪しまれるところだったよ……っ!」

「ご、ごめんね結花……でも、唐突に電話を切っちゃうのは、限りなく怪しい気が……」

「うー……そっか。自分で言うのもなぁって思うんだけどね? ほら、『アリラジ』で『弟』トークをしまくってるでしょ、私? だから久留実さん――マネージャーさんってば、すっごく私の家庭事情を気にしてるの!」

 そりゃあ、あれだけしっちゃかめっちゃかなトークしてれば、そうもなるよ。

 なんならマネージャーさんだけじゃなく、掘田でるとかも相当心配してると思う。

「そういうわけだからね? 申し訳ないんだけど……」

「分かってる。ちゃんと反省して……電話は気にしないし、もう声を出したりしないよ」

 そもそも、この電話を聞くこと自体――ファンとして越権行為だしな。

 俺は結花と、婚約関係にあるけれど。

 あくまでも『恋する死神』は、和泉いずみゆうなを応援する――一ファンにしか過ぎない。

 だから、気になるけど。

 めっちゃくちゃ、どんな話が来てるのか、気になるけど!

 ――ここはおとなしくしてるのが、正しいんだと思う。

「……うー。そんな、しょんぼりした顔しないでよぉ」

「あ、ごめん……気にしないで。俺はちゃんと、我慢できるから。我慢するのが……俺の務めだって理解してるから」

「…………うーん」

 しばらくアゴに手を当てて思案したかと思うと。

 結花はソファに放り投げたスマホを、そっと拾い上げた。

 そして結花は、再びRINE電話に出ると。

「あ、もしもし、久留実さん? すみません……ちょっとスピーカー設定にしてもいいですか? ちょっと昨日の文化祭で、手が疲れちゃって」

 さっきまで普通に電話をしていたはずなのに。

 そんなことを口走ったかと思うと、結花はスマホスタンドに自分のスマホを置いて、小さく舌を出して呟いた。


「ちょっと疲れたから、スピーカーにしたけど……たまたま、だからね? 別に遊くんがしょんぼりしてたから、聞こえるようにしたわけじゃないんだからね?」


 ツンデレみたいなことを言って、はにかむように笑う結花。

 ――ありがとうね。

『建前』を使ってまで、俺に気を遣ってくれたことに……俺は本当に感激する。

 絶対に静かにしてるから。

 結花――打ち合わせ、頑張ってね。


   ◆


 ――そして、結花とマネージャーさんの打ち合わせがはじまった。

「もしもし? すみません、スピーカーに設定変えました! さっきは電話が切れちゃって、ごめんなさいでした!」

『いや。切れたっていうか、ゆうな……切らなかった?』

「いえ、そんな! 急にスマホが、すべて嫌になったみたいに再起動しました!!」

 それ、故障だよ。

 さすがは結花。言い訳があからさますぎて、怪しさしかない。

 こんな分かりやすい言い訳、信じる大人なんているわけが――。

『そっか……ゆうな。早めに携帯ショップに行きなよ? 連絡が取れなくなったら、色々と大変だから』

「は、はい!」

 信じちゃった。

 さすがは、和泉ゆうなのマネージャー。

 声色は大人の女性なのに、こんな明らかなフェイクに引っ掛かるとは。

 こうでもなきゃ、天然な結花のマネージャーは務まらない……のかもしれない。

 ……ともかく、どうにか誤魔化したところで。

 口を噤んでいる俺の前で、結花とマネージャーさんが会話を続ける。

「えっと……それで。さっき言ってた、らんむ先輩とのユニットの件なんですけど……」

『うん! 改めて――おめでとう、ゆうな! らんむとゆうなのユニットで、新曲を発表することが決まったよ!!』

 パチパチパチと、スピーカーの向こうから拍手音が聞こえてくる。その熱量は、スピーカー越しにも伝わってくるほど。

 結花はそんなマネージャーさんの対応に、照れたように頬を掻いて、「えへへっ……ありがとうございます」なんて小さく呟く。

みやらんむと和泉ゆうなのユニット――ユニット名は、未定なんだけどね。CD発売と、その宣伝を兼ねたインストアライブの開催が、既に企画されてるわ。しかも、なんと五地域でのインストアライブ!!』

「し、CD!? イ、インストアライブ!? しかも五地域……凄すぎて、どう反応したらいいのか分かんないです……」

 結花が言葉を失ってるけど、その気持ちは痛いほど分かる。

 だって一ファンでしかない俺ですら、一瞬――意識が飛んだもの。

 嬉しすぎて、三途の川が見えたよ。

 ――ゆうなちゃんにはこれまで、専用の曲なんて存在しなかった。

 急きょ出られなくなったキャストの代わりに、一度だけライブに参加して、みんなで『アリステ』のテーマソングを歌う機会はあったけど。それっきり。

 ファンとしては残念だけど……同時に「仕方ない」とも思ってた。

 百人近いアリスアイドルがいる『アリステ』内の人気投票で、ゆうなちゃんの最新順位は三十九位。

 俺内ランキングではダントツの一位だけど――商業的に三十九位である以上、優遇されないのはやむをえないことだ。

 そんなゆうなちゃんが、最新の人気投票六位――通称『六番目のアリス』らんむちゃんの声優・紫ノ宮らんむとユニットを組んでインストアライブとか……寝耳に水すぎる。

 しかも五地域!

 具体的な場所は分かんないけど、きっと地方遠征もあるんだろうな。

 突然のVIP待遇。

 こんな急展開……当の結花にしてみれば、びっくりしすぎて何も言えなくなるなんて、無理もない。

「えっと……らんむ先輩は『八人のアリス』に選ばれてますし、人気的に分かります。でも……どうして私が? ゆうなのランキングは、全然高くないのに……」

『あー……まぁ、そう思うよね』

 結花が当然の疑問を口にすると、マネージャーさんが少し言い淀んだ。

 それから、ちょっと間を置いて――言いにくそうに答えはじめる。

『ゆうな、何回かラジオに呼ばれてるでしょ? でるや、らんむがゲストの回に』

「あ、はい! 三回も呼んでもらえて、すっごく嬉しかったです!!」

『そのとき、どんな話をしたか……覚えてる?』

「え? 『アリステ』の話とか……あ、事務所トークしましたね! 掘田さんもらんむ先輩も、同じ事務所の所属ですから!!」

『……うん。確かにそうね。「60Pプロダクション」の所属同士だもんね。でも……思い出して? もーっと、頻繁に、ゆうながしてる話題が……あるよね?』

 ――ひょっとして、それって。

 俺は物凄く嫌な予感を覚える。

「……まさかと思いますけど。『弟』のこと、言ってます?」

『……まさかと思うかもしれないけど、そうよ』

 おそるおそる口にした結花の言葉に、マネージャーさんが即答する。

 若干、ため息交じりな気がしたけど……多分、気のせいじゃないんだろうな。

『ゆうなは好き勝手喋るし、らんむは変な方向で切り込むし、放送事故ぎりぎりだーって、わたしは本当にお腹が痛くて仕方なかったんだけど! ……あのトーク、実はコアな人気を博してるの。「声優たちのやばいトーク」なんて、色んなところで取り上げられて』

「え、そうなんですか!?」

 あー……確かに。

『アリステ』ファンの一部層に、ゆうなちゃん&らんむちゃんペアのラジオ放送って、めちゃくちゃ刺さってるんだよな。

 まとめサイトにも取り上げられてたし、コメント欄は「ゆうなちゃん天然すぎて可愛い」とか、「らんむ様が喋ると空気が地獄すぎて草」とか、「掘田でるかわいそす」とか――めちゃくちゃ盛り上がって、なんなら軽くバズってたっけ。

 当の『弟』本人としては、さすがに笑えなかったけど。

『そんな「アリラジ」の注目株である二人で、ユニットを組んでみよう――って、企画が打ち出されて。うちの事務所的には、若手二人を同時に売り出すこんなチャンス、断る理由がないし。だから――』

「はい! 私……精一杯、頑張りますっ! 頑張りたいです!!」

 マネージャーさんの言葉を遮って、結花がはつらつとした声色で言った。

 ソファの隣に座ってる結花の瞳には――めらめらと、やる気の炎が燃え上がってる。

 そうだよな。結花にとって、これは千載一遇のチャンス。

 気合いの入り方も……凄まじいものだろうね。

『うん。ゆうならしい反応で、安心したよ。らんむもね、あなたとのユニットを、本当に楽しみにしてたよ。らんむは前から、ゆうなのこと……すごく買ってるからね』

「え、らんむ先輩が――私を?」

 マネージャーさんの発言で、結花の表情が花開くみたいに、ぱぁっと明るくなった。

 憧れの先輩に褒められてるなんて知ったら、そうなるよな。

 ユニットデビューも決まって、先輩にも褒められて、本気で嬉しそうにしてる結花を見てると……なんだか俺まで、ほっこりした気持ちになってきた。

 一ファンなのに、電話を聞かせてもらった申し訳なさはあるけれど。

 それ以上に――結花と嬉しさを共有できて良かったって思う、自分がいる。

 よーし、それじゃあ今夜は、お祝いに高い肉でも買ってこようかな。

 …………なんて、呑気なことを考えてると。


『ってわけで、「弟」トークがバズっての今回ではあるんだけどね。ごめん――マネージャー的には、その「弟」さんのこと、めちゃくちゃ心配してるの。だから、お願いゆうな。このプロジェクトがはじまる前に、一度……「弟」さんと、会わせてくれない?』

「……え?」


 マネージャーさんの一言に、結花が固まる。

 そして『弟』こと俺も――同じように、固まってしまう。

 え、俺……マネージャーさんと会うことになるの?


 なんていうか…………波乱の予感しか、しないんだけど。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 1

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 1

    氷高悠/たん旦

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 2

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 2

    氷高悠/たん旦

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 4

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 4

    氷高悠/たん旦

Close