薔薇のマリア 19
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

薔薇のマリア 19

トマトクンの復活で、悪魔たちへの反撃が始まる!!
著者: 十文字青 (著者) / BUNBUN (イラスト)
シリーズ:薔薇のマリア(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

マリアたちの決死の敢行で“獄の獄”から肉体を取り戻したトマトクン。多くの戦士が倒れてゆく地上に駆けつけ、悪魔たちを押し戻していく。しかし、優勢だったのもつかの間、悪魔大公が再びその姿を現す!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    終わりに向けた盛大な準備は整ったか。十文字青作品に出てくるキャラはどいつも好きなやつばっかりでその人物達がどんどん死んでしまうのはツラいものがある。悲惨な状況の中で進んでいく人間関係。多くの恋があったけどやっぱりアジアンとマリアの極限愛に勝るものはないのかもしれないな。死んでしまった人、生きている人多くのドラマがあったこの作品がどんな終わりを迎えるのか楽しみでもあり、寂しくもある。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まろりん

    とうとうここまで読んでしまった。次巻が最終巻。真相が知りたいと同時に終わってしまうのも寂しい…!!とうとうのキング・グッダー登場で。なんつーか無茶苦茶な人ですね。マリアとアジアンの再会も、戦闘描写がぎっしりなのに対比して、改行されているのは時が止まったかのような静謐さを感じるなあ。でもその後いつも通りのパターンなのはある意味微笑ましい。群像劇的にも、荊王、ファニー・フランク、チーロ達、昼飯時&番人達、エヴァンジェリンとお師匠様、モリー、リルコ、ZOOメンバー、皆名前覚えてるし大好きだ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 紅羽

    もう一人も失わないで欲しい。そんな祈るような気持ちで読んだ19冊目。トマトクンが復活しても一気に事態は好転する事もなく、崖っぷちな状態の中、マリアローズとアジアンの再会シーンは心が震えました。いよいよ次で完結。その前に長らく積んでいた既刊を読めて良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 成瀬雯悟

    泣けるシーンが多すぎる。必死で孫を守ろうとするおばあちゃん。どこまでも皆の太陽であり続けるファニー・フランク。カタリ、アジアンとの再会。アジアンを人形呼ばわりしたグッダーにキレるマリア。グッダーに次々と啖呵を切っていく仲間たち。皆を助けてほしいと泣きながら暴れるきゅー。そしてなんといっても、薔薇マリ史上屈指の名シーンと謳われる荊王の最期。飛燕やマリアを思い浮かべ、締めくくりに夕空を飛ぶ蝶の夢を見ながら、「悪くない」と思いつつ事切れる。あらゆる創作物の死に際を比べても、これに勝るシーンはない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 霧屋

    怒涛の展開。生き死に愛に戦い、凄く濃かった…。事務所のシーンではしんみり切なく、アジアンとの再会のシーンではテンションが上がりました。王様に文句付けるマリアさすが。次巻で完結ということですが、一冊でどう纏まるのかな?マリアの秘密が明かされるのが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK