葵
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

著者: 野村美月 (著者) 竹岡美穂 (イラスト)
シリーズ:ヒカルが地球にいたころ…

みんなのデータ

  • 29
  • 12
  • 甘酸っぱい
  • 感動した
  • 泣ける
  • カワイイ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • 海猫

    よくありがちな設定ながらちゃんとオリジナリティー溢れる話に仕上げる力量がさすが。人物の心の動きの描きように上手さ自然さがあって実にストーリーに入りやすい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • コリ

    友情も恋も含めて素晴らしい青春モノ。主人公の是光の一生懸命な姿勢が凄く気に入った。これからもきっと活躍してくれるに違いない。そして帆夏にどうか幸せを! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そのぼん

    第1章、いきなりお葬式シーンだったので、驚きました。そのお葬式をされている側の美少年が幽霊となり、ヤンキー風の少年に取りついて・・・ってところから話が広がっていきました。結構重い話になりそうですが、その辺はライトノベルってこともあってラブコメっぽい要素もあり、暗くなりすぎずに読めました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろり - しろくろりちよ

    「皇子」ヒカルの幽霊の願いを叶えることになった、ヤンキー面の是光。一つ目の願いは「婚約者の葵さんに、七つの誕生日プレゼントを渡すこと」。ヤンキー面で誤解されがちで友だちもいなかった是光が一所懸命走り回るところに、ありがちな設定だとは思いつつキュンとする。でもミステリ要素は少なめ…。「ミステリアス学園ロマンス」と歌われるのだから、これからいろいろあることに期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひめありす@灯れ松明の火

    待ってました!の新刊です。誤解されながらも一生懸命に頑張る是光が良いです。ヒカルの葵の互いを思っているのに上手に伝えられない不器用さが愛しく、また最後の贈り物のシーンではヒカルのはかなくも優しい気持ちが切ないけれど温かく胸に伝わってきました。もしかしたら『源氏物語』の光る君も葵の上にこんなささやかで平凡な幸せを贈りたかったのかな、と思ってしまいました。気になったのは、もう一つモチーフにした物語。私には宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』か『黄いろのトマト』に思えるのですが。あ、あと式部さんが可愛い! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/06/10
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784047272811

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
  • 甘酸っぱい
  • 感動した
  • 泣ける
  • カワイイ
  • 切ない
  • 笑える
  • 胸アツ
  • 爽快
  • 奥深い
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル