蒼穹のカルマ 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

蒼穹のカルマ 6

ものすごく幸せそうな顔をしながら鷹崎駆真、死亡!?
著者: 橘公司 (著者) / 森沢晴行 (イラスト)
シリーズ:蒼穹のカルマ(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

臨時のニュースです。本日、蒼穹園中央都にて、鷹崎駆真さん(17)が遺体で発見されました。詳しい死因は調査中とのことですが、現場には大量の血が確認されていることから、出血多量によるものと推測されています

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • KUWAGATA

    カルマがついに表紙で変態であることをカミングアウトしました! 6巻の内容を私なりに要約すると、「世界の中心に変態がいるひぐらしのなく頃に」という感じ。アリサが梨花ちゃま。個人的には、カルマよりもマキナの方が、人間臭くて共感が持ててしまいます。まだ厨二を引きずってるんだね…。一押しキャラのウタが、ここに来て驚くべき能力を見せてくれたけれど、基本出番が少なくてちょっとがっかり。ウタ可愛いのに。しかしこの作品、軸がぶれてるのかそもそも軸が存在しないのかさっぱり分からない。そういやカルマ、まだ失業状態なんだね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KEI

    購入。これは酷い・・・(誉め言葉)。どんなにフリーダムな内容で、どう考えても悪ふざけな表紙&あらすじだが、概ね物語がその通り進むから、この作者の力量は末恐ろしい。しかもサラッとラスボス候補まで出したし、これからも目が離せない作品だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • METHIE

    カルマの死を回避するために、一人ずつ5年後の世界からアリサがやってくるバカバカしいというか読んでいて疲れるというかうんざりするというか、それでも面白い話。 犯人が誰かというのは大体分かるよね。 デート・ア・ライブの狂三の元ネタというか鳶一もいるしなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タカユキ

    あまりにもカルマらしいカルマの死因と、ポテンシャル高すぎなアリサが楽しいので許す。というか良いぞもっとやれ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Monto PASO

    タイムリープ物。前回あれだけカッコよかったカルマさんが、またもやネタキャラっぽくなってしまった。リサがあからさまに怪しかったけど”呪い”というワードで、ちょっとだけ鳶一も疑ってしまった。鳶一ごめん。ところで今回は一冊で物語が一区切りされません。このままリサがラスボスになるのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK