ぱんどら
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぱんどら

高校生・冨士山キヨタカは、ちょっと目つきが悪いだけの、平凡な高校生……のはずだった。謎の箱を開けてしまうまでは――。
著者: 西野かつみ (著者) / 蔓木鋼音 (イラスト)
シリーズ:ぱんどら(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高校生・冨士山キヨタカは、ちょっと目つきが悪いだけの、平凡な高校生……のはずだった。だけど、ある日夢の中(?)で不思議な体験をしてから、キヨタカの日々は一変した。フードを被ったお子様体型のクラスメイト・穂村ハルマには下僕になれと命令され、よく分からないままに謎の箱を開けるための儀式の手伝いをさせられることになる。箱を開けることには成功するが、そこから飛び出した何かはキヨタカと融合して――「封印兵器、パンドラです。よろしくお願いします」災厄っていったいなにごと!? 学園魔術(?)コメディ開幕! ラブもあるよ!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • たこやき

    災厄を回収して……という形はついているものの、一撃必殺かつ駆け足なのでそこがメインではなく、その中でのキヨタカとハルマのやりとりメインというところか。それぞれ場面の切り替えなどで、テンポを確保しているのは良いが、まだ話として導入という印象。どういう感じになるのか、は、2巻以降か。母&妹が凄すぎる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • エノキ

    平凡な作品。ヒロインであるハルマは、可愛いと言えば可愛いが、それまで。他のキャラも個性的ではあるものの、魅力的とは言い難い。肝心のストーリーは無意味にバトルをしていて、そのバトルも非常にライトなもので、特筆すべきことは特になし。ラブコメはというと、非常に薄い。というか、ラブが殆どない。ちょっとでも面白いという感想をまったく抱けなかった。わざわざ時間を割いてまで、読む必要がなかったなぁというのが、素直な感想である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nemutage

    一部頭が悪くなりそうな表現混じってるものの呆けた頭には優しかった 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゾンビ屋ろめろ

    キスに至るまでを逆算して展開を作るのは面白いけど、本当は『パンドラバスター!』って言いたかっただけちゃうんかい。あと主人公のキャラと絵柄が合ってない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Ask_KY

    蔓木さんの絵に惹かれて。ちょっち失敗したかも。展開も急だし、設定も突飛だし、正直読者を置いてけぼりにしすぎ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/06
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840128087

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK