奏でる少女の道行きは 黄昏色の詠使い2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

奏でる少女の道行きは 黄昏色の詠使い2

自分の進むべき道。それを探す召喚ファンタジー!
著者: 細音啓 (著者) / 竹岡美穂 (イラスト)
シリーズ:黄昏色の詠使い(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

夏の移動教室へきたクルーエルとネイトたち。クルーエルは、ウキウキする反面、自分が使う召喚術・名詠式への悩みを抱えて複雑な気持ちだった。そんな中、移動教室の近くの研究所で人が石化する事件が起きて……!?

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    再読。ネイトがすごくヒロインしてますね。今回は祓名民でありながら名詠式を学ぶボーイッシュ少女エイダがメインとなる話。人物の心理描写が相変わらず丁寧で読んでいて引き込まれる。ネイトだけでなくクラスメイトたちにスポットを当てることで作品に広がりを持たせるっていうのはいいな。ただその分カインツたちといったメインメンバーの出番が極端に減るのが残念ですが。まぁ盛り上がるのはここからなので次巻を読みましょうかね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雨ヨ@感想後まわし;

    最初から決められた道を歩む者っていうのは選択が無く楽なのか窮屈なのか。エイダはしかもその道がドンピシャだったのがまた悩ましかったのだろうな。一度離れてみて分かることってある。道を2つ選んだのはエイダらしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たく@ぼっち党員

    表紙の右側、エイダがメイン。素晴らしいね。二巻にしてこの熱さ。葛藤の果ての決意を胸に、少女は…。最後のオチもいい。素敵。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カインズ

    【討て、友守るため】名詠式が根幹をなしていた前巻と打って変わって、武闘派少女が大活躍する巻。己の道に確固たる自信を持てないながらも、自らの大切なものを守るために決心する姿が胸を打つ。他人と違うということの恐怖、排斥されることへの不安、そんなものを払拭するクラスメイトの暖かさはいかばかりか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 仔羊

    作品の半分ほどがバトルものであるにもかかわらず、こんなに心に響くのはなんでだろう…。二つの別れた道に迷うエイダの決意が丁寧に優しく紡がれていて戦闘中でもとても感動しました。ネイトくんとエイダさんの境地は似ていて今後に助け合うこともあるのでしょうか。何気に凄くなっていたクルーエルさんとも合わせて期待を膨らませて次巻へ… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK