狼と香辛料
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

狼と香辛料

第12回 電撃小説大賞<銀賞>受賞作 行商人・ロレンスと、狼神・ホロが織りなすエポック・ファンタジー!
著者: 支倉凍砂 (著者) / 文倉十 (イラスト)
シリーズ:狼と香辛料(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

行商人のロレンスは、馬車の荷台で麦の束に埋もれて眠る少女を見つける。 少女は狼の耳と尾を持つ美しい娘で、自らを豊作を司る神・ホロと名乗った。 「わっちは神と呼ばれたがよ。わっちゃあ、ホロ以外の何者でもない」 まるで経験を積んだ大人のような話し方で、ロレンスを巧みに翻弄する少女。 「お前は、本当に神なのか?」 最初は半信半疑だったロレンスも、やがてホロが旅に同行することを承諾する。 そんなふたりの旅に、思いがけない儲け話が舞い込んでくる。 近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。 疑いながらも、ロレンスはその儲け話に乗るのだが……。

みんなのラノベまとめ

  • 楽しいだけじゃない! SEや古典や経済まで学べちゃってオトクすぎ⁉︎ 知識も豊かになる名作ラノベ集
    かつやが作成したまとめ楽しいだけじゃない! SEや古典や経済まで学べちゃってオトクすぎ⁉︎ 知識も豊かになる名作ラノベ集で紹介されています。
    3
  • 支倉先生の作品いろいろ
    トシが作成したまとめ支倉先生の作品いろいろで紹介されています。
    1
  • 「行ってみたい世界」の作品(ノエル賞)
    コウが作成したまとめ「行ってみたい世界」の作品(ノエル賞)で紹介されています。
    3

みんなからのレビュー

  • mitei

    ロレンスの商会との取引が実際のビジネスのような緊張感があって面白かった。あとホロのキャラが気に入った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 流言

    経済×ファンタジーというシンプルながらも鮮烈な骨子。舞台こそファンタジー的な独自の世界ではあるものの、剣にも魔法にも甘えられない中世風な世界観を独り往く行商人の姿は時代小説風とも言える。ロレンスの頭の切れ具合とその斜め上を行くホロの老獪さが痛快ながらも誰にも頼れない行商人のシビアさを感じさせてくれる。本性を露にしたホロに対して「怯えない」ではなく「破った一張羅を返せ」と飽くまで商人としての振る舞いを一貫する点やホロの正体が看破された理由など疑問に対して一つ一つ冴えた理由を用意してあり作者の心遣いが伺える。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 朝夜

    読了。軽いノリで読み始めたら結構頭使う内容で怯みました… 経済ネタやロレンスの商人の心得などキチンと理解しながら読むとかなり面白い内容で最後まで一気に読めました。 ホロの口調や性格がかなり独特だけど慣れると可愛いですね。 続きも気になるので早く読みたいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    発掘再読)ちょっとした日常から大きな陰謀まで、心理戦の応酬。ホロが可愛い 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そのぼん

    ファンタジーもの。結構面白かった。物語は始まったばかりです。続きが気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/02/25
  • 定価
    590円+税
  • ISBN
    9784840233026

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル