恋人以上のことを、彼女じゃない君と。 終
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

恋人以上のことを、彼女じゃない君と。 終

二度目の告白からしばらく、冬は未だに糸と連絡が取れていなかった。落ち着きのない日々を過ごしていると、糸から突然“謎解き”が送られてきた。冬は謎を解いていくうちに、本当の“皆瀬糸”と向き合うことになる。
持崎湯葉 (著) / どうしま (イラスト)
シリーズ:恋人以上のことを、彼女じゃない君と(ガガガ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

大人のモラトリアム“最終巻”。

「ごめんーーちょっと、考えさせて」二度目の告白をした、あの日からしばらく。冬は未だに糸と連絡が取れておらず、落ち着きのない日々を過ごしていた。
通知が来るたびに、もしかしてと思ってスマホを見ては、落ち込む。そんな不毛を繰り返していると、突然糸からメッセージが届いた。『このたび私、皆瀬糸主宰リアル謎解きゲーム「糸ちゃんの挑戦状」を開催いたします。』謎を解いていくうちに、明かされる糸の真意。そして冬は、今まで見つめてこなかった、本当の“皆瀬糸”と向き合うことになるーー。社会から逃げ続けた二人の物語、ここに完結。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海月

    いやー良かったです。 謎解きから始まった今回。告白後だったからこそ思い出からの結ばれかと思ったらそんなことはなくただただ考えさせられる。 実際友達に同じ心境の夫婦がいるからこそわかる話でした。最後の方はホント今までの話の集大成。というよりか伏線がこんなところに散らばっていたのかと。ガガガ文庫作品自分的にはメッチャ株上がりました(笑) いやーもっともっと話し続けて欲しい作品だったからこれで終わりと思うと残念です。他の作品も手に取ってみようかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    予定通りかもしれないけど、最後まで冬と糸との関係をきちんと描き切って良かった。糸の感情がハッキリ分かって、何故あんな関係だったのかもよく理解できた。糸の親からの過剰な関係、決別できて良かったよ。今時あるのかな。特に父親のおかしな愛情は今更ながら気持ち悪いし、母親もステレオタイプな娘の在り方に固執してしまっていて、丁度今日アンコンシャスバイアスの研修を受けたばかりの身にとっては親世代(丁度我々)の闇が垣間見えて震えるばかりだった。二人が二人で幸せに暮らすことを望みます。そんな生き方だってなんの問題はない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    意を決して、改めて糸に想いを伝えた冬。 その返事はまさかの糸に関する謎解きゲーム。 この謎解きゲームに込めた意図の深さたるや凄まじい。 冬に気付いてほしいこと、伝えたいこと、そして根底にある仄暗い感情。 これらが糸目線で語られることでどれだけ家族、世間、冬に苦しめられたかが分かっての結末はこのシリーズのテーマに沿ったもので大満足でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    非常に衝撃を受けた「終」の回でした。前回の感想を見直すと、自分も冬と同様に糸のことを全く考えていなかった。そして今回、脳天気にも「糸ちゃんの挑戦状」を冬とともに考えていたのである。彼女が冬に別れを告げられて以来、どういう思いで過ごしていたのか、それを一切慮ることなく。情けないことこの上ない。ですから、今回は本当に冬に感情移入してしまい彼とともに苦しみながら読み進めることになりました。それだけに辿り着いた結末には大いに納得させられました。名シリーズでした。読み終えて感無量です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    この関係を続けるための冬の二度目の告白。しかし糸の保留から連絡が取れなくなり、そこから思ってもみなかった展開に発展していく第3弾。落ち着きのない日々を過ごしていた冬の元に突然届いた糸からのメッセージ。糸が出題する2人の過去をネタにしたリアル謎解きゲームを解いていくうちに、糸視点で見たら確かにといやでも理解させられてゆく心情。糸のご両親も最後までなかなかあれな感じで、予想もしなかったゲーム自体の結末は少しばかり締まらなくて苦笑いでしたけど、でも本当に信じていいのかと問いたくなるのも分かるような気がしました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/05/20
  • 定価
    814円(本体740円+税)
  • ISBN
    9784094531893

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK