パラケルススの娘 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パラケルススの娘 3

「マダム・ニュイ」と名乗る女吸血鬼が現われ、犠牲者が広がっていた。そして遼太郎の義妹、和音に目をつけた彼女は和音を襲う!
著者: 五代ゆう (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:パラケルススの娘(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ロンドンに「マダム・ニュイ」と名乗る女吸血鬼が現われ、上流階級を中心に犠牲者の環が広がっていた。そして伯爵夫人ヘレンのパーティで遼太郎の義妹、和音に目をつけた彼女は、和音を自らの仲間に加えるべく、兄を慕う和音の心の隙をついて彼女を襲う! 救出に向かう遼太郎!! 一方、ロンドンの霊的均衡を取りもどすため、〈女主人〉と〈評議会〉からそれぞれ要請を受けたクリスティーナとシヴィル・セント・クレアがマダム・ニュイを追う。その最中、クリスティーナとレギーネの秘密が解き明かされる!? 大好評マジェスティックファンタジー!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    遼太郎の天然たらしぶりが……w 和音ちゃん可愛いけど、やっぱりいじらしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TSUBAKI Shin-ya

    確かに和音のキャラは被害者にぴったり。ヘタレ遼太郎のモード切替スイッチがどこらへんにあるのか、いまいちよく分からないような気もする。今回はクリスティーナの活躍はやや控えめ。これくらいがちょうどいいような気もする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 永山祐介

    自分の意思がどれくらいあった状態なのかはわかりませんが、和音の告白は胸を打つものがありました。普段が自分を抑えてしまうタイプであるが故に余計、というところがありますね。薄い夜着と、首筋から滴り落ちる血の一筋。危うさとエロティックさが同居する綺麗なシーンでした。満足。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • isfahan

    和音中心と見せかけて、素直に屋敷への居残りをかってでた美弥子さんの株が急上昇した。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kitten

    図書館本。 今回は、和音の話。というか、吸血鬼回。 新キャラは、霧月、ということになるのかな。まだ生きてるみたいだし、 どっかで再登場とかあるのかも。 ヘタレな兄としては、最後のあの会話が限界なんだろう。 ってか、なんであんなにモテるんだ?w 評価:星3 次はまさかのおばあさま登場? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/02
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840115025

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル