ミミクリー・ガールズ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ミミクリー・ガールズ

機械仕掛けの最強美少女4人組が世界の巨悪を迎え撃つ!
著者: ひたき (著者) / あさなや (イラスト)
シリーズ:ミミクリー・ガールズ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

///第28回電撃小説大賞《銀賞》受賞作///

 2041年。人工素体技術――通称《ミミック》が開発され幾数年。

 作戦中、不慮の事故により重傷を負ってしまったクリス・アームストロング大尉は、素体化手術を受け前線復帰……と思いきや術後どうも体の調子がおかしい。
 鏡に映った自分を見るとそれは白い柔肌にさらさらヘアーの良く似合う――美少女で!?!!?

 謀略と怨嗟が蠢く戦火の陰で突如結成された、4体の少女型素体からなる即席部隊。
 その名は――『ミミクリー・ガールズ』。
 射撃、格闘、潜入。あらゆる分野のスペシャリストである彼女たちに与えられたミッション。それは謎の国際犯罪組織"バル・ベルデ"に狙われた大統領の娘の護衛だった。
 
 クールなティータイムの後は、キュートに作戦開始!
 少女に擬態し、世界の巨悪に立ち向かえ――!

 少女姿の特殊部隊4人組が贈る、痛快ガンアクションコメディ!

パートナーのおすすめレビュー

  • 機械仕掛けの”少女”たちが繰り広げるアクションコメディだよ!

    レオン
    レオン
    第28回電撃小説大賞《銀賞》受賞作は、人工素体技術――通称《ミミック》の少女(?)たちが繰り広げるアクションコメディだよ。

    ミミックが軍事利用されるようになった2041年。バイオティック兵のクリス大尉が、いつものように素体の着替え手術を受けると、十歳前後の金髪白肌少女の姿にされてしまったんだ!

    クリスは【クリスティ】とコードネームを改め、仲間と共に謎の国際犯罪組織「バル・ベルデ」に狙われた大統領の娘メアリーの護衛任務に当たることに。見た目だけではなく、年齢も性別も変わってしまったけど、中身はスゴ腕の軍人男性だからね。少女に擬態して任務をこなすのもお手のものさ。

    だけど少女の姿には慣れず、予期せぬトラブルが起こる。クリスティが追っ手から逃げる際に水上ボートを借りようとしたら、店主に止められてしまったんだ。だけど、無理やりバイクを奪って強行突破。そのまま地形を利用して銃弾を躱しながら敵を誘導し、そこにタイミングを合わせた仲間が見事撃破するのさ。可愛い見た目に反して、やることはまさに軍人で可笑しいんだよね。

    見た目は少女、中身は軍人男性の特殊部隊が真面目に任務をこなすドタバタアクションがギャップ満載で楽しいよ!
  • チームプレーが光る最強美少女4人組!! その中身はもちろん…

    ディアナ
    ディアナ
    今回クリスティと一緒に任務に当たる仲間も、素体化手術を受けたバイオティック兵なんス。彼らも、主人公に負けないくらいキャラが濃いッスよ!

    クリスティの教官で、ランボージイさんと呼ばれるマーリンは格闘の達人なんスよ。銃を使う敵に一瞬で接近し、その頑強な素体をナイフ一本で掻き切るほどのかなりの手練れッス。相当な死線を潜り抜けてきたに違いないッスね!

    スナイパーライフルを構えるは、狙撃の名手ジブリール。彼女は通常なら狙撃不可能とされる標的、1900m先の海上を高速で走る水上バイクですら外さず打ち抜くんスよ! 相手の動きだけじゃなく、風や波を正確に計算していないとできない芸当ッス。百発百中の狙撃手、頼もしい限りッスね!

    青と緑のオッドアイが特徴的なルーシーは、その目で周囲の電波を視認する索敵能力があるッス。そして対象の最大十二秒先を、データをもとに予測する狙撃支援システム《ラプラスシステム》を開発した凄腕の研究者でもあるんスよ。彼女がいれば敵に見つからずに狙撃するのも楽ちんッス~。

    そんな個性豊かなヤツらが力を合わせれば世界の巨悪にだって立ち向かえるッス! 見事なチームプレーにワクワクしっぱなしッスよ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • のれん

    これはラノベ版コマンドーです。 戦争の後遺症に苦しむ現代兵士の苦悩を下敷きに、小隊定石など知ったことか、と並べられる銃器の展覧会。ド派手なアクション、それを日本らしく可憐な人造少女がブッ放す。 実家のような安心感。B級アクション映画のような布石の豪快な回収が気持ちいい。 絵柄は可愛らしすぎるきらいがあるが、銃デザインは元ネタある程度忠実なのもGood。 キャッチャーではありつつも、描きたい銃器アクションのための世界観づくりは分かりやすく丁寧。 デビュー作ながら一定層は見込める作り。中々強かな作品だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 無重力蜜柑

    去年の電撃銀賞作がようやく出た。あらすじから一蘭楽しみにしていたバ美肉ミリタリーSF。第三次世界大戦後の混沌とした世界で合衆国の平和のために戦うエリート軍人が可愛いロリ義体に転生する。ロリ化したエリート軍人ばかりのでチームという着眼点は悪くないが、いかんせん小説だとビジュアル面のインパクトが薄くて勿体無い(幼女戦記もそうだし仕方ない)。あと若干中弛みしてたのとこの手の新人賞にありがちなポッと出の敵が惜しい。とはいえミリタリーネタマシマシで、神の杖や氷山空母まで出て来るので楽しい。応援のために次も買うかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ENTER

    中身はオッサンなんだよね・・・。次に続くようだけど、展開が難しいそう・・・ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    もちろんです、プロですから。個人的にはそこまでかなぁ。TSものといえば身体面を中心とした変化やギャップなどがメインになるのだけど、そういった要素が薄く、むしろミリタリー面のほうがメインとなっている。まぁ、そこはどちらかというと自分の楽しみ方がそこだからってのもあるだろうけど、ガワだけ被せたアメリカ映画みたいなノリになっちゃったかなぁと 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    人工素体技術――通称《ミミック》が開発され幾数年。
作戦中の不慮の事故により重傷を負ってしまったクリス・アームストロング大尉は、素体化手術を受け前線復帰……と思いきやどうも体の調子がおかしい。
鏡に映った自分を見るとそれは白い柔肌にさらさらヘアーの良く似合う――美少女だった!? めっちゃ面白かったです。 戦場で重傷を負った軍人が幼女の素体にさせられ、ニューデルタフォースの一員として、国際犯罪組織のテロにより孤立したアメリカ大統領の娘を本国へ送り届けるために奮闘する話。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/07/08
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784049142198

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK