友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。

青春は恋愛だけではない。けど――。この恋だけは気づかれてはいけない。
著者: 真代屋秀晃 (著者) / みすみ (イラスト)
シリーズ:友達の後ろで君とこっそり手を繋ぐ。誰にも言えない恋をする。(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「青春=彼女を作ること? 青春ってなにも、それがすべてじゃないだろ」
 恋にトラウマを持つ高校生、古賀純也は恋愛よりも友達とわいわい騒いで友情を育むことこそが、青春だと思っていた。
 男女の親友五人組で綺麗な星空を見たり、ファミレスで朝まで駄弁っている今この時こそが、自分達の青春だと。
 ――なのに、どうして俺達は相手が友達でも、恋をしてしまうんだろう。今までどおりの関係じゃいられなくなるかもしれないのに。
 グループ内の一人、成嶋夜瑠が隠していた本音を知ったことで、純也と彼女の間に共犯関係が生まれ、意図せずお互いの傷に触れていく。
 友情と恋心が交差する、まっすぐな気持ちと歪んだ想いをつづった青春恋愛劇。

みんなのデータ

  • 13
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    仲良し男女グループ内での恋愛は人間関係をどう変えるのか?過去の苦すぎる経験によってそれを知り、「友情第一」を掲げる主人公・古賀純也と「恋愛至上主義」を貫くに至ったヒロイン・成嶋夜瑠。ソリの合わない二人が次第に近づいていく展開は実に王道ですが、夜瑠の過去が明らかになってからの熱量の上昇速度が予想外に大きく、関係が激変する最終盤はページをめくる手が止まらず一気にエピローグまで読了。昨今、胃が痛くなる系恋愛小説の傑作が何作も登場していますが、また一つ名作が生まれてしまった…。これからの展開が大いに楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    友達同士の青春か恋人としての青春か。恋にトラウマを持つ高校生、古賀純也は恋愛よりも友達と友情こそが青春だと思っていた。男女の親友五人組での共有空間、今この時こそが自分たちの青春だと。なのに、どうして相手が友達でも恋をしてしまう。今までの関係じゃいられなくなるかもしれないのに。グループ内の一人、成嶋夜瑠が隠していた本音を知ったことで、純也と彼女の間に共犯関係が生まれ、意図せずお互いの傷に触れていく。友情と恋心が交差する、まっすぐな気持ちと歪んだ想いをつづった青春恋愛劇。秘密な展開に震える。次巻も楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    恋愛より友達との何気ない日常を大事だと思っている古賀純也。 そんな純也が男女の親友5人組で楽しい日々を過ごしていたある日、グループの内の一人、成島夜瑠が純也の親友・宮渕青嵐が好きだと相談されることから始まる青春物語。 何故純也が恋愛より友情を大事にするのか、夜瑠が異常なまでに恋愛に固執するのか。 皮肉にも似た経験をした純也は恋愛よりも友情を大切にしていることを知った夜瑠が、純也に友達と過ごす楽しさを教えてもらったが故に訪れる背徳味のある終盤の展開はこの作品ならではのもので、次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    過去のトラウマから恋愛よりも友情を育むことこそが青春だと思っていた高校生・古賀純也。しかし仲良し男女五人グループ内の成嶋夜瑠が隠していた本音を知ってしまい、巻き込まれてゆく青春群像恋愛劇。せめてもうしばらくは友情を大切にしたいと夏休みを満喫しようと計画を立てる純也たち。一方で一人暮らしをする彼の隣に引っ越してきて、彼にだけは本音で話す夜瑠が密かに抱える過去があって、これまで知らなかったこそ自覚してしまった想いはどうしようもないですね…仲良しグループやそれぞれの想いがどうなるのか今後が楽しみなシリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★過去のトラウマから友達グループでバカ騒ぎをやることを何よりも大切に思う主人公と、彼の親友にアプローチをかける内気そうに見える少女とのラブコメ。ジャンルで言えば昨今流行りの背徳系に属するものの、その仄暗さがいいアクセントになっていて非常にクオリティが高い。恋愛に関して真逆のスタンスを持つ二人が、歯に衣を着せぬ物言いで衝突しながらも交流を重ねていく姿や、なぜそのようなスタンスになったのかを描く王道の展開に加え、最後に「恋」という劇薬が投入されることで他にはない唯一無二の作品に仕上がっていたと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/02/10
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784049142914

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK