探偵はもう、死んでいる。 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

探偵はもう、死んでいる。 6

これは君が私と出会う物語。そして私が君と出会う物語。
二語十 (著者) / うみぼうず (イラスト)
シリーズ:探偵はもう、死んでいる。(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

名探偵の私・シエスタと助手・君塚君彦の出会いは、地上一万メートルの上空、ハイジャックされた飛行機――ではない。
「あなたには、日本へ行ってもらいたいのです」
本当の始まりは四年前、《連邦政府》から受けたあるスパイの捜索依頼。
日本に飛んだ私が加瀬風靡の協力を得て彼の関係者との接触を図ると――

「ちょうどいい、お前も覚えておけ。その腹立たしいクソガキの名前は――」

ねぇ、助手。どうして私が君を旅に誘ったのか、不思議に思ったことはない?
今から語られるのは、三年にわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げた君ですら知らない、私だけの秘密。
あの遙かな空の出会いに至るまでの、真の始まりを描く前日譚。

みんなのデータ

  • 39
    評価する
  • 28
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】高度一万メートル上空で始めて出会った君塚とシエスタ。実はすでに別の形で出会い、一緒に謎を追いかけていた…。二人の真の出会いを描いた前日譚でした。シエスタや君塚の考え方や行動原理のオリジンが分かって、本編の理解がさらに深まりました。やっぱりこの二人の関係は良いですね。二人がもう一度出会い、笑いながら丁々発止のやり取りをする姿を早く見たいものです。本編の続きが楽しみ。そして新しい髪型の夏凪が可愛いくて良き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    名探偵・シエスタと助手・君塚君彦の本当の始まり。四年前、連邦政府から受けたあるスパイの捜索依頼で日本に飛んだシエスタが、加瀬風靡の協力を得て関係者との接触を図るシリーズ前日譚。実は地上一万メートルの上空、ハイジャックされた飛行機の前にあったシエスタと君塚の密かな邂逅。明らかになってゆくそれぞれの過去と、期せずして交錯する二人のらしさが詰まったエピソードでしたけど、今回のキーマンだったダニーの印象的な言葉がなかなか効いてましたね。これを読んだ後だと物語冒頭にあったエピソードの意味もまた違って見えてきました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    約4年前の君塚とシエスタの密かな出会い、そして君塚の師匠を名乗る謎の男・ダニーの物語。 今回は今まで出てきてなかった調律者を絡めながら、ダニーを狙う謎の組織との戦いを通じて明らかになるダニーの意外過ぎる正体と、ダニーが守っていたものの正体は驚きましたね。 今巻の物語が今後の展開にどう影響するのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如水

    5巻を1部としたら本巻は間話になるかと(閑話では無かった👍)。スジは実はシエスタと君塚はハイジャックされた飛行機が出会いでは無い…と言う話。それでも話はしっかりしてましたよ。シブいおっさんも出て来ますが、やはり【シンギュラリティ・ポイント】が重要だったんだと…こう考えれば今迄の出来事って何処迄が予測済みで何処からが特異点だったのか?を考察したくなるじゃ無いか~。が感想。『月華さんだからね』…うむ、言われてみたい💦これで心置きなく7巻を読める。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランドセル太郎

    「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませか」その言葉から2人は始まったと思っていましたが、すでに過去に出会っていました。それは、ダニーという1人の男を巡って…。君塚の《巻き込まれ体質》がとんでもない伏線になっていて鳥肌が立ちまくりました。そして、p283からのダニーの真相もとても面白く、やはりたんもしは読者を飽きさせないなと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 自分的2021年ベストタイトル!【4選】
    ひじきが作成したまとめ自分的2021年ベストタイトル!【4選】で紹介されています。
    0
  • 好きなラノベ
    まさが作成したまとめ好きなラノベで紹介されています。
    0
  • 自分的2021年ベストタイトル
    わヴぇが作成したまとめ自分的2021年ベストタイトルで紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/25
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784046809148

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK