わたし、二番目の彼女でいいから。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

わたし、二番目の彼女でいいから。

俺たちは「二番目」同士で付き合っている――危険な三角関係の行方は?
著者: 西 条陽 (著者) / Re岳 (イラスト)
シリーズ:わたし、二番目の彼女でいいから。(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「私も桐島くんのこと、二番目に好き」

 俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。
 それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。
 だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。そんな約束をしていた。
 そのはずだったのに――

「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」

 お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。
 もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。

パートナーのおすすめレビュー

  • 私たちは”二番目同士”、だったはずなのに… 揺れる気持ちの行方は??

    華恋
    華恋
    桐島くんの恋人は、清純派として学内で人気の早坂さん……なんですが、実はこのふたり、お互い「二番目に好きな人同士」で付き合ってるんですよ。おっと、これは複雑な恋愛模様の予感がしますねぇ~。

    というのも、ふたりが一番好きな人は、かたや手を出せない憧れの先輩、かたやもうお相手がいる大人気の美少女……。だから、お付き合いするのは難しそう……というわけで、妥協して二番目に好きな人とお付き合いしているみたいです。でも二番目とはいえ、お互いのことはちゃ~んと好き♪ だから目の前の「恋人」には幸せになってほしいから、本命との恋も応援するつもりでいるんです!

    そんなある日のこと。なんと桐島くんの本命が桐島くんと同じ部活に入部してきます。二人の距離も急接近! 妥協してお付き合いしている早坂さんとしては、桐島くんの恋を応援するつもりだったけど……あれあれ~、どうしたのかな~? どうやらそんな簡単には割り切れないようですよ♫ 揺れる乙女心にワクワクしちゃいますね~!

    早坂さんは本当の自分の気持ちがわからなくなっちゃいます。しかも、桐島くんの本命ちゃんも桐島くんことが気になるようで、より事態は複雑に!

    思い通りにいかない恋の行く先はどこに向かうのか、目が離せませんよ!
  • 恋をするってどんな感じ? ”本命”こと橘さんの振る舞いにも注目です

    つむぎ
    つむぎ
    桐島さんの恋人・早坂さんは「清純ないい子」として皆から人気の少女。ですが、彼女にとってそれは窮屈なレッテルでした。本当の早坂さんは、恋人の桐島さんの前で、積極的に手を握ったり、小悪魔的な振る舞いをしたりと、色んな顔を見せてくれる女の子なんです。

    だから、心置きなく「いい子」じゃない自分を見せられる桐島さんのことを、早坂さんは好きなんだってことも、私たち読者に伝わってきます。それでも、彼女にとって桐島さんは「二番目に好きな人」。そんな難しい乙女心に惹きつけられます……。

    一方、桐島さんが密かに想いを寄せている橘さんは、クールで手の届かない美人さん。でも桐島さんと本の話をする様子は、まるでずっと一緒にいたかのよう……。

    橘さんは恋をしたことがないようで、桐島さんへ好奇心旺盛に恋の質問をぶつけちゃいます。時には、「壁ドンしてほしい」と実践のお願いまで! 桐島さんだけでなく、早坂さんの反応も気になる橘さん。彼女の目の前で桐島さんの手を握ったりと大胆な振る舞いもします。先の行動が読めないところも魅力です……!

    全く異なる二人のヒロインが、自分の気持ちの在り処を探すように、主人公にぶつかっていく物語。様々な恋心が絡み合う展開に引き込まれてしまいますよ!

みんなのデータ

  • 21
    評価する
  • 16
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】なんという背徳的なタイトルとあらすじであることか…。これは傑作。男も女も理性が激情で押し流されていく。加速するように物語は流れ、そして向かえるクライマックスの圧倒的な緊張感たるや筆舌に尽くしがたい。息をするのも忘れるくらいにのめり込み、読了後は倦怠感を覚えるほどに魂を揺さぶられた気がします。こちらの感情を乱暴に掴まれて、グチャグチャにかき回されたような感じ。果たして一体誰に幸福が訪れるのだろうか…。この拗れた恋の行く末を最後まで見届けたい。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている桐島と早坂さん。一緒に帰ってこっそり逢い、人には言えないことをしていた彼らが、一番目を意識するあまり深みにハマってゆく青春小説。二番目同士なのに恋人のような距離感の二人に急接近し、挑発したり次々と波紋を投げかけてゆくどこか掴みどころのない桐島の想い人・橘の存在。彼女を意識し過ぎて壊れてゆく早坂さんを見ていられなくて、カオスな状況を加速させる急展開もあって、それぞれがあるべき形を突き詰めていった先に待っていたあまりにも壮絶な結末に言葉が出ませんでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★これはまたすごい作品が刊行されたなと。叶わぬ恋に苦悩する男女が二番目に好き同士で付き合いだすことから始まる不純愛ラブコメ。一番好きな相手には嫌われたくなくてできないことも二番目ならばできると、徐々にエスカレートしていくスキンシップ。そんな秘密の関係に並行して、一番好きな彼女も「彼氏」がいるのに主人公を誘惑してくるという、恋の熱に浮かされた男女の背徳的な交流が非常によかった。最後にはこのようなカタチで回収するのかと感心するほど見事なタイトル回収もあり、1冊の完成度としては群を抜いていたように思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    主人公と早坂さんはお互いに一番好きな人がいるのにのに二番目同士で秘密裏に付き合っていて、もし一番好きな人と両思いになれたら関係は解消するはずだったのだが歯止めが効かなくなり、お互いが手放せなくなっていき...な話。お、おう。なんとも不純で拗れまくった恋物語やな(苦笑)だが面白い。淫らでなんか少し淫靡な感じがするわw色々と拗らせて元に戻っていくかと思いきや更に絡まり雁字搦めとか。果たしてこの物語がどう収束するのか次巻も楽しみだわ。早坂が若干不憫な感じだがどうなるかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    1番好きな人がいるのに、2番目に好きな人同士の桐島司郎と早坂あかねが付き合っている2人を中心に描いた不純愛物語。 2番目に好きだけど付き合ってるからほぼ何でもしてくれるあかねと、桐島が1番好きな橘ひかりがドキドキしたいからと桐島に迫ってくるという、背徳感がたまりませんね。そして桐島とひかりの関係を知ったあかねがヤンデレ化していく様子がこの作品により深みを出していたかと。そして特筆するのはタイトル回収の上手さですね。さて、彼らの関係がどこへ向かうのか楽しみでもあり、怖くもある新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年のお気に入り
    シニシャが作成したまとめ2021年のお気に入りで紹介されています。
    6

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/10
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784049135831

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK