私のほうが先に好きだったので。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

私のほうが先に好きだったので。

胃痛不可避の青春泥沼三角関係、開幕。
著者: 佐野しなの (著者) / あるみっく (イラストレーター)
シリーズ:「私のほうが先に好きだったので。」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

胃が痛いほど、ガチでマジ。
青春×泥沼×三角関係。
恋も、青春も、正解なんてない。

好きな人から自分を好きだっていう人を紹介されたら、どうする――?
間違いだらけの青春焦げつき泥沼三角関係、開幕。

元カノに女の子を紹介された。ショックだった。俺は内心、元カノ・小麦を引きずりまくっていたからだ。

でも、紹介された小麦の親友・鳩尾さんはすごくかわいくて、天使みたいにいい子で、そんな彼女が勇気を振り絞ってくれた告白を断りきるのは難しかった。小麦を忘れていない罪悪感はありつつも、付き合っていくうちにいつか鳩尾さんのことは好きになれる。
そう思っていた。

――そんなはずが、ないのに。

「わたしのために、クズになってよ」

正解なんてない。だけど、俺たちは致命的に何かを間違えた――。
恋と友情、そして嘘。
ピュアで、本気で、だからこそ取り返しがつかない、焦げついた三角関係が動き出す。

みんなのデータ

  • 16
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    好きだった「のに。」ならそれ以上先に進まない。停滞または終焉が想起される。一方、好きだった「ので。」ならばその先に何らかのアクションがある。そう期待させる標題がとても秀逸で魅力的。一人の少年と二人の少女による三角関係を描く本作品の面白いところは、三人とも自分の本当の気持ちを隠して恋と友情に向き合っていることと思いました。「好きだったので」次に踏み出す一歩はどちらへ向かうのか。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    タイトルの期待を裏切らない背徳感溢れる恋物語がここに。 加二釜小麦の幼なじみで元カレの安芸玄への未練を断ち切る為に、玄のことが好きだという親友の鳩尾桜子を芸に紹介して、無事2人が付き合いだし、芸への未練が断ち切れたかに見えて徐々に狂いだす歯車。 2人が付き合いだしたのに何故か3人で過ごす時間が増えていくうちに玄への未練と桜子への友情に挟まれて思い悩む小麦の心情が巧みに描かれていて、3人の関係がどこへ向かうのかと思ったところで明かされる桜子の秘めたる思い。今後の展開が大いに楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナギ

    今流行りなのか三角関係物ですが、前カノと今カノとの間で悩む主人公という構図ですが、物語の進行で前カノが有利に描かれ過ぎているのでこれ今カノが挽回出来るのかが焦点ですかね。でも気づきを得てからの次巻を見てみないとなんとも言えない気もします。もっと今カノにはグイグイ攻めてもらい、前カノがどう対抗するかを見てみたいですね。期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    幼馴染で元カノ・加二釜小麦に女の子を紹介された。ショックだった。俺・安芸玄はいまだに彼女のことを引きずっていたからだ。紹介された小麦の親友・鳩尾桜子はすごくかわいくて、天使みたいにいい子で、そんな彼女が勇気を振り絞ってくれた告白を断りきるのは難しかった。小麦を忘れていない罪悪感はありつつも、付き合っていくうちに鳩尾さんのことが好きになれる。そう思っていた。そんなはずが…。恋も、青春も、正解なんてない。間違いだらけの泥沼トライアングル。ラストでタイトルの意味を知り震えた。終始もやもやした。次巻も楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    別れてから思いを自覚して幼馴染で元カノの加二釜小麦を意識して引きずりまくっていた安芸玄。そんな小麦から自分を好きだという小麦の親友・鳩尾桜子を紹介される青春泥沼三角関係物語。両片思いなのに拗らせて桜子に意識を向けようとする玄、親友を紹介してしまう小麦、元カノを忘れさせる存在として自分を売り込む桜子。足掻けば足掻くほど自らの想いを自覚して、それではいけないと三者三様にドツボにハマってゆく展開はなかなかカオスで、タイミングの悪さも相まってますます迷走しそうなところにさらなる火種も垣間見えて、これは続巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年新作ラブコメ10選
    くーるびゅーちー鳥さんが作成したまとめ2021年新作ラブコメ10選で紹介されています。
    0
  • 12月のラブコメが強い!
    りょうが作成したまとめ12月のラブコメが強い!で紹介されています。
    0

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/12/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784815611576

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK