宅録ぼっちのおれが、あの天才美少女のゴーストライターになるなんて。 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

宅録ぼっちのおれが、あの天才美少女のゴーストライターになるなんて。 1

ぼっち×美少女×ラブコメ×バンド=最高の青春が幕を開ける!
著者: 石田 灯葉 (著者) / 葛坊 煽 (イラスト)
シリーズ:宅録ぼっちのおれが、あの天才美少女のゴーストライターになるなんて。(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「小沼くんの曲、私に一つだけくれないかな?」ぼっちの小沼拓人はクラスの天才美少女シンガーソングライターの市川天音と秘密の関係に。歌えなくなってしまった彼女の再起をかけ、楽曲制作の日々が始まるのだが!?

パートナーのおすすめレビュー

  • ぼっちな拓人くんと容姿端麗な天才少女の天音ちゃんを繋ぐものは…音楽!!

    綾乃
    綾乃
    第26回スニーカー大賞《優秀賞》を受賞したのは、バンド活動を通じて前を向く高校生たちを描いた青春小説だよ!

    ぼっちな拓人くんの意外な趣味は、お家で音楽を録音する「宅録」。録音だけじゃなく、楽器の演奏まで一人でこなしちゃうんだ。しかも、やる楽器はバンドに必要な楽器全部! 楽器ごとに重ね録りして曲を作っちゃうの。ぼっちだから一人でやるしかなかっただけなんだけど……でも拓人くんすごいんだね! 

    そもそも拓人くんが作曲を始めたのは、クラスメイト天音ちゃんへの憧れがきっかけなんだって。天音ちゃんは聴く人の心を惹きつけちゃう歌声の持ち主で、中学生の頃からシンガーソングライターとして活躍してる天才少女なの。だけどネットでの批判が原因で、歌えなくなっちゃったみたい……。

    そんな天音ちゃんにもう一度歌ってもらうため、拓人くんは自分の曲を提供するって決めたの。それだけで話はおわらなくて、なんと拓人くんの曲に天音ちゃんが感動しちゃって、一緒にバンドを組むことにしたんだよ!

    憧れの人に認められたうえ、一緒にバンドまで組めるなんて嬉しすぎだよね! 歌で自分を支えてくれた人のために、今度は自分が曲で支える……。人の心を救ってくれる音楽の素晴らしさが、ひしひしと伝わってくる小説だよ!
  • 憧れのあなたのために。作曲だけでなくバンドも結成しちゃいます

    つむぎ
    つむぎ
    作詞と作曲、歌唱と演奏。こうした音楽活動を一手に担う天音さんは、まさしく天才。でも、孤高すぎる才能は同時に孤独を意味します。孤独ゆえに才能を磨いた拓人さんと、才能のために孤独な天音さん。似ているようで正反対な二人の共通点は、心ない言葉が原因で音楽に自信を失くしていたこと。同じ傷を負った彼らが出会えたのは、運命だったのかもしれません。

    その傷を癒したのは、仲間と始めたバンド活動でした。一つの曲を協力して作りあげていくうちに、二人は音楽の楽しさを思い出すんです。自由に歌い、仲間に囲まれた二人を見ていると、込み上げてくるものがありました……。天音さんのために始めたバンド活動は、彼女だけでなく拓人さん自身の救済にも繋がっていたんです。

    完成した曲のタイトルは「平日」。何気ない日常を歌ったこの曲には、仲間との日常に救われた二人の想いが込められています。幸せは身近なところにあるものですね。

    そして実は、天音さんが歌う楽曲「わたしのうた」のMVがYouTubeで公開中なんです。物語の中のことではなく、リアルのお話ですよ! 劇中曲を実際に聴けるなんて嬉しいですね! 心に沁みる歌声で、感傷に浸りながら聴き入ってしまいます……。

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    「小沼くんの曲、私に一つだけくれないかな?」ぼっちの小沼拓人はクラスの天才美少女シンガーソングライターの市川天音と歌えなくなってしまった彼女の再起をかけ、楽曲制作の日々が始まる青春小説。歌えなくなってしまった天音との秘密の関係。拓人が天音に触発されて作り始めた作曲、天音を信奉する吾妻の作詞、そして音楽で仲違いして距離ができていた拓人の幼馴染・沙子が集まって、明らかになってゆくそれぞれの事情もあったりして、時には苦しみ傷つきながらもひとつの音楽を作り上げてゆく展開とその結末にはぐっと来るものがありましたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子】これは面白い。宅録ぼっちの小沼、歌えなくなった天才SSWの天音、作詞が趣味の吾妻、小沼の幼馴染でベーシストの波須。心のどこかに傷を抱えた4人が出会って始まる学園青春物語。バンド活動を通じて心が触れ合い、過去の傷が昇華していく。もちろん新しく傷を負うこともあるけれど、それだっていつかは青春の思い出となる。思春期を過ごす高校生の特権でしょう。喪失からの再起、そして自己の肯定。そんな少年少女の等身大の姿が爽やかに描かれる傑作でした。続きがあれば嬉しい限り。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    音楽が紡ぐ少年少女達の物語。これは傑作。 天音に憧れ一人で宅録を始めた小沼、歌う意味を失い歌えなくなった元シンガーソングライターの天音、ある理由で転校してきた歌詞担当の我妻、天音の歌がキッカケで小沼と絶縁気味になったベース担当の沙子。一人では乗り越えられないトラウマも、メンバーとぶつかり合うことでなら解決できる。そんな小沼が体験してこなかった『日常』を落としこんだ歌には胸が熱くなりましたし、迎えたラストにはグッとくるものがありました。期待の新シリーズですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 日坂愛衣

    そんな初い青春物語はなかなかいいと思うw 天音ちゃんマジ天使、吾妻さんもさこちゃんもえりなちゃんも個性豊かで可愛いキャラばかり。そしてちょっと鈍感な主人公はいいヤツ過ぎる、少女達が彼にそんな感情を抱くはなんとなく理解出来る。青春はバンド、青春は恋、青春はささやかな痛み、青春もありふれた喜び。彼らはまさに”青春してる”、夜は短し歩けよ乙女(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    魂が震えた。これはまたとんでもない音楽ラノベが世に産み落とされてしまった。歌えなくなったシンガーソングライターと宅録ぼっちのバンド活動。序盤こそ主人公に都合良すぎだろ〜とか思ってたけど、物語が進むにつれてのめり込んでいき、気がつけば捲るページがなくなっていた。そしてそこからYouTubeに上がってる曲聴くと本当に視界が滲む。優れた創作というのは理屈ではなく心に訴えかける。とにかく読んで、そして聴いてほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

スニーカー文庫『宅録ぼっちのおれが、あの天才美少女のゴーストライターになるなんて。』

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK