異世界監督、シナリオ無双!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異世界監督、シナリオ無双!

「探し求めていた僕の主演女優が異世界にいたなんて!」幽体の英雄、異世界を救うシナリオを描く!!
著者: 藤七郎 (著) / 樋野友行 (イラスト)
シリーズ:異世界監督、シナリオ無双!(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

映画好きの少年、多田野蒼真――ソーマは、ティフォニア王国の王女・ティータにより異世界に英雄として召喚された。ティータ王女の目的は……国を救うこと! しかし何かの手違いか、ソーマの魂だけが召喚されてしまっていた。物に触れられず、英雄にしか使えないという武器や防具も装備できないので、元の世界に返してもらおうとするが――帰ることができない!? 悲嘆に暮れるティータをなんとかしたいと思うソーマは、どこでもいける幽体を活かして情報を集めた上で、ティータを主演女優に見立て演技指導を行い、国を救う英雄へと変身するシナリオを描くが――!
第10回講談社ラノベ文庫新人賞<優秀賞>受賞作が登場!

パートナーのおすすめレビュー

  • 幽霊が異世界を救う! 想定外の展開にドキドキだぁ~

    ノエル
    ノエル
    第10回講談社ラノベ文庫新人賞<優秀賞>受賞作は、幽霊が異世界を救うお話だよ! 映画好きな高校生ソーマは、敵国に攻められて大ピンチなティフォニア王国の王女ティータに英雄として召喚されるの。でもどういうわけか、ソーマの魂だけが異世界に来ちゃって……。

    魂だけの英雄じゃ国は救えないし、魂だけ呼んじゃったソーマにも申し訳ないと泣きじゃくるティータ。そんな姿を見たら、何とかしてあげたいって思うよね! だけど幽霊のソーマは物にさわれないから、用意された英雄の武器と防具も装備できないの。おまけにソーマの姿が見えるのはティータだけみたい。

    それならと、ソーマは幽霊であることを活かして誰にもバレずに情報を集め、その情報をもとに考えた救国のシナリオをティータに演じてもらうってことにしたんだ!

    映画好きな"脚本家"ソーマと、王女として人に言われるがまま生きてきた"女優"ティータが上手くかみ合ったら、国のピンチも何とかなりそうかな?

    この本、ファンタジーなはずなのにその世界観がどこかにいっちゃうような、想定外の展開もあったりしてビックリしちゃうかも! 「そんなのアリなの~!?」って叫びたくなるような、なんでもありの予想を超えるシナリオに圧倒されちゃうはずだよ!
  • 召喚魔法失敗で幽霊として召喚?! 幽霊と恋愛なんてロマンチック!

    綾乃
    綾乃
    ソーマくんが出会った運命の"主演女優"は、異世界の王女ティータちゃん。髪はブロンドで瞳は青、しかもスタイル抜群のすてきな女の子なの。声も透き通っているし、おまけに王女様らしい気品や美しい所作も身に着けていて、映画のヒロインにピッタリだよね。そんな彼女をソーマくんは一目見て撮りたいと思ったの。

    ティータちゃんは"主演女優"としてソーマくんが考えた国を救うためのシナリオを演じていくんだけど、慌てたり泣いたり大忙し。国の存亡がかかってるんだから、責任重大だよね……! ソーマくんも最初は召喚されてきた異世界人だから、どこか遠い世界の話のようにティータちゃんのやることを見ていたみたい。だけど、一緒にいるうちに一人の女の子として見るようになったんだね。民を思う優しい王女のティータちゃんだからこそ、何としてでも助けてあげたくなっちゃう!

    戦争が怖いって泣いているティータちゃんを慰めようとするんだけど……ソーマくんは幽霊だから彼女に触れられないの。幽霊と人間の恋愛なんてすっごくロマンチックだけど、なんだか切ないよ……。遠い世界で出会った二人のもどかしい愛の行く末は、絶対見守りたくなっちゃうはず! そんな二人を美麗に描いた樋野友行先生のイラストにも注目だよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    帝国の侵略の危機に晒される異世界の王国へ、召喚術の失敗により魂だけで召喚された少年が、異世界の王女を英雄に仕立て上げる物語。―――全てを巻き込み見せつけろ、仕立てられた本物の力。 シナリオを描き、演技を指導し。王女を仕立て上げ躍らせる中、二人の心が近づいていく物語であり、様々な味が込められている事により様々な楽しみ方が出来る物語である。王道は目的により破られる、けれど王道は一つだけではない。新たな世界でまた始まる二人の演技。今度こそ共に、どこまでも。だからきっと大丈夫。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    異世界に魂だけ呼び出された監督志望の少年が姫様を役者に無双する話。自分じゃなくて姫様に無双を演じさせるという発想は良かったと思う。けどいくら情報が有益とはいえ、素人が戦場を支配できるかという疑問が払えなかった。しかも人の命を奪う選択もあっさりだし。クリエイターだから頭のネジ外れてたってこと? それとも常在戦場っこと? あと結論として姫様すっきりしてたけど、結局誰かの言われた通りに演じてるのは同じでは? まあ本人がいいならいいか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK