君は初恋の人、の娘
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

君は初恋の人、の娘

助けた女子高生は、初恋の人に酷似していた

悲しい初恋を引きずる仕事人間と、初恋の人にそっくりな女子高生。
許されない。止められない。“二度目”の初恋が始まる――
著者: 機村械人 (著者) / いちかわはる (イラストレーター)
シリーズ:「君は初恋の人、の娘」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「よければ……お礼がしたいです」

社会人として充実した日々を送る一悟は、ある夜、酔っ払いから女子高生のルナを助ける。彼女は生き別れた初恋の人、朔良と瓜二つだった。

「お母さんを知ってるんですか?」

ルナは朔良の娘で、朔良は死去していると知らされる。そして……。

「釘山さんは、心の中で慕い続けてきた、──理想の人だったんです」

ルナが朔良から聞かされていた思い出話の中の一悟に、ずっと淡い憧れを抱いていたと告白される。

「私を恋人にしてくれませんか?」

『イッチの話はいつも面白いね』

一悟はルナに在りし日の朔良の思い出を重ねて、許されない。止められない。二度目の初恋に落ちてゆく。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

パートナーのおすすめレビュー

  • “二度目”の初恋。切なくて甘酸っぱい恋愛小説!

    綾乃
    綾乃
    28歳の釘山さんは、初恋相手にそっくりな女子高生ルナちゃんから告白されちゃうの。なんで似てるかって言うと、ルナちゃんは初恋の人の子供だから! そんな超展開の連続で、これからどうなっちゃうの~⁉……と思っていたら、釘山さん、告白断っちゃうんだ。たしかに好きだった人の娘から告白されるなんて、ちょっぴり複雑だもんね。

    でもね、ルナちゃんのほうはお母さんから聞いてた通りに優しくてカッコいい釘山さんが諦められないの。だから、釘山さんの職場にお弁当を持って行ったり、「お母さんとはこんなことできなかったでしょ?」って、言いながら間接キスを迫っちゃったり/// 

    初恋の人と同じ顔でそんなことされたら、誰だってときめいちゃわない⁉ 小悪魔ルナちゃんに、わたしも釘山さんもドキドキしっぱなしだよ~!

    だけど、釘山さんがルナちゃんの想いを受け止めるのはやっぱり難しくて……。彼女がどんなに初恋の人に似ていても、結局は別人。過去の恋を忘れられないせいで、これからの恋には向き合えないんだ。

    釘山さんの終わってしまった初恋と、ルナちゃんの始まったばかりの初恋。初恋の切なさと甘酸っぱさを描いた素敵な恋愛小説だよ!
  • 忘れられない”初恋” に決着をつける衝撃ラブストーリー!!

    つむぎ
    つむぎ
    順調な人生を歩みながらも、どこか満たされない空虚な日々を送る釘山さん。彼の心を縛っているのは、初恋の人、朔良さんの存在でした。15年前に家庭の事情で望まぬ婚約せざるを得なかった彼女は、そのまま音信不通に……。それ以来、釘山さんは伝えられなかった想いと後悔を抱え続けてきたんです。

    釘山さんの初恋は朔良さんの娘、ルナさんとの出会いによって再び動き始めます。彼女から伝えられたのは、朔良さんの訃報と愛の告白。想い人の死に釘山さんはショックを受けますが、朔良さんとよく似たルナさんについ彼女の面影を重ねてしまうんです。

    しかし、相手は初恋の人の娘で未成年。「惹かれてはいけない」と釘山さんは自分に言い聞かせます。釘山さんの行動は、大人として正しいかもしれません。でも、それはルナさんの恋心を拒むことになってしまいます……。母親のように愛してほしいルナさんと、朔良さんに未練を残す釘山さん。すれ違ってしまう二人に、もどかしさを感じてしまいます……!

    これは、初恋を忘れられない大人が、新たな恋と出会うことで前を向き始める物語。歳の差や世間体など障害を抱えた二人の”初恋”を最後まで見届けたくなりますよ!

みんなのデータ

  • 16
    評価する
  • 18
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    もし生き別れた初恋の女性に瓜二つの少女と出会ったら。そしてその少女が初恋の女性の娘で、自分に好意を向けてきたとしたら。初恋を忘れられない男はどうすれば良い?これは純愛なのか倒錯なのか…。どちらにせよ名作。ルナは純粋でとても可愛らしいのですが、その無邪気さは精神的未熟さとイコールなので、行動的である分とても危なっかしいなと思いました。一方、一悟の倫理観がしっかりしていることで、二人のバランスが保たれているのが良いですね。この許されざる関係はどこへ行き着くのか。今後の展開が大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ある夜、酔っ払いから女子高生のルナを助けた社会人の一悟。生き別れた初恋の人・朔良と瓜二つの娘だった彼女と、二度目の初恋に落ちてゆく物語。思ってもみなかった衝撃の邂逅。亡くなった朔良から聞かされていた一悟に、ずっと淡い憧れを抱いていたと告白するルナ。健気で真っ直ぐな高校生のルナにたじたじとなって、在りし日の朔良の思い出を重ねていることも自覚し、無理矢理でも距離を取ろうとする展開でしたけど、彼の性分からしたらどこか危なっかしい彼女をそのまま放っておけないですよね。二人の関係がどこに向かうのか今後の展開に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    個人的に面白かった。大型雑貨店の店長で社会人として充実した日々を送っていた一悟はある日、酔っ払いに絡まれていた女子高生・ルナを助けるのだが、彼女は幼い頃に一悟が好きだった幼馴染みの娘だった。ルナが母親から聞いていた思い出話に登場する一悟に淡い恋心を抱いてたルナは恋人になって欲しいと告白する。一悟は在りし日の思い出を重ねながらも苦悩し二度目の初恋に落ちていく...な話。共依存してしまうと話は簡単に進むが付き合えないと突っぱねる一悟だがルナはグイグイと押してくるし果たしてどうなる事やら。次巻も楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    幼い頃に好きだった年上の朔良、別れは突然に。一悟の初恋は失恋に終わった。釘山一悟は仕事の帰り酔っ払いに絡まれていた女子高生を偶然救った。女子高生の容姿が朔良を彷彿させた。「お礼がしたい」と家に、そこで朔良の娘であること、朔良が事故で死別したことを知る。ルナは朔良から一悟のことを聞いていて、ずっと憧れていた、恋人にしてほしいと告白された…。ルナの積極的な行動に当惑を覚える一方、どこかときめきのような、背徳感にも似た感覚を覚え相反する二つの感情に悩む。二度目の初恋。この物語は幸せになれるのか次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    大型雑貨店の店長の釘山一悟が酔っぱらいに絡まれいる女子校生の星神ルナを助けたのだが、ルナは一悟の幼なじみで初恋の相手の朔良に瓜二つ娘だった。ルナから朔良が死亡していると聞いた一悟はルナと決して許されない、でも止められない二度目の初恋に堕ちていく…。 朔良から一悟のことをよく聞いていたルナからの好意と、ルナと過ごす時間に一悟が心地よさを覚えつつも、ルナと朔良との姿を重ねることに背徳感を覚える一悟の心情は察して余りあるかと。そんな一悟の二度目の初恋の行方が果たしてどこに向かうのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/06/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815611538

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK