86-エイティシックス- Ep.10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

86-エイティシックス- Ep.10

それは、少年が「死神」へと至る物語――アニメ好評放送中の人気作最新刊!
著者: 安里 アサト (著者) / しらび (イラスト) / I-IV (メカニックデザイン)
シリーズ:86―エイティシックス―(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

共和国、存在しない「86区」。一人の年端も行かぬ少年兵が、その地獄の戦場に降り立った。
 彼の名はシンエイ・ノウゼン。エイティシックスたちの『死神』として、傷つき倒れた仲間たちの遺志を、行ける限り先へと連れていく使命を背負うことになる者――。これは彼を『彼らの死神』へと変えた人々との出会いと、その絆を断ち切った残酷な、そしてあっけない死と破壊の物語の数々。
 
 Ep.10『フラグメンタル・ネオテニー』。
 血赤の瞳の奥に輝く、わずかに残った断片を追う。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    共和国に存在しない「86区」。地獄の戦場に降り立った年端も行かぬ少年兵シンエイ・ノウゼン。彼を『彼らの死神』へと変えた人々との出会いと、その絆を断ち切った残酷な洗浄で少年が死神へと至る第十弾。シンの核を作った女戦隊長との出会い、非情を教えた戦隊長、ファイドとの出会いを見た整備班長、彼のパーソナルネームを考えようとした戦隊長、死神に救いを求めた副長など、過酷な戦場だからこそその結末は推して知るべしなエピソードの数々でしたけど、それらの積み重ねがあったからこそ今のシンがあるんだな…としみじみと思わされました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 如水

    前巻『反撃に出る』で終わったので…待ってました~!と思ったら…あれ?!違った😅…アニメ第一期終わっちゃいましたね。第二期は10月からだそ~です。と言う事でアニメに絡めての短編集だった(のか?)今巻。舞台は1巻前後の御話が殆ど。感想は…いや~久々に胸糞悪い内容(イヤ、良い意味ですよ、勿論)でしたよ。『86』とは何か?を思い出しました。そう、1巻を初めて読んだあのゾワゾワ感再び!!ってな感じ。その中でも『ファイド』が一番オススメ。『ファイドォォォォォォォォォォォォ!』と叫びながらページを閉じれる内容です👍 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪短編集、シンの過去編エピソードを中心に幕間に現行エピをちりばめて♪カラーイラストで今回の登場人物を紹介しているが、ジャガーノートで戦場に向かいレギオンを一人破壊し続け、たった一人生き残って帰ってくるシンを86のプロセッサー達は声低に「亡霊憑きの化物」と揶揄するが?そのシンをして、結局?「連れて行ってもらう」事になると云う事象を理解出来て無いのが、何とも(^_^;)シンに多くの影響を与えた、アリス戦隊長のエピは結構辛辣描写も、シンが淡々としていて、救われる。スカベンジャー通称「ファイド」とシンの→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 陸抗

    幼いシンが、八十六区に居た時の短編集。戦死者の居ない地獄に久々に戻されると、同じ戦場でも今がどれだけマシなのか思いしらされる気分…。シンのスカーフを貰った経緯、銃で仲間の最期を看取るようになったきっかけ、ファイドがどれだけシンにとって掛け替えの無い存在だったか等、今のシンが出来上がった理由が分かった。次は最終決戦。またどれだけの血が流れるのか…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆー

    ★★★★★シンの過去話を中心とした、やや短編集形式な内容。仲間を連れて行くという「核」を作ったアリス、仲間を弔う「非情」を教えたイスカ、パーソナルネームの元になったエイジュ、死神に救いを求めたサイキなど、シンに影響を与えた今は亡き人物との物語が辛く、そして何より尊かった。また、クジョー視点で描かれるスピアヘッド戦隊の日常、特別偵察の秘話、明かされるファイドの正体など、読者としては嬉しい要素が盛り沢山であった。改めてシンの過去を思うとレーナと幸せになって欲しいと思わずにはいられない。安里先生頼みますよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 涙の理由
    しおりが作成したまとめ涙の理由で紹介されています。
    6

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/06/10
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784049138801

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK