キミの青春、私のキスはいらないの?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

キミの青春、私のキスはいらないの?

高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない?
著者: うさぎやすぽん (著者) / あまな (イラスト)
シリーズ:キミの青春、私のキスはいらないの?(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 完璧主義者を自負し、医師を志す俺、黒木光太郎は苦悩していた。
 完璧な人生にはキスが必要なのか……いや、恋愛もキスも俺を惑わせるものに違いない!

 そんなときに出会ったのは「誰とでもキスする女」と噂される同級生の日野小雪。ひょんなことからこいつと、「ある勝負」をすることになったんだが――

「ね、チューしたくなったら負けってのはどう?」
「ギッッ!?」
「あはは、黒木ウケる――で、しちゃう?」

 誰がキスなんか! と思いつつ。俺は目が離せなかったんだ。俺にないものを持っているはずのこいつが、なんで時折、寂しそうに笑うんだろうか。

 ――非リア、ヤリチン、陰キャ、ビッチ。
 この世には「普通じゃない」ことに苦悩する奴らがいる。
 だが――それを病気だなんて、いったい誰に決める権利があるんだ?

 全ての拗らせ者たちに処方する原点回帰の青春ラブコメ!

みんなのデータ

  • 8
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】「高校生で、キスしたことないなんて病気じゃない?」というツイートが発端となる本物語ですが、これは切っ掛けに過ぎません。無駄を廃して完璧を目指す主人公の光太郎と、無駄を愛する同級生ヒロインの小雪、そして一癖も二癖もある愛すべき友人たち、という思春期真っ盛りの登場人物たちが、苦悩と諦めと希望と前進する意志がごちゃ混ぜになって突き進む、まさに王道の学園青春物語でした。疾走感溢れる展開が堪らない。あの頃の僕らがここにいます。これは傑作! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    「高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない?」そんな言葉に苦悩する完璧主義者で医師を志す黒木光太郎が、「誰とでもキスする女」と噂される同級生の日野小雪ととある勝負をする青春小説。小雪と出会って無意味でくだらない日々を過ごすうちに、彼女を意識せずにはいられなくなってゆく光太郎。幼馴染の純も絡めた友人たちとの放課後の時間も楽しくなっていって、誰もが複雑で繊細な思いを抱えるからこそ突然のすれ違いが半端なく寂しくて、みっともなくあがいてしまう彼らの奔走と迎える結末がほんと青春してるなあ…と眩しかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    完璧主義を自負し医師を志す主人公黒木光太郎は高校生にもなってキスしたこともないと言う事に苦悩していた、そんな時出会ったのは誰とでもキスする同級生・日野小雪でひょんなことから勝負をする事となる青春ラブコメもの。序盤はコメディ要素が強かったんだけれども話が進むにつれ青春要素が強くなっていったな。個性豊かなキャラも多くて読んでいて面白かったし、光太郎と小雪のなんでもない青春している様子がなんか眩しく感じたわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 日坂愛衣

    前半はなんとなくノリノリで読んだ、まさか後半はこんなまっすぐな青春物語が待ってる全然思わなかった。彼らはがむしゃらに”意味”を求む、そして自分の”病気”に悩むながら答えを見つけ出す、時が過ぎで、何もかもが思い出になる日はきっとくる,でもボクがいて、君がいて、みんながいて、たったひとつのものを探したあの奇跡のような日々は、いつまでも甘い痛みとともに胸の中の遠い場所で、ずっとなつかしくまわりつづけるんだ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    完璧を求める主人公・黒木と彼が定義する「無駄」な事を好む少女・小雪が織り成す青春ラブコメ。バズったツイートをきっかけに小雪と勝負する事になった黒木は、彼女と「無駄」な時間を過ごすにつれて少しずつ考え方が変わっていきます。そんな中、小雪の過去に触れた事によって二人はすれ違ってしまします。主人公の周りには独特ながらも魅力的な登場人物が揃っていました。主人公の叫び方の癖がかなり独特なのが少し気になりましたが、全体的に「青春」だという感じでした。何気に霧山の初恋の行方が気になったりします。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年度上半期おすすめラノベ
    ほたるが作成したまとめ2021年度上半期おすすめラノベで紹介されています。
    1
  • このラノ前に読むべき新作ラノベ22選
    らすかるが作成したまとめこのラノ前に読むべき新作ラノベ22選で紹介されています。
    3

関連情報

冬のラブコメ試し読みキャンペーン2021

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/06/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049135749

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK