茉莉花官吏伝
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

茉莉花官吏伝

優しい笑顔と声の皇帝に(官吏として)寵愛されています!?
著者: 石田リンネ (著者) / Izumi (イラスト)
シリーズ:茉莉花官吏伝(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

後宮の女官の茉莉花(まつりか)は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。
そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。
しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽(はくよう)で!? 
しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し……!? 
皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!

パートナーのおすすめレビュー

  • 本気を取り戻し、国の危機立ち向かう茉莉花の成長物語!

    宙
    茉莉花は皇帝の珀陽に、半ば強引に科挙試験を受けさせられることになるんだ。皇帝の命令は絶対! だから乗り気じゃなくても勉強するしかないんだけど……記憶力はあっても応用力がないから、授業についていけなくて落ち込んじゃうんだ。

    そんな時、茉莉花の部屋が荒らされるっていう事件が起きちゃうんだよ。物は割られて、机には落書き、さらに思い出の品を池に投げ込まれちゃう。しかも、学友にまで本気じゃないなら太学から出ていけ! とまで言われちゃって……もともとは皇帝に無理やり試験を受けさせられるハメになっただけなのに、こんなことがあったら、誰だって落ち込んじゃうよね……。

    でも、茉莉花はそれをきっかけに自分を見つめ直すんだ。さらに珀陽の本心を打ち明けられて、本気で勉強に向き合うことを決めるんだよ! 彼女の“本気を出す”は、なりふり構っていられないってこと。応用を教えて欲しいと頭を下げたり、書物で理解を深めたり、前向きに行動する。すると元々の能力もあってか成績はもちろん、周囲との関係だってよくなっていくんだ! そんながむしゃらに進む茉莉花が、とてもかっこいいんだよね。

    そしてついには国の危機を救うため、大きな会談に臨むことになる。とんでもない大舞台で本気を出す茉莉花の強い意志は、誰にも負けない。すっごく胸が熱くなる物語なんだよ!
  • 皇帝とのお見合いから始まる、シンデレラストーリー!

    エムリス
    エムリス
    この物語の始まりは、なんとも数奇な巡り合わせ。後宮の女官・茉莉花は、お見合いの練習を名家の貴族とするはずでした。しかし、目の前に現れたのはなんと皇帝の珀陽! どうも一度お見合いというものを経験してみたかった、というなんとも変わった……あ、いえ、お茶目な性格のようで……普段とは違う気さくな皇帝に、どぎまぎしてしまう茉莉花の姿がなんとも可愛らしい☆

    ですが、そこで茉莉花はなんと、珀陽にある才能を見初められてしまうのです! というのも、彼女の特技は物覚えがいいこと。『四書』という膨大な書物を数日で諳んじ、仕事の手順、人相など一瞬で記憶してしまうのです。便利な能力ですねぇ~。そんな彼女の能力に稀代の名君・珀陽が目をつけないわけがない! 彼女に官吏になって欲しいと口説くのです。

    ですが、彼女は官吏になる事に自信が持てない様子。それを知った珀陽は、あの手この手でその気にさせようとしていきます。しかし、皇帝御自ら仕官を求めるとは、実に驚くべきことではありませんか。惚れ込んでいるのは、本当に彼女の才能だけでしょうか? この2人の恋模様も見どころですよ! 徐々に近づく2人の距離。他の誰も知らない内面を吐露し合い、夜中美しい花の下で語らうのです。ふふ、なんてロマンチックなんでしょう~!! 私たちも花の下で愛を語らいましょうか?~なんてね☆

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 皐月

    後宮の女官の茉莉花は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。その特技が皇帝・珀陽の目にまとり、いきなり科挙試験に合格しろっって難問をぶつけられる茉莉花。賢くて謙虚なのはいいけど、前半の半分は茉莉花の行動に春雪と同じ気持ちになってイラっとしました。おこぼれ姫とは真逆の性格だから余計に、ここで脱落する人もいるかもしれません。ラストは『彩雲国物語』を彷彿とさせるような締め方でした。珀陽は優秀な官吏を次代の皇帝に残すために動いてたはずが、後世に『中興の祖』として名を遺す皇帝となり、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あっか

    人気シリーズに突入しました♪訳あり女官の茉莉花とこれまた訳あり皇帝・珀陽の出会いから物語が広がっていく中華風ファンタジー。凄く面白かったです!骨太なストーリーで、深みもあるのに分かりやすいし起承転結が見事。全部の設定をうまく活かし切っている感じがして綺麗です。卑下気味な茉莉花に最初は若干イラッとするけど、いやそういう面あるよな…と共感できるポイントも丁寧に描かれているしそこからの成長する姿はとても応援したくなります。最後の茉莉花の姿はカッコ良過ぎて拍手を送りたくなるほど。彼の獣化も、まさかで良かったー♡ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    『物覚えがいい』という特技がある後宮の女官・茉莉花が、名家の子息のお見合い練習を引き受けたら相手はなんと皇帝・珀陽で、彼女の特技を知った縁から科挙に合格して官吏を目指すよう言われる中華ファンタジー。明らかに興味津々の皇帝に、そこまでの意気込みもなく戸惑い気味の茉莉花。そんな状況から太学に編集した彼女には様々な出会いや転機があって、覚悟を決めて危機を乗り切った彼女自身にも思いの変化があって。そんな茉莉花が官吏としてヒロインとしてこれから皇帝と今後どのような関係を築いていくのか、続巻が楽しみなシリーズですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    4巻が出るまで積んでました(笑)が、読み出したら「何これ、面白すぎる~!」と一気読みです。女性官吏の話にもかかわらず「彩雲国物語」とは、全く違うおもむきになっていて、かつ面白いものを構築されていて本当に凄いです。続き行きます~♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すがはら

    女性官吏の出世物語。皇帝との恋物語はちらっと風味がある程度だけれど、それがそれほど残念に感じられないのは、お話として充分面白いからなのでしょう。初めこそ茉莉花に同情したものの、すぐに物を覚えられて、しかも忘れないとか、事象と関係性を図で思い描けば必要な答えが見えてくるとか、茉莉花の真のびっくり人間ぶりに、「出世して激務をこなして下さい」としか言えなくなりました。皇帝は中継ぎのつもりだってこと周りともよく詰めてはいかがかと。。せめて後宮の妃たちに無駄な心労をかけさせないで欲しいんですけど…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/07/15
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784047347045

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK