ユア・フォルマ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ユア・フォルマ

孤独な天才捜査官。初めての「壊れない」相棒は、ロボットだった。
著者: 菊石 まれほ (著者) / 野崎つばた (イラスト)
シリーズ:ユア・フォルマ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

★第27回電撃小説大賞《大賞》受賞作!!★
最強の凸凹バディが贈る、SFクライムドラマが堂々開幕!! 

「エチカ、父さんの機械でいなさい」
 そう育てられた少女は望まれるまま、世界最年少で「電索官」の任に就く。人の脳にダイブし、記録された情報から重大事件解決の手がかりを探す特殊捜査任務だ。
「私〈機械〉がお嫌いのようですね?」
 電索能力が釣り合わない同僚の脳を焼き切っては、病院送りにしてばかりのエチカにあてがわれた新しい相棒は、高性能ヒト型ロボット〈アミクス〉のハロルド。
 人間に従順な機械のはずが、馴れ馴れしい、図太い、距離感がおかしい! エチカを怒らせてばかりのハロルドだが、皮肉にも電索の相性だけは・・・・・・抜群だった!
 凸凹な二人が挑む凶悪電子犯罪事件は、互いの過去を巻き込んで思わぬ方向へと舵を切る――!? 

パートナーのおすすめレビュー

  • 張り巡らされた謎の伏線が絶妙~!!

    レオン
    レオン
    第27回電撃大賞《大賞》作品は、硬派な魅力の詰まったSFクライムサスペンスだよ!

    この世界ではほとんどの人が、ユア・フォルマっていう電子端末を脳に入れてるんだ。主人公のエチカは、その端末情報を辿って犯罪を捜査する電索官。電索官がユア・フォルマの中へアクセスすると、その人の見たり聴いたりした記憶だけじゃなくて、感情も記録している〈機憶〉を探れるんだ。他人の感情が直に伝わってくるって少し怖い気もするけど、その分犯罪捜査っていう分野においては利点だよね。

    だけど、今回の事件で追っている犯人も、電子媒体に関して一流の技術を持っているわけだから、なかなか尻尾をつかませてくれない。

    けれどエチカには高い演算能力があって、同時に12人もの〈機憶〉を辿っちゃうんだ! これって他の電索官だったら自我混濁しちゃうくらい高度な捜査なんだよ! 

    犯人との頭脳戦の中で、エチカは犯人が仕掛けた罠にはめられてしまうんだけれど、それを逆手にとって正体に辿り着くんだ。その瞬間はテンションが上がったなぁ! なにより次々に繰り出される展開と、緻密で何気ない描写に描かれている伏線が絶妙なんだ! これはもう一度最初から読み返したくなるね!
  • サスペンス・ロボット・バディ好き必見です!

    つむぎ
    つむぎ
    エチカとハロルドの関係性が、バディものとしてすっごく魅力なんです! エチカは高い演算能力を持つけれど、どこか冷めている少女。一方ハロルドは、アミクスと呼ばれる特注品のロボット。エチカと釣り合う高い処理能力と、人間に好かれる高い社交性を有しているんです。天才と高性能のコンビなら、どんな事件も解決ですね。

    けれど、過去のトラウマからエチカは大のアミクス嫌いなんです。エチカはアミクスの感情はプログラムに沿っているだけで、中身は空っぽだと言います。けれど、それを聞いたハロルドは傷ついてしまうんです。その様子は、なんだかプログラムだけじゃなさそうに思えてしまいますが……。

    それでも2人の事件を解決したいという思いは同じ。エチカが高い演算能力を生かして〈機憶〉を辿り、ハロルドが社交性を生かして情報を引き出す。なんだか人とアミクスの役割分担が逆のような気もしますが……。ストーリーが進むにつれて、エチカの心もほぐれ、人間らしくなってくる一方、ハロルドにも合理的な面が見え隠れしてくるんです。

    エチカとハロルド、人間とアミクスが互いに愛憎交えた感情を通わせて、認め合っていく様子には心躍ること間違いなしですよ!

みんなのデータ

  • 33
    評価する
  • 24
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    日常に不可欠な情報端末へ進化したユア・フォルマを用いて、重大事件を解決する探電索官エチカ。彼女と新たな相棒になったハロルドが、世界を襲う電子犯罪に挑む近未来SFミステリ。情報処理能力を持て余気味で同僚を次々と病院送りにしてきたエチカと、新しくコンビを組んだヒト型ロボット〈アミクス〉のハロルド。スマートでそつがない彼の言動に戸惑い、時には衝突しながら捜査する事件は、それぞれが抱える過去のトラウマを刺激せずにはいられなくて、それでも逃げずに向き合って乗り越えてみせた二人のこれからをまた読んでみたくなりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    電索官エチカとヒューマノイド《アミクス》の相棒ハロルドとの会話劇が秀逸であり、またエチカの心の声(ツッコミ)がコミカルなバディもの。秀逸なミステリで、謎の真相解明までのプロセスにわくわくしながら読み進めました。一方、幼少時に心を凍らせたエチカが、嫌いなアミクスとの交流を通じ殻を破る成長物語でもありました。感情が経験の積み重ねによるものならばAIとヒトはどう違うのかとか、疑似でも認識=存在なのかという哲学的な投げかけもあり、色々と考えさせられました。二人の関係がどうなっていくのか。続きが大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    ウィルス性脳炎のパンデミックをきっかけに開発されたユア・フォルマ。脳に埋め込まれた最新多機能情報端末は実際の出来事と感情を記録する。この機憶は犯罪捜査のやり方を変える。機憶に潜れる電策官エチカはこの能力が飛びぬけていて、機憶から引き出してくれる補助官が壊れてしまうので、対応できる人間に出会えない。そんな中、人型のロボット・アミクスのハロルドと相棒になり、電子犯罪に挑む近未来SF。設定や導入だけでワクワクするね。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    一言で言うと優秀作。 目立った新規性はないが、互いに秘密と悪意を隠し合う緊張感あるバディ刑事ものが上手く展開できていた。 また視界に直接できるネット環境というよくある設定の中で提示した小道具を最後まで推理の材料に出来てた所は見事。ミステリとしては弱いがホームズっぽい探偵のカタルシスは出てた。 何より生意気で純情な女主人公と、キザなくせに直球に弱いイケメン相棒のタッグが面白い。ホームズとワトソンの関係を逆にしてるのも面白い。 エチカはもう少し大人びても良かったがイラストも申し分なし。気合いの入った作品だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★ 電撃小説大賞大賞受賞作品。SF色がかなり強い犯罪捜査物。人々の頭の中にユア・フォルマというチップが埋め込まれている・ロボットと人間が共存しているものの肯定派と否定派が存在する・主人公はユア・フォルマを通して対象の意識下に潜り込み、相手の記憶を遡る事で捜査を行う等の一つだけでも充分物語の主軸になり得る設定を綺麗に一つに組み込んでいる手法はお見事の一言であり、一見設定過多を感じるように思えたものの最後まで楽しむ事が出来た。また、人間である主人公と相棒ポジに落ち着くロボットの軽快なやり取りが物語に→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

書店員つむぎのおすすめ「頭脳バトル」ラノベ
ライトノベル大賞&新人賞 2021 キミラノまとめ

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/03/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049136869

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK