痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 3

甘酸っぱくて、もどかしい。二人の距離。大人気、幼馴染とのすれ違いラブコメディ第3弾。
著者: ケンノジ (著者) / フライ (イラストレーター)
シリーズ:「痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「『幼馴染』は、別に一人ってわけじゃないでしょ」
「一人でいいの」
七月の修学旅行まで残り一か月。相変わらず学校でS級美少女と認知される幼馴染の伏見姫奈から積極的にアプローチをかけ続けられる高森諒。そんな彼の前に、もう一人の幼馴染である姫嶋藍が同じ高校に転校してきて、諒と姫奈の関係に黄色信号が……?
「――キス、しないの?」
予期せぬライバルの出現に、さらに大胆な行動に移していく姫奈と、そんな気持ちを知ってか知らずか鈍感な態度をとり続ける高森諒。
歯がゆくてもどかしい、思わずため息が漏れるほどの幼馴染との甘い物語、第3弾。

みんなのデータ

  • 20
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    七月の修学旅行まで残り一か月。相変わらず高森諒が幼馴染・伏見姫奈から積極的にアプローチされる状況で、彼らの高校にもう一人の幼馴染・姫嶋藍が転校してくる第三弾。予期せぬ強力なライバルの出現に焦りを隠せない姫奈と、そんな気持ちを知ってか知らずか鈍感な態度をとり続ける高森。修学旅行の班決めは自分なら絶対そこに入りたくないと思う波乱必至の構成でしたけど、それぞれヒロインたちに見せ場も作りつつ、まあ友人もできて良かったねというか、なかなかいい感じに青春してましたね。過去の約束の真相もまた気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    もう一人の幼馴染み姫嶋藍が姫奈と諒のクラスに転校してきた。思わぬ恋のライバルの登場に危機感を募らせた姫奈は、さらに大胆に迫るようになり…。修学旅行という恋を一歩進めるにはぴったりのイベントにも関わらず、相変わらず鈍感というか姫奈や藍の気持ちに気が付かない諒の言動にはやきもきさせられますね。でもそんな彼に男子の友人が出来たのは良かった。ラブコメ鉄板ポジション『親友』として諒を支えて欲しい。そしてまたも波乱を予想させるラストシーンで、今回進まなかった映画撮影の行方とともに今後の展開が大いに気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★ 今巻も相変わらず主人公の鈍感っぷりが酷い今作。はっきり言ってしまうとこの部分は読んでいて本当にストレスが溜まってしまう今作だが、フライ先生のイラストと山場も谷間もない緩やかな日常話がどこか癖になって続きを追ってしまう。今巻ではメインヒロイン以外に新たな幼馴染が登場し、恋愛レースに参入してくる。この新ヒロインの立ち位置が最後までふわふわしており、どうやら主人公に気があるようだがどういった切っ掛けからそこに至ったかの描写が一切ないため上手く感情移入が出来なかったところは残念だったかな。また、今作は→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    修学旅行編。前巻ラストで登場した幼馴染・姫嶋藍が本格登場。敬語キャラいいですね。藍は姫奈と昔からよく喧嘩する仲だったらしいが、喧嘩するほど仲がいいという奴だろうか。そんな藍が元アイドル(マイナーだけど)であり、それが活かされる話はくるのだろうか。あと、修学旅行と絡めて出口という男キャラが本格登場。下心もあり、アホなキャラクターというのはいいな。ラストの日記については、藍の字なんじゃないかと推測する。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    今巻は、前巻最後に出てきた姫嶋藍、もう1人の幼馴染参戦で、姫奈は気が気でなく、諒くんにアピール!さらに今回メインとなる修学旅行とくれば、これはもう色々あるでしょ!だって組んだ班にしても、みんな諒くんに想いを寄せるメンバー、諒くんにとってはハーレム状態!なのにこれと言って大きな事はなく、と言いますか諒くんて、どちらかと言うと鈍感?それと映画企画のお泊まり会、話しはフラットでまぁノートの話しは良かったかなぁ。と言うかラストに布石を残しましたね。次巻も楽しみです!そしてフライ先生の絵が素敵すぎです! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 自分的2020年ベストタイトル
    treasureが作成したまとめ自分的2020年ベストタイトルで紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/12/11
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815607586

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK