ワングの逆襲
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ワングの逆襲

昇進・結婚と順風満帆のタイラー提督。得意顔の彼を邪魔に思う軍の高官たちを出し抜いて逃げたものの宿敵ワングが!!
著者: 吉岡平 (著者)
シリーズ:宇宙一の無責任男シリ-ズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

我らがタイラーと宇宙軍の男性全ての憧れの君、ユリコ・スターが3巻目にしてついに結婚。新婚旅行に…といきたいところだが、帰還命令が下ってしまった。暴走した新造戦艦「信濃」の破壊を命じられたタイラーはいつものごとく鼻歌混じりで出撃したが、なんと民間船を誤って撃ってしまい、作戦にも失敗したため、責任をとらされ2等兵に降格になったのだ。それもそのはず「信濃」には自我を持ってしまった人工知能と打倒タイラーに燃える元ラアルゴン帝国宰相ナクラ・ワングが手を握っていたのである。さらにワングはラアルゴン皇帝ゴザ16世を人質に取りドムをまで脅迫するのであった。果してタイラーはこのピンチを乗り越えてワングを倒すことができるのか。 ※本作品は電子書籍化にあたりイラストを収録しておりません。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 豚山田

    再読。中学生の僕を本好きに巻き込んだ自分的名著の三冊目。というよりここからが本シリーズの本当のスタートと言った所です。惑星連合宇宙軍(タイラー側)で秘密裏に建造されていた全長1.3km!もの史上最強の巨大戦艦が人工知能の暴走により反逆。宇宙全体の脅威となりつつあったが、肝心のタイラーは味方の奸計に嵌るなどして二等兵に降格、しかも獄中の身…絶体絶命の状況からの大逆転は本シリーズの華ではありますが、それがやっと始まったのがここからです。改めて読むとご都合主義は否めませんが、気持ちの良さは褪せてません。お勧め! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 青海老

    いやもうスペースオペラにSFが入って、超イイ感じです。かませの再利用とかも最高。キャラクターが全部わっかりやすいし。やっぱこういうパロディ小説はわかりやすくなきゃあね。独自性を出そうとするとそこで固まっちゃうのよ。エンタテイメントはエンタテイメントで割り切って欲しいとこね。思想は思想。エンタメはエンタメ。同居もできるけど、こういう好きなことだけ書きましたってのはそれはそれで、唯一無二なのよ。頭からで読めてサイコー 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 二分五厘

    1994.2.20 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Snusmumriken

    なんかスタートレックから離れてきた。序列による艦の支配による誤射だの、人口知能だのどちらかというと普通なSFに。同窓会的に集まり、人に成り下がった人口知能に勝利する。そして、遂に大将に。ここからが長いんだ(^^) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すがし

    巨大戦艦登場 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK