ひきこまり吸血姫の悶々 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ひきこまり吸血姫の悶々 3

自己評価↓最低 他者評価↑最高 ダメダメ美少女が大勝利!
著者: 小林湖底 (著者) / りいちゅ (イラストレーター)
シリーズ:「ひきこまり吸血姫の悶々」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

海。水着。リゾート――そして戦争!?

――――――――――――――――――

青い空。白い雲。
ようやく得られた休暇で海辺のリゾートを満喫するコマリ。


そんな吸血姫の前に一人の少女が現れる。

「一緒に世界を征服しない?」

剣の国の将軍ネリアから、とんでもないお誘いを受けてしまった!


その一方で別の国家、天照楽土からも外交使節が来訪。

「一緒に世界を平和にしませんか?」

東国の最強将軍と噂される和風少女カルラは、まったく逆の提案を投げかけてくるのだった。


各国の思惑は錯綜し、やがて世界を巻き込む大戦争へと発展!
夏休みから急転直下、戦局の鍵を握る立場となってしまったコマリ。

ひきこまり将軍が新たな時代を切り開く!?

みんなのデータ

  • 20
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子書籍】コマリを世界征服に誘う剣の国の将軍ネリアと、一緒に世界平和を目指そうとコマリ誘う天照楽土の最強将軍カルラ。二人の少女の登場は世界の情勢を狂わせ、六国を巻き込んだ大戦争が勃発するが…。相変わらずコメディとシリアスのバランスが良い作品です。物語の展開に勢いがあって、どんどん引き込まれる感じで読み進めました。新キャラの二人がそれぞれに味があり、これからもコマリとともに物語を盛り上げてくれそう。世界が広がったので、国の位置関係が分かる地図や登場人物リストが欲しいところ。続巻も大いに期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻、やっと得られた休暇を利用してゲラ=アルカ共和国のネリア将軍に招待された「夢想楽園」でリゾートを楽しもうとしていたコマリだったが、そこでネリアからある提案をされ…というお話です。相変わらず前半と後半のギャップが激しい事になっていましたがやはり面白く読めました、そろそろコマリも何時までも気を失ってどうこうではいられないだろうとは思いましたが。それはともかく今巻の事でネリアにカルラという影響力のある二人がコマリの友達になったのは大きかったなと興味深く読んでいました。次巻もどんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    今巻は本物の戦争で、いつものエンタメ戦争ではない話。六国中最も脳筋国家であるゲラ=アルカ共和国が攻めてくる。その王家の最後の姫・ネリアとコマリン閣下が共闘へ。もう一人の新キャラ・アマツカグラは、コマリン同様に仕方なく将軍職についており、コマリンとのどちらが強いか合戦が、小学男子みたいで笑ったわ。ギャグパートは漫才のようなテンポで切れがよく、シリアスパートは俺TSUEEE的痛快さがあり、相変わらずのバランスの良さでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    1・2巻とは違い今回は剣の国の将軍ネリアと天照楽土の最強将軍カルラが新たに登場し、様々な思惑が乱れ飛び、六国を巻き込んだ戦争に勃発する巻。コメディとシリアスのギャップがええよね。コマリだけでなくカルラもポンコツキャラで2人の会話がどちらも墓穴の掘りあいになってるのがまた面白かった。今回で一気に話が広がった事により次巻からも規模が大きくなっていきそうだな。敵組織の思惑をまだまだ上まっていなくて後手後手だがどう反撃していくのか楽しみ。と言いながらコマリが知らず知らず食い止めるんやろうけどねw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    七紅天闘争でコマリが放った魔法によって緊迫状態になってしまったゲラ=アルカ共和国との外交関係。そんな中、共和国の将軍ネリアからの誘いを受け、コマリはリゾートへ向かいますが、紆余曲折あり、六国を巻き込んだ戦争が始まってしまいます。ヴィルの変態成分がそこまで目立っていませんでしたが、今は最早コマリハーレム状態になっているので彼女が少し埋もれたと感じました。ヨハンのかませ犬っぷりには毎回笑えます。基本的な流れは前巻と変わらず、安定した面白さはあります。あんなに強いコマリの母が如何様に殺されたのか気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2020年ベストタイトル ~新旧ファンタジーづくし~
    kyoikyoiが作成したまとめ2020年ベストタイトル ~新旧ファンタジーづくし~で紹介されています。
    3

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/09/12
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784815607432

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK