さいはての終末ガールズパッカー
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

さいはての終末ガールズパッカー

どうせ終わるこの世界だから。最後の時まで二人でいたい。
著者: 藻野 多摩夫 (著者) / みきさい (イラスト)
シリーズ:さいはての終末ガールズパッカー(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 記憶を失った自動人形《オートマタ》の少女リーナ。出来損ないの人形技師でトラブルメーカーのレミ。百億歳を過ぎた太陽が燃え尽きようとする凍える世界で二人は出会った。
「ねえ、レミ。私、もうすぐ死んじゃうかもしれないんだ」
「リーナは私が直してあげるから!」
 人類の文明が滅んだ世界で、頼る者もいない。それでも壊れかけた人形の死を食い止めるため、二人の少女は東の果てにあるという《楽園》を目指す。
 ――きっと間に合わない。でも、最後の最後までレミと一緒にいたい。
 終わりゆく世界で二人の旅は続く。

みんなからのレビュー

  • のれん

    この作者の作品を読んだ人なら分かるであろう、絶妙な終局を感じさせる切ない旅が今作も主題となっている。 百合っぽいと感じさせる挿絵や描写だが、言うほど愛情がこじれていったりすることはなく、旅の相棒という立場だったと思う。 旅の果てとは自身を保存させることではなく、死んだ人の思いを忘れずに伝えることだ。小分けにした短編を挟みつつゆっくり旅を描写している。 今作のロボットであるオートマタたちの人間らしさは強調されていたが、人間との境目は表現されるのだろうか。人情系が強い作品だがSF的な意味も続刊には期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    太陽が死を迎え、寒冷化の一途を辿る火星で、自動人形の少女と人形技師の少女が楽園を目指し、旅をする物語。―――この終わり逝く世界で、最後まで前を向いて君と共に。いつか終わりが来るのは必定。だけどそれでも最後まで生きていく。幾つもの終わりを経験しながらも楽園を目指し、楽園の果てで大切なものを得る、終末の寂寥感と人々の絆とつながりの温かさが、心に何処か光を齎してくれる物語である。幾つもの何かが終わっていく、それは彼女達も同じ。それでも進んでいく彼女達の道の先、どんな景色が待つのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    文明が滅んだ世界で死ぬまでに心残りがないように生きていく人達と出会い、関わり合いながら旅をする少女と自動人形の成長や人情味のあるエピソードが詰まっていて、切なくも暖かい物語になっていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ARI

    どんなものにも終わりがある この作品では最初から最後まで一貫して、この主題が掲げられています 太陽も、AIも、人も街も、あらゆるものの終わりが作中では描かれます。しかし、終わるということは別れるということ、別れることはそれが大切であればあるほどに、重たく辛いもの。それはたとえどんな世界になっても変わらない。そういった現実に向き合う登場人物の心、特にリーナをはじめとするAIがこの作品は非常に人情味に溢れていて、そういった彼女らの持つ命への考え方がとても印象的な作品でした 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/08/07
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784049131994

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル