処刑少女の生きる道 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

処刑少女の生きる道 4

彼女が彼女を殺すための物語、赤に染まる第4巻!
著者: 佐藤真登 (著者) / ニリツ (イラストレーター)
シリーズ:「処刑少女の生きる道」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「メノウちゃんが死んじゃうくらいなら世界なんて滅んでもよくない?」
アカリとモモが消えた。信頼する後輩の裏切りに混乱するメノウは、教典から響くサハラの声に悩みつつも2人を追跡しはじめる。
その頃、アカリとモモは、衝突を繰り返しながらもメノウからの逃亡を続けていた。絶望的にウマが合わない2人による、異世界人×処刑人補佐の禁忌のタッグ。しかし、“メノウ第一主義”な2人がなぜか逃亡中に始めたのは、モモによるアカリ強化スパルタトレーニングで――?
交錯する異世界人、「第四」、そして第一身分。少女たちを待つのは希望か絶望か――。彼女が彼女を殺すための物語、赤に染まる第4巻!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなからのレビュー

  • よっち

    モモの手引きによって消えたアカリ。信頼する後輩の裏切りに混乱するメノウは、教典から響くサハラの声に悩みつつも2人を追跡しはじめる第四弾。メノウからアカリを引き離したモモの思惑。アーシュナの力を借りて2人を追うメノウと、交錯する異世界人、「第四」、そして第一身分。二人ともメノウが大好きなのに、なぜか絶望的にウマが合わないアカリとモモの関係には混ぜたら危険感しかなくてもう笑うしかないですけど、各陣営の思惑が入り乱れる中で圧倒的な存在感を見せるメノウの師匠と、メノウたちがここからどう動くのか続巻が楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】メノウのもとを出奔したアカリとモモ。徹底的にソリが合わない二人だけど、『メノウ第一主義』の一点だけは一致。そんなデコボココンビの珍道中を描く今回。温泉地でのモモによるアカリのスパルタ修行シーンがコミカルに進む一方で、『第四』を中心に据えたシリアスエピソードも展開され、そしてまた少し、世界の秘密が明らかになるのでした。互いを思いやるアカリとメオウの姿がとても尊い。自分なりの「生きる道」を選んだメノウは、アカリの『人災化』を止めることができるのか。今後の展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ モモとアカリの罵り合い煽りあいマウントの取り合いがノーガードの殴り合いで面白すぎる。お互い、急所ばっかり抉り過ぎ! 二人一緒の場面殆どこれで埋め尽くされてるというあたり、本気で仲悪いよね! それでいてメノウ命は共通しているので共感度は留まる所を知らずして。これだけ面白コンビになるとは思わなかった。一方メノウは幾つもの真実を知り、自分の貫くべき生きる道を見つけ出す。立ち上がり、顔を拭うメノウの姿は新しい道に歩き出すために息を整え、仕切り直す姿だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/08/07
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784815607135

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル