ロクでなし魔術講師と禁忌教典 17
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 17

公爵家イグナイトの裏切り。クーデター『炎の一刻半』
著者: 羊太郎 (著者) / 三嶋くろね (イラスト)
シリーズ:ロクでなし魔術講師と禁忌教典(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔術祭典決勝を襲った最大級の悲劇と天の智慧研究会の最高指導者、大導師フェロード=ベリフの登場――歴史の大いなる転換点で、アルザーノ帝国女王府国軍大臣・アゼル=ル=イグナイトもついに動き出す――。

みんなからのレビュー

  • よっち

    魔術祭典決勝を襲った最大級の悲劇と天の智慧研究会の最高指導者、大導師フェロード・ベリフの登場。歴史の大いなる転換点で、アルザーノ帝国女王府国軍大臣・イグナイト卿もついに動き出す第十七弾。ジャスティスによって動き出した転換点。思わぬ事態に焦燥を募らせたイグナイト卿による突発的な造反に追い詰められるグレンたちでしたけど、父や家の呪縛に心揺さぶられるイヴが、グレンに支えられながらそれを乗り越えてみせてカッコ良かったです。因果応報な彼の末路はまああれでしたけど、次から次へと物語も大きく動き出して次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    イグナイト公爵がクーデターを起こし、絶体絶命の女王を助けるためイヴが父親と対決する。イグナイトと決別し自分を取り戻すために葛藤するイヴと、それを支え助けるグレン。まるで恋人同士のような姿に衝撃を受ける白猫、ルミア、リィエルの三人娘。ルミアがグレンの嫁だと思ったボクだったが、この遅れてきた最強ヒロインには油断できんな。天才的軍事的才能とともにイヴの評価が青天井なエピソードでした。次回は帝都での戦線だが、後世の歴史に名を残すイヴの戦略が冴え渡るのか、次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    魔術祭典を襲った悲劇、ジャスティスが投下した爆弾によって騒然とする中、イグナイト卿がクーデターを引き起こしイヴが辛い決断を下すことになる本巻。出だしからジャスティスがあの黒幕をあぶり出す暴挙に出たことで動き出す物語は満を持してのイヴ回。短編でも描かれた姉リディアとの想い出も盛り込まれつつ三人娘たちの出番が少ないことからますますヒロインとして抜きん出てしまった印象。この試練によってイヴにとってもグレンにとってもずっと胸の奥底に突き刺さっていたあの一件も含めて二人が和解できたことはよかった。次巻がどうなるか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    人類反抗のきっかけをジャスティスさんが作ってくれて、物語がついに大きく動き出しますか。その中でイグナイト家とイヴの決着の話で面白かったです。イヴさんのヒロイン力の上昇が留まるところを知りませんね…。アルベルトさんも仇敵とついに出遭えましたしどう動くのか楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    黒幕の首魁が姿を現し戦いの予感高まる中、イヴの父親であるイグナイト卿が反乱を起こす今巻。―――紅蓮の果て、想いの果てに真火を導け。 これまでの敵の中でも一番の小物と言っても過言ではないであろうイグナイト卿が反乱を起こし、イヴが本当の意味で前へ進む為に姉の贋作と激突する事になる今巻。贋作の中に宿っていた本当の心に背を押され、彼女が再び本物の魔術を掴み取る、爽快感と熱さが仕上がっている巻である。世界に団結を求められる中、引き起こされた更なる緊急事態は世界にどんな波紋を起こすのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル