昔勇者で今は骨 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

昔勇者で今は骨 5

骨になっても心は勇者な冒険者(※ただし骨)が往く、異世界ファンタジー!
著者: 佐伯庸介 (著者) / 白狼 (イラスト)
シリーズ:昔勇者で今は骨(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「まーじーでー……転移してるじゃん、これ」
 森中の見知らぬ転移装置を抜けると東国であった――仲間と離れ離れになって、師匠の故郷・東国ヤマへと転移したアル。
 すわ妖かと怪しまれながらも、剣の師匠マガツのもとへと向かってみれば、そこは魔王軍を離反した堕天王と戦の真っ最中だった。しかも、その軍は古の秘密兵器「月」を擁した最悪の布陣で……。
「出来なきゃまた戦争だ。言っておくが、その場合は容赦せんぞ」
 人と和平を目指す魔軍令フギムニからは戦のついでに取引を持ち掛けられ――
「魔王以来の神命だ、我が勇者」
 果てには太陽神マルドゥから討伐の神命まで下ってしまい……人から魔から神までも、頼みの綱は骨勇者!
 コツコツ世界を救う異世界ファンタジー、待望の最新刊!

みんなからのレビュー

  • のれん

    前巻に続き総力戦。 時代劇テイストを取り入れおり、昨今の武士像をさらっと混ぜて、異世界あるあるヤバい極東舞台を見事演出。 それでいて増えた味方も一人一人無理がない範囲で出演。さらに新キャラもきっちり葛藤から解決まで描ききる。ホントどうなってんだって感じテンポ良くスケールをデカくする構成力の高さは舌を巻かざるを得ない。 今までちょこっと出てたフギムニや師匠のマガツなどが色濃く出てきて、ファンとしても満足。 サブにするにはもったいない脇役&ヒロインばかり。外伝も欲しいぐらいだが当面は次巻でるのを祈るばかりか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • niz001

    おお、5巻出た。チラチラ触れてた東国ヤマへ。マガツの復活は予想外。デケニー、地味に大活躍。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★☆ まさかの続編、そしてまたぞろとびっきりのアクションエンタメ大作である。アルは元より、バラけたハルベル、ミクトラがそれぞれに主役張ってくれると物語を動かすエンジンが複数あるみたいなもので、話そのものがパワフルかつ多元的になるんですよね。それが一同結集するとさらに一点集中一気に盛り上がりますし。今回は東国舞台という事で本場の剣術活劇三昧でヤトノやマガツ師匠という剣術バカの大暴れも相まって、相手が神だろうと何だろうとぶった切るという勢いのスケール感はやりたい放題で存分に楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    そしてついに登場したマガツさん。 正直どんなキャラか気になってたんですが、予想以上に愉快な御仁と言うか。 血も涙も情もある、気の良い人物。けれど、剣を全ての上に置く価値観。 それ故に、振り回されるキャラも多いみたいでしたけど。いやぁ、あそこまで我を通してるのは好きだなぁ。 なので中盤の展開にはびっくりしました。あまりにもあっけなかったので。 ……かと思ったらさらにその後、驚かされるんですけどね! 勇者御一行はびっくり人間ショーでも開催する気ですか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nanairoyagi

    東国での月神の化身堕天王との戦い。更に神とのつながりが濃くなるアル。チャンチャンバラバラ侍は斬られても悲壮感が足りないところがいいところ。まだ続くようで安心した。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/10
  • 定価
    690円+税
  • ISBN
    9784049132168

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル