処刑少女の生きる道 そして彼女は蘇る
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

処刑少女の生きる道 そして彼女は蘇る

GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品!――これは、彼女が彼女を殺すための物語。
著者: 佐藤真登 (著者) / ニリツ (イラストレーター)
シリーズ:「処刑少女の生きる道」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

これは、彼女が彼女を殺すための物語。

この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。
だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。
そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。
躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。
しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。
途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが……
「メノウちゃーん。行こ!」
「……はいはい。わかったわよ」
妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。

GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品!
――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

みんなのデータ

  • 37
    評価する
  • 81
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    プロローグが始まってすぐ、流行りの展開のアレだな。そう思いきや、思いきり意表を突く行動をヒロインが。かくてメインキャラ全員が女性という、あまりないタイプの作品として成立した一作。それぞれのキャラが立っていて、それぞれに闘うのでアクション小説的な楽しみも大きい。ただ残念ながら終盤の魔法バトルは書きようが凝りすぎて想像しにくかった。まあこの巻はキャラたちの顔見世興行的な内容というとこか。まだはっきりしてない謎もあるし、メノウとアカリら女性コンビも今後もっと発展した仲になっていきそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    中程から『暴走機関車』のようなパニック物、ラスボスとの対決は『ハガレン』をちょっと思い出すような“世界の敵”との戦いで、不完全燃焼することなく楽しませて貰った。主人公の処刑少女メノウの過去、日本から来たアカリの身の上の謎、今は姿の見えないメノウの導師等々、複数の伏線を小出しして読者を巧みに惹き付ける。ありきたりな男女間のアフェアに頼らずとも、厳しい極限状況の中で、人が人を食い物にする暗黒面に陥らない為の倫理と、それを保つ逆説的な処世の在り方等の提示で読ませる所に、作者の並々ならぬ筆力を感じた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    この一冊だけだと評価に困るというのが正直なところでしょうか。 世界に厄災をもたらす可能性を秘めた日本から召喚された迷い人を処刑する少女のメノウと、時を操る能力を保つ迷い人のアカリが紡ぐハイファンタジー。 個性的なキャラクター達が織りなす物語は後半にいくにつれて伏線を回収していく展開は読み応えがありましたが、如何せん戦闘描写が分かりづらかったのが残念でした。 とは言えこの巻で回収されてない伏線があるので次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】異世界人は災害級の特殊能力を示すため、処刑対象となる世界が舞台。そんな世界に日本から召還されたアカリと処刑人である少女メノウの運命的出会いから始まる物語。とても面白かった!メノウに一途なアカリの言動が無邪気で可愛らしく思える。そんな彼女が追い詰められ現れた、異能力「時」を使いこなす人格は何なのだろうか。まだまだ秘密がありそうですね。アカリとメノウの旅はどうなるか、続編を楽しみに待ちます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランドセル太郎

    主人公メノウがいる世界は、日本という国から異世界人がやってくる。その異世界人は、全員共通して《純粋概念》という非常に強い力を持っていた。その力を悪い方に使った異世界人により、故郷を壊されたメノウは、処刑人として異世界人を殺す仕事をしていた…。最初、如何にも主人公みたいな男が出てきて、「表紙の子はヒロインかな?」なんて思っていましたが、親身にしてからメノウが躊躇なくその男を殺していたので、「?」となりました(しかも序盤も序盤で)。意外性、面白さ、魅力、どれを取っても素晴らしく、流石大賞作品だなと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 積みラノ
    sasukeが作成したまとめ積みラノで紹介されています。
    0
  • 【1/26更新】感想付き│今年読んだラノベ
    アベレイジが作成したまとめ【1/26更新】感想付き│今年読んだラノベで紹介されています。
    1
  • 自分なりの2020年ラノベまとめ(百合多め)
    浜ぼっちが作成したまとめ自分なりの2020年ラノベまとめ(百合多め)で紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/07/13
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784815601188

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK