双血の墓碑銘
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

双血の墓碑銘

1853年。日本に開国を迫ったのは、吸血鬼が支配する欧米諸国だった。復讐に燃える剣士と、記憶を失った吸血種の少女が出会うとき、血塗られた異能者たちの戦いが幕を開ける。
著者: 昏式龍也 (著) / さらちよみ (イラスト)
シリーズ:双血の墓碑銘(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

幕末。日本に開国を迫ったのは吸血鬼だった

1853年。日本は“吸血鬼”が支配する欧米諸国によって開国を迫られ、激動の時代を迎えていた――。元・新選組隊士の隼人は、仲間の裏切りによって命を落としかける。そこに偶然現れたのは、「自らに関する記憶」がない吸血種の少女・柩。隼人は「人間であることを捨ててでも復讐を果たす」ことを誓い、彼女の眷属となることを選んだ。
時を同じくして、欧米からは歴戦の英雄たちが柩を追って集結していた。彼らはそれぞれの特性を活かした“墓碑銘(エピタフ)”と呼ばれる血塗られた異能を操り、隼人と柩を追い詰める。さらに二人の前には、沖田総司やジョン・万次郎などのクセ者が次々登場し、物語は思わぬ方向に転がり始める……。隼人は復讐を果たすことができるのか? 柩はいったい何者なのか? 血沸き血踊る幕末維新奇譚、ここに開幕!!


【編集担当からのおすすめ情報】
架空の幕末日本を舞台に、豪華絢爛な偉人たちの登場あり、頭脳と肉体を極限まで駆使した異能バトルあり、吸血種の美少女とのちょっとセクシーな逃避行あり……で一気に最終ページまで駆け抜けます!! ぜひ、アトラクションに乗り込むように頭を空っぽにして、押し寄せるエンタメの快感に身を任せてください!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    わあ、これガガガ文庫なんだけれどそれも初期のガガガ作品っぽい。血と硝煙の匂いが漂っているし、エロスもちょっとあるね。著者がゲーム系のライターってのもなんか懐かしい。媚びのないシンプルなタイトルも良い。簡潔でキビキビした文章で架空の歴史世界や異能バトル。といった按配で内容もイイ感じ。ちょっと菊地秀行っぽいと思ってたら、著者があとがきで吸血鬼ハンターDに触れていたな。惜しむらくは本のボリュームに欠けるので満腹感も欠けること。次巻はもっと厚めでお願いしたい。こういうアッサリした作風なんかもしれんが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    裏切りにあった新撰組の侍と追われる身の吸血鬼の少女の出会いが運命を変えるノンストップ時代絵巻ここに開幕。分かりやすくてシンプル設定とド派手なアクション、そして個性的なキャラクターたちの存在。これら全てを兼ね備えた中々に優秀な作品の登場だ。主人公とヒロインの出会いに始まり、尊敬する師との再会、一癖も二癖もある強敵との戦いと1冊の中にギュッと詰め込まれており、最初から最後までとても楽しめた。沖田総司はどの作品でも最高にカッコいいな。主人公よりも好きかもしれない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    面白かった!これは当たり!大きなカテゴリーで言うと伝奇バトルアクション。内容は吸血鬼×剣戟×幕末ものといったところか。ちょっぴりエロスな雰囲気も。幕末動乱は大体歴史をなぞりつつも、欧米列強の上層部を吸血鬼が支配しているという設定で、吸血鬼たちによる超人バトルあり、かといえば常人の剣豪も存在感あり、刀vs銃、異能もありと見所充分の1巻だった。みんな大好き沖田総司(鉄板ネタの設定含めw)、幕末と言えばあの歴史的人物も登場してて次巻を期待させるラスト。元新選組隊士の主人公と、吸血鬼の謎の少女・棺の運命やいかに。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • MERLI

    幕末時代、他国からの圧力もあり日本は開国を迫られていた。この物語はそんな時代に暗躍していたのは吸血鬼だったということ。実在した人物が出てきたので、あまり幕末に詳しくない自分でもそれなりに読めました。主人公が裏切りの汚名を着せられたので、そのために復讐するという明確な道筋があるのもいいですが、その復讐にたどり着くまでに化け物レベルの敵ばかり出てくるのはね…。その復讐の道筋が薄まらなきゃいいですけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 緋莢

    お気に入りに登録している方の感想に興味を惹かれて、手に取りました。幕末が舞台ですが、日本に開国を迫るのは〝吸血鬼”が支配する欧米諸国。さらに薩摩や長州がその支配下に入っている状態です。新選組の隊士・柾隼人。裏切り者の汚名をきせられ、命を落とす寸前だった彼は吸血鬼の少女・柩と出会い、ある人物への復讐を果たすために、柩の 眷属となります。吸血鬼の設定、それぞれ氏族がある、一部が特殊能力を得られる等の設定がよく出来ていて(続く 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • オヌヌメラノベ3選
    くーるびゅーちー鳥さんが作成したまとめオヌヌメラノベ3選で紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/01/18
  • 定価
    612円(本体556円+税)
  • ISBN
    9784094517712

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK