神話大戦ギルガメッシュナイト 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

神話大戦ギルガメッシュナイト 3

著者: 翅田大介 (著) / Ryuki (イラスト) / 津路参汰(ニトロプラス) (キャラクターデザイン) / 石渡マコト(ポリゴン番長) (メカニックデザイン)
シリーズ:神話大戦ギルガメッシュナイト(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

星一郎を巡ってじゃれあうディーナと刀羽華の姿は既に日常と化していたが、3人の協力体制は功を奏し、神格の回収は順調に進んでいた。そんな中、新たなる挑戦者《獅子座》を顕現神格とするベルナデット・リエーブルと《狼座》を神格とするマリオン・ルシェールが現れる。しかし、その戦いは《屠龍の神弓バン》の『聖楔者』花春蕾の登場により決着はつかなかった。積極的に星一郎に接近してくる春蕾には何らかの背後関係や事情があるようなのだが。神話再編バトルファンタジー第3弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • bluets8

    新ヒロインの二名を加えてハーレムラブコメ路線驀進中の第3巻。エロゲーオタチャイナ娘のネタ満載な軽口と星一郎の軽妙な返事が冴える二人の掛け合いが面白かった。本題は進んでいるような進んでいないような…… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    いつもの日常を過ごす中、新たな敵の襲撃を受ける今巻。―――進みだす戦い、新たなる敵。星一郎の現在の状態とこれからの未来が暗示される中、戦いの中で巻き起こるのは神格による使用者の掌握。この事態は他の神格にも起こりうるのか。そして軽口を叩き合える仲間、慕う仲間を加え更に勢力を増した星一郎陣営に接触するのは天使の軍勢。天使と魔王の軍勢が胎動する中、星一郎の姉も姿を現しこの宴はどこへ向かうのか。そして、宴の先で待つのは如何なる未来か。未だ先は見えず、この先の戦いの行方もまた闇の中。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/08/31
  • 定価
    702円(本体638円+税)
  • ISBN
    9784798612843

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK