ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

あなたの人生〈ルート〉、作り直しませんか?
著者: 木緒なち (著者) えれっと (イラスト)
シリーズ:ぼくたちのリメイク(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?

パートナーのコメント

  • 綾乃

    綾乃
    ねぇ、もし10年前に戻れるとしたら、あなたはどうする?

    突然18歳に戻った主人公の恭也くんはあの時選ばなかった「芸大」への進学を決めるの。
    彼の同世代には3人の凄いクリエイターがいて、出身大学も実は同じ芸大。
    ひょっとしたらこの3人に会えるかもしれない。そして、一緒に何か作れるかも!!
    そんな恭也くんの胸の高鳴りがすごく伝わってくるから、登場する人たちの「10年後」を考えながらつい読んじゃうの! 先が気になるーっ!
  • つむぎ

    つむぎ
    舞台は2006年。――主人公のゲームディレクター橋場恭也さんにとっては懐かしい、「10年前」の世界です。
    スマートフォンはまだ普及していませんし、SNSも動画サイトもいまほど一般的じゃありません。

    これは夢? それとも現実?
    10年後の世界では辛すぎる現実に置かれていた恭也さんですが、未来を知っている彼が10年前の世界でどこへたどり着くのか……。青春ものとしてはもちろん、タイムスリップものとしてもすごく魅力的な作品です。

みんなからのレビュー

  • まりも

    会社は倒産し企画も頓挫したしがないゲームディレクター・恭也が、10年前の大学入学時に巻き戻るところから始まる青春リメイク物語。これは良い。4人の学生達の爽やかなシェアライフと、クリエイター達の熱い情熱。この二つを感じることが出来る良い作品ですね。まだまだ荒削りながら才能の片鱗を見せるクリエイターの卵達。彼らが厳しい現実にぶつかりながらも一つの作品を作り上げる展開はとても素晴らしく、非常に面白かったです。まだスタートダッシュを切ったばかりだけど、これからが楽しみな作品やね。次巻も期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    しがないゲームディレクターで会社は倒産、企画も頓挫して実家に帰ることになった橋場恭也。輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた青春リメイクストーリー。落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活。とはいえ同居人はそれぞれキラリと光るものを持っているのが垣間見えてしまう厳しい現実。今回はこれまでの経験を活かして存在感を出せましたけど、まだまだ試される状況は続きそうで、気になる人間模様も含めて続巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    最近流行のクリエイターもの。個人的に面白かったわ、後何となくさくら荘ぽい感じがした。会社が倒産し実家へ戻った主人公が不貞寝して目覚めると、10年前に時間が巻き戻っており、もう一度大学から人生をやり直す話。協力し、ぶつかり合いながらも一つの作品を作り上げていく展開が面白く、アクシデントに見舞われながらも諦めない主人公が熱く良かった。今後主人公の才能がどう開花するのかが非常に楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★弱小エロゲメーカーに使い潰され、実家へと逃げ帰った主人公に訪れたのは10年前からのやり直しの機会。今度こそ失敗しないために選んだのは、後に有名となるクリエイターたちの通っていた美大。主人公の人生のリメイクが始まる。といった内容で面白かった。数々のラノベのデザインを担当してきた著者だからこそ書ける内容なのではなかろうか。また、主人公が同年代のため、10年前の内容がとても身近に感じることができてよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    このラノ上位は伊達じゃないわ。メチャクチャ面白かった。クリエイターへの夢破れた主人公橋場恭也が、10年前に戻って人生をやり直す話。大芸大へ進学するルートを選択し、もう一度クリエイターへの道を突き進む。そして、10年後の未来で大成するクリエイターたちと、同級生として同じシェアハウスで暮らす。今巻は、一芸に秀でた天才たちに囲まれ、凡人の恭也が「製作」としてもがき苦しむのだが、周りは恭也にこそ非凡な何かを感じとる。クリエイター魂が熱く描かれ、もの作りに夢中になれる彼らがとにかく羨ましくなりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/03/25
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784040691428

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル