ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10

『ダンまち外伝 ソード・オラトリア』TVアニメ化決定!!
著者: 大森藤ノ (著者) / ヤスダスズヒト (イラストレーター)
シリーズ:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。
懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。 そして、

『武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。
引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。
激動のオラリオで少年は決断を迫られる。

憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。
人類とモンスターの狭間で、ベルは──
「君は、本当に愚かだな……」

これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • θ(シータ)

    「ベル・クラネル、てめーは兎なんかじゃねえ!てめーは蝙蝠だ!!」少年は決断した。たとえそれが愚かな選択であるとしても仲間を、家族を救うために。もしかしたら侮辱されるかもしれない蔑まれるかもしれない。何より憧憬の少女に嫌われるかもしれない。でも、あの差し伸べた手が、温もりが、彼女を守ると決めたあの誓いがーー忘れられない。その行動で偽善者と罵られようとも少年は『怪物』の少女を救おうとする。名声も地位も今まで培ってきたもの全てを投げ捨てることになっても。果たして少年は何を得て何を失う?星4つ【⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    ついに偽善を暴かれ、あまつさえ“憧憬”や冒険者達とすら対峙してまで伸ばした救いの手はそれでも届かず。絶望に覆われる瞬間での賢者の“奇跡”が鳥肌ものだった!フェルズはイケロス眷属相手にはいなすので精一杯、ロキ眷属相手には手も足も出ずで、アンタそれでも八百年生きた(?)賢者なのか…と落胆してたら最後の最後でやってくれたよ!そして今まで何かと話題になり、概ね好意的に受け入れられてきた【リトル・ルーキー】の名声は完全に地に堕ちる結果に。それでも英雄誕生前夜という雰囲気が堪らない。これ、名作に片足突っ込んでないか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    少年の歩みを記した眷属の物語の10冊目。『異端児』と呼ばれる者たちの存在を知ったベルに、英雄としての真価が問われる事になる話。これまでとは違って、なんとも後味の苦い結末となっていましたね。心を持ち言葉を交わすことが出来る『異端児』。例え偽善者と呼ばれ、非難されようと彼らを救おうとするベルの決断は、愚行であると同時にどこまでも正しい彼らしいもので読んでいて心を揺さぶられました。救えたものもあれば失ったものも大きく、地に堕ちた名声と共にベルの英雄へと至る道も閉ざされてしまうのか。今後の展開から目が離せません。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • チェシャ猫

    最後の救いはよかった。最後は転生系で終わるかと思ってました。そういえば、新キャラの牛は実はベルくん因縁のミノタウロスの転生じゃないよね。今回は新規キャラがいっぱい出てきた上に既存も無理やり出したような感じがして、もう少し既存キャラの出番を減らしても良かった気がします。茨の道を歩き出したベルくん。今回の問題も ハッピーエンドの様に見えて問題は山積み状態。ヘルメスも作を練り始めたようで、上下巻というより、まだ続きの刊が残ってそうな終わり方。次の巻も楽しみデス。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    理知を備えるモンスター「ゼノス」と邂逅し、ウィーネを同胞たちに託したベル。しかしウィーネたちを暴悪な狩猟者達が襲ったことで復讐に燃えるゼノスたちが街を襲撃、悩めるベルが討伐隊に組み込まれる第十弾。心を持ち言葉を解するゼノスたち。自らの有り様を大きく揺さぶられていたベルに突きつけられた究極の選択。苦渋の決断は正しくとも愚かしい、けれどとても彼らしいと感じるもので、それによって救われたこともあったとは思いますが、代償として名声も地に落ちてしまったベルがどう再び這い上がるのか、今後の展開が気になるところですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/05/14
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784797386776

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK