りゅうおうのおしごと!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

りゅうおうのおしごと!

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!
著者: 白鳥士郎 (著者) / しらび (イラストレーター)
シリーズ:「りゅうおうのおしごと!」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!
※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

プロ棋士や書店員から絶賛の声、続々!!

軽快な筆致ながら、情熱漲る若き竜王と女流棋士志願のひたむきな少女との交流を通じて、
勝負の厳しさそして将棋の魅力を伝える斬新な作品が誕生したことを嬉しく思う。(加藤一二三九段)

萌えまくる将棋界! 棋士がみんな変態じゃないかー!
弟子をとるなら、素直で可愛い料理のできる小学3年生かなー。
笑いながら読んじゃいました、最高です!!(竹内雄悟四段〈西遊棋〉)

『ライトノベル』というフィールドでは中々扱いが難しい
「将棋」というテーマでこれほどの演出が出来るとは想像以上だった。
緊迫感あふれる対局シーンはもちろん凄いが、笑いあり、感動ありの白鳥先生らしい
エンタメ作品に仕上げているのは見事としか言いようがない。感服です!(アニメイト仙台 遠藤)

関連情報

つむぎが選ぶ、2010年代に登場した人気ラノベまとめ60選

みんなのラノベまとめ

  • 熱い展開の作品!
    マコトが作成したまとめ熱い展開の作品!で紹介されています。
    2
  • 【春日部タケル先生オススメ 】ロr……ヒロインが少しばかり年下なラノベ三選!
    綴野つむぎが作成したまとめ【春日部タケル先生オススメ 】ロr……ヒロインが少しばかり年下なラノベ三選!で紹介されています。
    3

みんなからのレビュー

  • 皐月

    「ヒカルの碁」にハマって、今度は将棋にハマりました。面白かった。16歳にして将棋界の最強タイトル保持者「竜王」となった九頭竜八一の自宅にJSの雛鶴あいちゃんがやって来た。これがまた超可愛い。「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」と言っても、八一は全く覚えておらず、とりあえず弟子入りテストを受けることに。あいちゃんが将棋をはじめたのは八一の「竜王戦」も見てから。だから将棋の癖は八一そっくり。あいと八一のこれからの成長が楽しみです。姉弟子の銀子姉がすごい。初心者でも楽しめる良い作品だと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海猫

    アニメ鑑賞をきっかけに。ある程度のお話はアニメで知った上で読んでも文章のノリ、勢い、ギャグに読み応えが大いにあって楽しい。将棋界の薀蓄が豊富でこれもまた楽し。後半の試験での対局場面が熱く、息詰まる迫力。というわけで展開的にはほんの序盤なれど十二分に面白く読めた。将棋という素材と、作風のテンションの高さがベストマッチング。ライトノベルとしても王道の設定と配置で隙がない。これはもう続刊と付き合うしかない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    最年少で将棋界最強タイトル保持者『竜王』となったものの連敗が続き壁にぶち当たっていた16歳の少年・九頭竜八一が、彼の竜王戦の対局に感激して弟子入りを志願してきた小学三年生の少女・雛鶴あいと強者だけが生き残れる将棋界を共に駆け上がっていく熱血師弟将棋物語。将棋に関する知識がなくても八一が細かく解説をしてくれるので物語に入り込みやすく、小学校に入学するまでにプロになる覚悟と膨大な練習が必要となる将棋の世界が垣間見えました。プレッシャーで過呼吸になっても諦めずに勝つ事だけを考えて指し続けたあいの成長が楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    16歳の若さで『竜王』となった棋士・九頭竜八一は、その後の戦績が奮わず11連敗中。そんなある日、対局後に帰宅した八一を待っていたのは雛鶴あいと名乗る小学三年生の少女。彼女は弟子にするという約束を果たしてもらいに来たと言うが、八一は憶えていない。なし崩し的に内弟子(仮)となったあいとの暮らしの中で、彼女のストレートな情熱に触れるうち、くさくさしていた八一は勝つことへの情熱を取り戻していき…。これは面白い!コメディ要素と熱い対局シーンが巧く描かれていて、読んでいて心が躍りました。次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シータ

    のうりんの作者なので、ギャグとシリアスの比率がいい感じに保たれていて、非常に面白かったです。主人公の九頭竜八一がスランプ中の時に押しかけて弟子になった雛鶴あいの二人がお互いに将棋に対して大事なことを伝えていく熱い展開でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/09/14
  • 定価
    610円+税
  • ISBN
    9784797384840

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル