伊佐と雪 おだけしあした
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

伊佐と雪 おだけしあした

飯屋でんでん、本日開店! 「お前、妖相手の飯屋をやれ」 「――え?何?」
著者: 友谷蒼 (著者) / 三日月かける (イラストレーター)
シリーズ:「伊佐と雪」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

カナリヤの管理人・笹緒が伊佐たちの住むマンションにやってきた。掛け軸から逃げだした赤い猫を探すのを手伝ってほしいというのだ。難航する猫探しの中、雪が思いついたのが、袴田に妖怪相手の飯屋を開業させ、やってきた妖怪達から猫の目撃情報を集めるという方法。曰く、袴田の作る食事は妖たちに受けがいい、ということなのだが――狼狽する袴田をよそに、妙にやる気満々の一同。果たしてコトの成否やいかに!? 修験僧を目指す高校生・袴田が、幽霊に育てられた少年・伊佐や雪女の息子・雪、そしてその仲間達と織りなす当世妖怪奇譚。ハートフルな4編を収録した、シリーズ第3弾登場! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 岩月クロ

    [再読]二回目(いや…もう三回は読んでるか?)読んでようやく思ったのだけど、『伊佐と雪』の意味は、「二人が話の中心」ではなくて、「袴田にとっての"彼ら"の存在について」なのかな…。袴田はどんどんお母さんになってる気がする(立場は弱い(?)のだけれども)。雪と玄太郎は完全に「子供」だけど、伊佐とヒメは…?伊佐も「お母さん」っぽい…ヒメはなんだろう……なんて考えつつ。でんでんの料理食べてみたいなー。(でんでんでは食べれないけど…とりあえず生きて帰ってこられない気がします) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽてち

    赤猫の話はいいですね。それにしても袴田さんの手料理が食べてみたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kanon

    袴田の料理は人にとってはどうなのか・・・気になります。まる可愛いいです♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    袴田、いいやつというか流されやすいというか…。赤猫の話は大好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さつき

    夏になるとモテる雪ってなんかいいな。袴田が切ない感じのまま終わってしまったので次が気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/04
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784797340570

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK