ケモノガリ 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ケモノガリ 3

東出祐一郎 (著) / 品川宏樹(GAINAX) (イラスト)
シリーズ:ケモノガリ(ガガガ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

いま、クラブの真実が紐解かれ始める!

罪無き人を狩る「クラブ」がこの世には存在する。

罪無き人を狩る「ケモノ」がこの世に蔓延っている。獲物として選ばれる者たちに、理由らしき理由はない。ただそこにいたから、ただ笑っていたから、ただ生きていたから――たまたま、偶然にも、不幸にも、選ばれる。選んだ者たちは、選ばれた者たちのこれまでの人生や、夢や、希望を一切省みることなく踏みにじる。自分が一時、気持ちよくなるために踏みにじる。

――だが、偶然は時に恐ろしいものを運んでくる。
これはその偶然で選ばれた『僕』=赤神楼樹の物語。彼は「ケモノガリ」として「クラブ」のケモノを狩る存在。

今回赤神が訪れるのはドイツにある村。ルートヴィヒ一族に支配下におかれているその村に、ブルク=クヴァル(苦痛の城)と呼ばれる古城がある。その城のなかには、「クラブ」の隠された真実が、秘められていた―――!

ついに赤神と対峙する壮絶なる謎の敵アストライア! そして、改造アニマル大進撃!
東出祐一郎の破壊的テンションが炸裂する絶好調の第三巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しぇん

    再読。この巻自体はイヌカミ登場での、話の膨らみせる繋ぎの感じでした。シャーリーとかはなんか違うので唯一の仲間というキャラでしたし 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 本気・・・

    この巻はバトルしてはいるけど、後の布石のための巻って感じだった。あと、最初読んだ時は主人公がずっと一人で物語が進むもんだと思ってた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    仲間も増えたけど、敵も増えた。しかもバケモノばかりだし。おかげで他の敵がまるでゴミくずのようだった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなた

    ★3。あっちもこっちも仲間が増えた。あとがきなかったのはちょっとだけ残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    ワンワンパニック。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/02/23
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784094512533

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK