涼宮ハルヒの暴走
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

涼宮ハルヒの暴走

「涼宮ハルヒ」シリーズ、絶好調の第5巻!
著者: 谷川流
シリーズ:「涼宮ハルヒ」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

思えばハルヒに振り回された一年間だったわけだが、遊びすぎな夏休み、パソコン部の逆襲、そして命懸けの冬休みまで味わった俺は、来年の苦労を思うと封印した言葉が出そうになるよ……。絶好調シリーズ第5弾!

関連情報

涼宮ハルヒの直観

みんなからのレビュー

  • 海猫

    季節的にもエンドレスエイトが印象に残った。射手座の日のスペースオペラ的味わいも良い。バラエティーに富んだ短編集。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kaizen@名古屋de朝活読書会

    涼宮ハルヒの憂鬱シリーズの第5弾。「憂鬱」、「溜息」、「退屈」、「消失」の次。短編構成になっていて、エンドレスエイト、射手座の日、雪山症候群からなる。エイトがエンドレスなのは、8月の8という文字を横にすると、無限大という記号になることと関係しているかもしれない。涼宮ハルヒが、オイラーの方程式を知っていることが、雪山症候群での鍵になっている。ケーニヒスベルグの橋のような、トポロジーの問題もでてくる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • mitei

    表紙も微笑ましい感じだけど中身はフェルマーの定理やSFチックな要素が盛り込まれていて勉強になるというか面白かった。エンドレスエイトとか有名な話が盛り込まれていたのも良かった点。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わか

    あいかわらずの安定感です。2つの短編と1つの中編で構成されています。「エンドレスエイト」がやはり興味深かった。夏休みの2週間をえんえんとリピートするというお話。ハルヒにとって、夏休みにやり残したことがあったのですね。本人にもそれがどんなことなのか分かってないという・・。ラストはそっかーという感じでした。「雪山症候群」も面白かったです。雪山で遭難して、館に閉じ込められるんですが、今回は敵の顔が見えません。これも伏線となっていくのでしょうか。オイラーの多面体定理とか出てきて、数学が苦手な私だけど、理解できた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Aster

    エンドレスエイトと射手座の日は消失に引き続き長門の話。しかしやはり雪山症候群。書き下ろしらしいが、涼宮ハルヒシリーズのひとつの展開点と言ってもいい。キョンだけではなく長門とハルヒも変化していく。変化は個人の成長によるものだけではなくSOS団としての団結力の証でもある。登場人物はみんな前に進んでいて止まることはない。だから読むのをやめられない。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル