お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!

恋愛に疎すぎる才女との、青春ラブコメ『告白待ち』バトル!!
著者: 明月千里 (著者) / シソ (イラストレーター)
シリーズ:「お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「俺を側に置きたい? ……何故だ!?」
初めての恋人に僅か一週間でフラれた芦宮隆人は、かつて交流のあった学園のカリスマ、才媛の後輩――
月ノ瀬白雪に秘密の部室へ誘われる。

(コイツまさか俺に気が――!? いや、単にからかうつもりか……!?)
立ち直り新たな恋愛に勤しむべく美少女からのアプローチに期待しつつ、失恋をイジられてなるものかと身がまえる隆人。
かたや――、隆人に恋人ができたショックで寝込むまで己の恋心に気づかなかった白雪は、生来のプライドの高さから素直になりきれず、隆人から告白させようと恋の駆け引きを仕掛けていたのだ!!

(失敗したぁあ。わたしのばかー!)
白雪はその知謀で隆人へと迫るが、才女ゆえに恋愛経験と知識に乏しく、気づかれない……!!
恋に慎重過ぎる少年と、恋に疎過ぎる才女たちの駆け引き――『告白待ちバトル』開幕!

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 16
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    初めての恋人だった生徒会長にわずか一週間でフラれた高校生・芦宮隆人。そんな彼がかつて中学時代に交流のあった後輩・月ノ瀬白雪に秘密の部活・第二天文部の部室へ誘われる青春ラブコメディ。彼への恋心を自覚した後輩・月ノ瀬白雪、年上幼馴染舞咲くらら、クラスメイトでバイト仲間の櫛水乃愛。プライドが高く非恋愛脳だったヒロインたちは恋愛スキルが低くて空回りしまくりで、トラウマから自意識過剰を疑う主人公の噛み合わなさっぷりには苦笑いでしたけど、四人まとめてひとつの部活に放り込まれてどうなるか、今後に期待のシリーズですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★☆ 昨今のラブコメ流行にあやかろうとしたであろう作品で、コンセプトはそこまで悪くないように感じられる。ただ、正直に言えば一年前に読みたかった作品だなという印象を受けた。ラブコメが流行りだしてからこういった作風の作品は数多く誕生しており、書籍やネット小説でも似たような展開の作品が多いために若干の飽きがきてることは否めない。こういったラブコメ作品を出すのであれば、「俺の女友達が〜」のように一捻り加えた作風にするか「お隣の天使様〜」レベルで甘々な作風にする、または「いもウザ」のようにラブコメに加えて何→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    初めての彼女に僅か一週間でフラれた芦宮隆人にアタックをかける3人のヒロイン達だが、みんな色々と拗らせたり捻くれていたりしてる上に隆人もフラれたトラウマから疑心暗鬼になっているので空回りしていく様がなかなか面白かった。視点変わる際に各キャラのミニキャラを描かれているので戸惑うことなく読み進めれたのも良かったな。最後に同じ部活にまとめて放り込まれたが果たしてどうなるのか?元カノの生徒会長の出番も出てきたらより混沌となりそうだがその辺りも気になるな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    とても良いラブコメ。一週間で振られた主人公へ、アタックをかける三人のヒロインたち。その攻防が面白い。絶望から一転、差した光明から攻勢に転じた少女たち。拗らせ具合とヘタレ具合もいい感じ。恋心に自覚的な者、無自覚だった者。それぞれの特徴を生かしたシチュエーション。ここまでか、と思わされるすれ違い。それぞれの心情を一人称で描いているからこそ、驚かされた。美少女たちに翻弄される主人公がどういう選択をしていくのか気になる。何番煎じと言えるラブコメだが、個性と工夫を感じられて面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    設定の既視感はちょっとと思いましたが、ヒロイン達がポンコツ気味で可愛かったのが良かったです。最後全員そろったけどお互いをライバル視してない展開は面白いですけど、長期シリーズ見越しての事ですかね?何だかよく解らない会長もそのうち出てくるんでしょうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • レーベル別オススメ学園ラノベ
    Tが作成したまとめレーベル別オススメ学園ラノベで紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/14
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815604493

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK