西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 7

新作ラノベ総選挙2019[文庫部門]第2位! フツメンラブコメ第7弾!
著者: ぶんころり (著者) / またのんき▼ (イラスト)
シリーズ:西野 学内カースト最下位にして異能世界最強の少年(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

学内カーストの中間層、冴えない顔の高校生・西野五郷は界隈随一の能力者である。異性からモテる為にブレイクダンス同好会に入った彼は、そこでの活躍を通じてガブリエラから告白を受けた。これと時を同じくして、西野の自宅アパートが火事で半壊する。ローズに借金を返済して経済的な自由を取り戻していた彼は、シェアハウスに引っ越すことになった。一方で彼らの通う学校では二学期の中間試験が迫る。自宅にクラスメイトを招いての勉強会やその打ち上げを巡るあれやこれやと、立て続けに起こる青春っぽい出来事が西野を刺激する。学内外において物語が大きく動き出す中間試験編、遂に竹内君の“アレ”がっ……!

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    西野の自宅アパートが火事で燃え半壊する。ガブリエラの件で資金的に裕福となった彼はローズに借金を返済し、シェアハウスへと引っ越す事になる。学校生活では2学期の中間試験が始りテストの勉強会や打ち上げなど青春ぽい出来事がおこる話。まさかのローズがロリババア枠とは思わんかったわw委員長も一矢報いてるし、暴漢相手に大立ち回りするし大活躍だったな。そして遂に竹内君の問題発言が白日の下となり一体どうなってしまうのか次巻が楽しみで仕方がないわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    ガブちゃんのパピーのお陰でローズの借金から抜け出せたフツメン。前いたボロアパートに戻ろうとしたら、、火事で消失していた。それに呆然としてたフツメンは、近所のオバチャンから大家さんに相談してみろとアドバイスを貰って行ってみたら、、シャエアハウスに入る事に。そこには黒ギャルとイケメンが居た。そして、2人はデキていた、、それを知った時のフツメンのイラストが素晴らしいwwでも黒ギャルはフツメンのウザイ話し方を許容する懐の大きい女だったからフツメンの孤独を癒やしてくれたが、、平穏は続かなかった。。委員長も、、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • AKF-ZERO

    ブレイクダンス編が終わり、色々あってアパートも炎上し、急遽今流行りのドキドキワクワクのシェアハウスへと移り住む事になった西野。そこで目にしたのは…うん、この流れは『田中』のチーム乱○と一緒だったのでダメージは少なくてすみました。にしてもこの著者の作品はやはり他のラノベとはちょっと違いますね。だってローズが委員長を絞殺しにいったイラストに全力出すんですもの(笑)この力の入れようは他では味わえませんね。WEB版既読なんで知ってますが、次はいよいよアレですね。ローズが問答無用の全力で糞イケメンを殺しにいくの。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽなぎ

    竹内君…なんだかんだでいいやつだった…(´ω`) ガブちゃんからの告白。異性からのはじめての告白に戸惑うフツメン可愛い。すぐにでもゴールしそうだったけどあと一歩という所ですれ違い発生で草。臆したと思ったフツメンの行動に対してそれでも健気に休み時間ごとに詰めかけるガブちゃんらぶゆ~。志水から料理を学ぶ姿もキュンキュンなんだ。ガブちゃんの好意に戸惑うフツメンだけど突如同棲解除の機会が発生しシェアハウス編スタートは草。ほんとどこに向かうのかわからんのが最高だぜ!学校以外での会話相手にほっこりのフツメンが可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じお

    ★★★★☆ ブレイクダンス同好会の一件は無事解決し、西野も晴れてローズの元から離れることが出来たが自宅が火事になっており期せずしてシェアハウスに新居を移す事に、果たしてフツメンはこの新天地で何を起こすのか、異能学園ストーリー第7巻。面白かったです、やはりぶんころり先生の独特の文章とストーリーは他のラノベにはない味わいがあってクセになりそうですね。前巻から期間が空きましたがあらすじもありますし、何より色々と濃ゆいのですぐに記憶が喚起される。シェアハウスで一時珍しく平穏で和みますが長続きしないんだろうな…と→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/12/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040642642

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK