新フォーチュン・クエストⅡ 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

新フォーチュン・クエストⅡ 10

平成元年から令和まで、シリーズ30周年ありがとう!完結章<上巻>登場!
著者: 深沢美潮 (著者) / 迎夏生 (イラスト)
シリーズ:新フォーチュン・クエストII

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

こんにちは、パステルです!
 モンスターの襲撃を受けたエルフの隠れ里『白城島』から、なんとか脱出することができたわたしたち。『蒼の樹冠』『白城島』『トウメの滝』――三つの里のエルフたちと一緒に、次なる『山彦の里』を目指すことになった。そこで、すべての里のエルフがそろうのだ。もしかしたら、ルーミィの家族に会えるかも!
 でも、そんなわたしたちの前に思いもかけない敵が現れ、絶体絶命に!?
 シリーズ開始から30周年! 大・大・大クライマックスの最終章、ついに開幕です!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 30年間続いたシリーズも遂に完結みたい。未だにいろんなシーンを思い出せる。最後のクエスト楽しもう 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つっちー

    学生時代からずっと追いかけてきたシリーズ。このエピソードで終わりと知って感慨深いものがあります。 かつてはメディアミックスも積極的で、コミックやアニメにもなっていて随分ハマりました。 このシリーズの面白さに、その当時に流行や、現実世界の便利グッズが、世界観にうまく取り入れられている点があります。 今回もヒートテック的な服が登場したりして、思わずニンマリ。( *´艸`) 最終エピソードらしく、これまでの関連シリーズも含めた、最強のモンスターが現れたようで、彼女ららしい解決を期待して、次巻へ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とうとう本当にファイナル。 フォーチュンが終われば私は何を楽しみにすればいいのだろうか。もっとずっと続いてほしい。 まだまだこの世界に浸りたいのに。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • マコト

    「ここはまだ旅の途中」というサブタイトルからしてスッキリ終わる感じがないというか、ぶっちゃけ打ち切り感があってなんだか切ない。 とはいえ、どんな人気シリーズでも始まったからにはちゃんと「完」を打って欲しいと常々思っているので、完結を決断した深沢先生にはお疲れ様でしたもうひと頑張りお願いしますと感謝したいです。 石化した里のエルフ達を見て急に返ろうと言いだしたルーミィにトラップが逃げるんじゃないとキツイ言葉をかけるシーンが印象深く、その後とうとうルーミィがお母さんと再会できたときは泣いた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひなた

    小学生の頃から読み続けているシリーズも次が最終巻!読んだら終わりが近づいてきて寂しくなるし、でもルーミィのお母さんと会えるかどうか、このパーティーがどうなるのか気になって、さらさらと読んでしまった。次で終わっちゃうよ~!! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/12/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049129588

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK